スポンサーリンク

守備ブロックをどう越えていくのか。琉球の好調さの要因はどこにあるか考えてみた。

特別編
スポンサーリンク

琉球のJ2での好調さはどこにあるのだろうか

4月3日のジェフ戦で今季最初の黒星を喫してしまった琉球ですが、J3昇格組としては誰も予想しなかったスタートダッシュになったといっていいと思います。

では、その好調さの要因はどこにあるのか。

今回は琉球の強さの要因を見ていきたいと思います。

ポイントは守備ブロックをどう越えていくか

琉球のサッカーの一つのポイントはビルドアップのタイミングで相手の守備ブロックをどう越えていくか。にあると見ています。
まあ、どのチームもその課題は同じなのですが、琉球のポイントは壁を越えるための準備というのが今季J2に上がってきたチームとは思えないほどしっかりしている点だと見ています。

特に、最初のブロックの越え方というのは非常に組織的で洗練されているように見えます。

守備ブロックとは

一応、ここでいう守備ブロックとは何か。というのを定義しておきますと。

以下、4-4-2 の形をベースで考えています。

視点は守備側の視点で。
攻撃側のビルドアップのタイミングで最初の2枚(2トップ)を第1のラインとしたら、主にMFが並ぶ2列目。そして、最終ラインの3列目です。

フォーメションの違いはあれ、だいたい「3層」が守備のブロックだと個人的に考えています。

そして、ビルドアップの課題はこの3列の壁をどう越えていくか。というのが、主な目的になってくるという観点で捉えています。

難しいのは2列目、3列目

最初のFW2人の壁については、基本的に越えることはさほど難しくありません(もちろん3枚あるケースもありますが、今回は一旦省きます)。
むしろ、この壁に捕まることがあれば大ピンチです。ショートカウンターから失点してしまうケースです。
前線の2枚については基本的には、自陣でボールを回せば数的優位でボールを回せます。サイドに散らせば、2人のプレスにかかることはそう簡単には起きません。
問題は2列目、3列目をどう越えていくか。ここがボールをゴール前に運ぶ上での課題だと思います。

FC琉球はこの課題の方法論をJ2シーズン序盤においては明確に持っているし、それをプレーとして実現できるチームだと思います。

琉球の2列目、3列目への侵入

FC琉球の攻めの特徴はパスワークにあるわけですが、サイドにボールを転換してから、まず最初の2列目を越えるスピードがピカイチだと思います。
素早くサイドに展開して、
可能であればワンタッチでボールを入れてくるし、受け手もきっちり2列目と3列目のスペースに入り込んでボールを受けます。
言い方を変えますと、バイタルエリアへの侵入が上手い。

こちら、第4節の愛媛戦でのシーンですが、琉球の選手は自在にこのスペースに入ってきます。

特に優れているのは、「上がる」パターンでも、「下がる」パターンもしっかり使いこなせている点だと見ています。

他チームでよく見るのは「下がる」パターン。

もちろん、この2列目、3列目のスペースでパスを受けるというのは琉球だけでなく他のチームでも見られるプレーです。

しかし、よく見るのは「下がる」パターンです。どういう形かというと。

上記のように一旦最終ラインにアプローチを仕掛け、最終ラインを下げさせ、そこにすぐに前線の一人が下がってボールを受けてギャップを作る感じです。

このケースではボールの受け手がゴールに対して後ろを向いてしまうことが多いです。また、ボールの受け手は背後から守備のプレスを受ける形になりるので、屈強なポストプレーヤーがいるチームなどでは登場回数が多くなるパターンです。小柄な選手だと、ワンタッチで叩いて裏抜けを狙うなんてケースもあります。そもそも、下がってワンタッチを入れなくても、後方から裏のスペースにパス通してもいいわけです。

こうした形は琉球に限らず他のチームでも少なからず見かけるケースです。

FC琉球の場合はこのプレーの個々のタイミングがしっかり合っているのが特徴だと思います。

また、琉球は上がるパターンも上手いのが特徴だと思っています。

下記はその例です。徳島戦の前半のシーンですが

最終ラインにだれもアプローチしなくても、ビルドアップのタイミングでスペースがあれば、1列目、2列目の間は無視して、3列目に選手が侵入。
最終ラインにアプローチせず、後ろから人が出てきて2−3列目のスペースでパスを受けます。

上記からの流れの画像ですが、2−3列目のスペースに人が入り込んでいるし、パスの出してもワンタッチでこのスペースにボールを出しています。

手前の選手は、一度ボールを受ける選手側に走るのですが、すぐに方向転換して2−3列目のスペースに移動。この辺も「2−3列目のスペース」への意識の高さが見られます。

これは、今シーズン町田ゼルビアからやってきたワントップの鈴木が後方まで降りてきてパスの受け手になっているのがポイントだと思われます。

いわゆる「偽の9番」というやつです。
鈴木が最終ライン付近から、2列目付近まで下がっていってしまうので、相手の最終ラインは誰を見ていればよいか判断しづらくなります。
そこへササッと、選手が入ってきて(それも複数)ボールを受けるので守備が後手に。そのスキを付いて最終ラインを越えていこうというのが琉球の狙い所です。

やや極端な例ではありますが、本来であればワントップがこのスペースに陣取っているわけです。この場合であれば守備陣(青)はこのワントップを警戒すればよいのですが…。

「偽の9番」の場合、ここから後方へ下がってしまいます。そうなると、最終ラインは誰を警戒していいかもわかりませんし、ポジショニングも難しくなります。そこへ後方から別の選手が入り込む。という展開です。

これは、今シーズン町田ゼルビアからやってきたワントップの鈴木が後方まで降りてきてパスの受け手になっているのがポイントだと思われます。

ただ、徐々に各チームもそれに気がついている

とはいえ、流石にシーズンが進むにつれ、この戦い方は各チームが警戒しつつあります。

敗戦してしまったジェフ戦ですが、ジェフはこの2列目と3列目にボールを入れるプレーをかなり警戒していたように見えます。
ボールの出し手に正確なパスを蹴らせないようサイドにボールが入るタイミングからスナイデル監督時代を彷彿するようなハイラインでこの2-3列目のスペースを消しつつ、パスの出し手に人数をかけてプレス。

2-3列目に入り込む選手をかなり警戒。パスの出し手へのプレスもそうですが、琉球の得意とする形をきっちり対策してきた感が強いです。

FC琉球がジェフ戦で得点を奪えなかったのはこうした攻撃の形に対策を講じられつつあることも要因のひとつなのかなと見ています。

これはジェフ戦だけでなく勝てていない直近の3試合でもそうした傾向はあるような気がしています。

Football Labo さんの数値を見ても攻撃における数字が勝利した徳島戦を含めても下降傾向にあります。これは、序盤と比べ自分たちのやりたい形が封じ込められてきた傾向かなと見ています。千葉戦はちょっと改善しているんですが、この辺に琉球の苦戦があるのかなと。

次節のFC琉球の課題はこの「対FC琉球守備網」をどう切り開くか。がポイントではないでしょうか。1つあるとすれば、縦に長いボールを蹴るというのもアリかなと思っています。

あとは、大きなサイドチェンジなど長いパスを出すというのもあると思います。パス交換で相手の守備をにズレを作ってそこを突くのがFC琉球のスタイルではありますが、その過程においてバリエーションを増やす必要があるのかなと思います。

まあ、長短のパスを有効活用するなんて言うのはサッカー好きの方なら誰でも思いつく手段ではありますが、樋口監督がどういった打開策を見出すのかが次節の注目ポイントではないかなと思います。

樋口監督は、マリノス時代と途中解任されたヴァンフォーレ甲府のときの印象が強いのですが…。当時の報道を見ていた印象だと、チームをまとめるのが上手くないのかなー。というのが個人的な樋口監督の印象です…。

とはいってもチームが苦しくなってきたときこそ、Y.S.C.C.横浜をJ3最下位から浮上させた実績と経験が活きてくるハズ…。

この課題をクリアすると、FC琉球はシーズン終盤まで台風の目になっているのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました