スポンサーリンク

J2 鹿児島ユナイテッドvs町田ゼルビア戦のレビュー

鹿児島ユナイテッド

J2で気になる2チームの対戦

結果はPKの1得点で町田ゼルビアが勝利で試合終了。

鹿児島は出身地ですし、ユナイテッドの前身であるヴォルカ時代、社会人リーグから気にはかけていました。しかし、なかなか時間がなくて追いかけられていなかったので、J2の今シーズンどうしようかなと思っていたんですが…。

また、町田ゼルビアも個人的に非常に気になっているチームです。去年は非常に調子良かったんですが、今シーズンの開幕戦は勝ったのものの、前節の金沢戦は6失点、その前の山形戦でも3失点ということで、苦戦しているようです。

そんな気になるチーム同士の対戦ということで、鹿児島までは行けないものの、なんとか試合だけは見たいと思っていました。
そして、なんだかんだでDAZN観戦はなんとか実現。ということで、気になる同士の対戦を見た所感です。

アビスパ福岡ゆかりの選手がいっぱい。

鹿児島ユナイテッドでいくと、中原秀人、堤俊輔、牛之濱拓が元アビスパ福岡の選手です。

さらに町田ゼルビアには、森村昴太、下坂晃城といった選手がかつてアビスパ福岡に所属しております。

こういった元アビスパ福岡の多さも見たかたった理由だったりもします。

金鍾成監督の守備的サッカー?

ということで、試合の中身に入っていきたいのですが、鹿児島ユナイテッドで見ておきたかったのはどういった試合運びをするのかという点です。

開幕戦の徳島戦で4-3の打ち合いを制してJ2初勝利を収めたわけですが、その試合では4−4−2でブロックを作って、前線からの守備で徳島のビルドアップのボールを引っ掛けて、ショートカウンター。という流れで1-0でリードするという展開に持ち込みました。

金鍾成監督は琉球では攻撃サッカーを展開して琉球でJ3を制覇した監督です。
とはいえ、J2では実力は下の方になる鹿児島ユナイテッドでも攻撃サッカーを展開するのだろうか。というのは気になっていました。しかし、徳島戦を見る限りではブロックを作ってカウンターという形なのかなという印象を受けました。
さすがに守備的なチーム運用をするのかなと。

攻撃的なビルドアップ

金鍾成監督がポジショナルプレーをどう意識しているかわかりませんが、鹿児島ユナイテッドの攻撃時の配置は、ペップ時代のバルセロナに似ていると言えば、似ているのかもしれません。以下、大まかな鹿児島ユナイテッドの攻撃時の配置です。最近で言う5レーン的な仕分けが鹿児島ユナイテッドに落とし込めるのか確証はないですが、ある程度攻撃のタイミングでどのくらいの位置に選手がポジションをとるのかは気を使って設計されているように思えます。
そんな感じでザクッと捉えたのが、以下鹿児島ユナイテッドのビルドアップ時のポジショニング。

下が自陣、上が攻撃方向です。
ビルドアップのタイミングでは、CBが両サイドに開き気味で展開。

チームによっては、このタイミングボランチが最終ラインまで下がって3バックのような形になるのですが、鹿児島ユナイテッドは入りません。
あくまでCBより前でボールを受ける役割を担います。
なので、GKを含めてボール回すというのは必須条件です。鹿児島ユナイテッドのゴールキーパーには、足元の技術も求められるのではないでしょうか。

この状態から両サイドに高く張り出したサイドバックにパスを入れていく流れになります。

狙いはサイド数的優位をつくること

この形の狙いは、サイドとサイドバックの2人と、一枚内側のMFで、相手のうら側。もしくは、サイドが1対1で勝負を仕掛けられる状態を作るのが鹿児島ユナイテッドの基本系かつ、攻撃の狙いだと思われます。

町田の特徴は超コンパクトな陣形

町田のスタイルは超コンパクトな陣形にあります。

実際試合中にこうなるよ。というには、極端な表現ですが。

鹿児島ユナイテッドのビルドアップの形に町田の守備陣系を重ねるとこんな感じです。ピッチを縦横1/4に分類すると、その中の1つに全員入るんじゃなかというくらいコンパクトな陣形で人数をかけてボールを奪いに来ます。

昨年はこのスタイルで各チームのビルドアップをことごとく粉砕。

個人的には昨年J2の中ではトップクラスに興味深いチームでした。

もちろん誰が見てもボールサイドと逆サイドに大きなスペースが空くので、サイドチェンジすれば、攻める側としてもチャンスです(以前はこのスペースを使われて、左へ右へと振り回されることも多かったのですが、昨年はそこもきっちり詰めて対応していました)。

鹿児島ユナイテッドももちろん、そこは狙いどころなので堤を基点に逆サイドへボールを展開するシーンは多く見られました。

両チームとも課題はゴール前30mをどう詰めるか?

先に鹿児島ユナイテッドから見ていきますと。
サイドにボールを供給し、そこから攻撃につなげることは出来ていました。

しかし、サイドに出てからの選択肢の少なさが得点に繋がらなかったのかなと思っています。

上の画像のように攻撃の際に、サイドバックとサイドの選手が縦関係で並ぶのですが、縦関係でしかパス交換が出来ず単調な攻撃になってしまったような気がします。1対1になれば、相手を恐れず勝負しようとするサイドの攻撃意欲の高さはアビスパ福岡にもぜひ見習ってほしいなとは思ったんですが…。

例えば。サイドより内側に絞っているMFがもう少しサイド側に寄って変化をつけるとか。

鹿児島ユナテッドの内側のMFは最初からサイド側に積極的に関わるよりも、前線に近い方でポジションを取ることを優先しているように見えたのですが。

ナポリが駆使するユニット戦術 ”3オンライン”と”サイ” とは?
こんにちは。今回はナポリが駆使するユニット戦術 “3オンライン” の紹介です。 ちなみにこの”3 (players) on line”という呼び方は私がテキトーに考えた呼び方ですのであしからず。 目次 1. 3オンラインとは?2. サイとは

上記に紹介されているような、「3オンライン」という形で一度サイドで、ビルドアップに関わりつつ、中央へ侵入する中でポジションを取りつつ相手の守備をずらす。ということができると、かなり攻撃にも厚みがでるよなと思ってみたり。(もちろんナポリクラスでこんな攻撃ができれば、それはJ2レベルじゃないんですけどね。)

何が言いたいかと言うと、もう少し内側のMFが工夫していかないと、攻撃が単調になるのかなと。

続いて町田ゼルビアですが…。

攻撃面もそうなのですが、昨年ほど守備が機能していない印象を受けました。
昨年はかなり早いタイミングで相手の攻撃を潰して、ビルドアップを粉砕するシーンがもっと多かったように思います。
特に相手がドリブルしてきたときに簡単に前進させてしまって、パスを出されるところまで持っていかれると、せっかくのコンパクトな守備もちゃんと機能しないのかなと思ったり。
もしくは、個のところで勝負に負けているのか…。この一戦からは個人的には明確には見て取れませんでした。

攻撃においてはこちらも人数をかけて、しぶとくサイドからボールを入れてくる姿勢は脅威です。直接決まらないにしてもPKを得たシーンでもきっちり人が詰めてるからボールも拾えるし、ファールをもらえることもあるわけで。

あとは、こればかりはクラブの予算の問題もあるので難しいですが、独創性のある選手が中盤に一人いると、攻撃バリエーションが増えそうだなと感じています。

パス、ドリブルで違いがだせる選手が一人はいるだけで、非常に厄介になりそうです。まあ、それ言うとどのクラブも「いい選手がいれば」というのはあるんですけどね。ただ、町田はそういった足りない部分を自分たちの工夫でどうにかしてきたクラブだと思っています。相馬監督がこのままってこともないでしょう。

町田のプレースタイルは個人的には非常に面白いと思っています(特に去年はすごく良かった。というかすごく自分好みでした)。

今季も上位進出期待したいですね。

鹿児島ユナテッドはこれで開幕戦から勝利に遠ざかる結果となってしまいました。個人的には徳島戦のようなブロックで守備をしつつ、カウンターをベースにする形も悪くないと思っています。

ただ、徳島戦で見る限り 4-4-2 のような配置(4-1-4-1っぽいですが、守備時は4−4−2っぽい?)だと

いわゆる攻守の切り替えにおいて、この2つのスペースで中盤のMFのバランスが悪いケースが目立ちました。

徳島のバイスにミドルを決められたシーンです。

バイスのミドルがここしか無いところに決められてしまったので、そこは相手を褒めるしか無いのですが、その直前の攻撃から守備の切り替えのタイミングで中盤が全然プレスに行けないというケースがありました。

特に後半は中盤のバランスが良くなかったように思われます。

案外、攻守の切り替えで自分たちでバランスを崩してしまうケースもあるのかもあしれません。

次節は攻撃の形に期待

町田ゼルビアは個人的には昨年のベストフォームを取り戻してほしい。と思うんですが、相馬監督の戦術は特徴的なところもあるので、富樫、酒井といった攻守の新加入メンバーのフィット具合もあるのかもしれません。

鹿児島ユナイテッドにおいては、攻撃の工夫がどれだけできるかがカギかなと感じました。

どちらも今シーズン気になる2チームなので、またシーズン中に記事を書くかもしれません。

その時はまたよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました