スポンサーリンク

鹿児島ユナイテッド J3 昇格正式決定!

鹿児島ユナイテッド
スポンサーリンク

ほぼ間違いなしとは言われていましたが・・・

11月17日の理事会にて、正式に昇格が承認され鹿児島ユナイテッドが晴れて、J3 参戦決定です。

【速報】J3入会審査結果についてこの度、弊クラブでは9月末に「J3入会審査」の申請を行っておりましたが、11月17日開催の日本プロサッカーリーグ(以下、Jリーグ)理事会で承認されましたことをご報告致します。http://kagoshimaunited.com/information/news/j3_2.html

Posted by 鹿児島ユナイテッド FC on 2015年11月17日

全ての条件をクリアしていたとはいえ、決定するまではどこか安心できず。

しかし、これでようやく胸を張って「来期は J3」と言えますね。

先日、ホーム最終戦を観戦しに行きました。

鹿児島ユナイテッド今季ホーム最終戦を観戦。J3 での躍進は守備の構築がカギ?
鹿児島ユナイテッドのホーム最終戦を観てきました 昨シーズンは自分の鹿児島帰省のタイミングと、奇跡的にタイミングが合い観戦できたりしていたんですが・・・。 今年は、とにかくタイミングが合わず。 この日のホーム最終戦も...

攻撃面では非常に良い場面多かったんですが、守備では心配になる面もちらほら・・・。

来期に向けてどんな補強がされるのか楽しみです。

福岡ということもあって、なかなか試合観戦する事が難しかったんですが・・・。

J3 は今年と同じであれば、スカパーさんが放送してくれます。ハイライトですが。

その勇姿を遠方からでも見届けることが出来ます。

応援できる環境が全然違います。

素晴らしいことずくしです。

鹿児島出身の選手の受け皿に

鹿児島にはサッカーファンならご存知、名門「鹿児島実業高校」があります。

城彰二、遠藤保仁、前園真聖、松井大輔、平瀬智行といったJリーグで活躍した選手を輩出しております。

その他にも、赤嶺真吾、岩下敬輔、伊野波雅彦と現在も現役でプレーし代表経験もある選手が大勢います。

最近では、新興勢力の城西高校に押されている面もあったりしますが、こちらは大迫勇也が出身です。

と、これまで Jクラブが存在しないのが不思議なくらいサッカーが盛んな鹿児島県。

遠藤保仁選手も「最後は地元のクラブに貢献したい」。と今後のキャリアを話しているとか、いないとか。

遠藤選手だけでなく、「鹿児島のクラブに貢献したい」と考えてくれている選手は大勢いると思うんですよね。

まずは、そうした選手の受け皿になって欲しいなと。

きっと良い経験を持った選手が集まると思うんですよね。

そうすれば、きっと素晴らしいチームが出来るんじゃないかと思います。

うーん。勝手ながら夢が広がりますねー。

J3 の設置には賛否両論

実際、J3 が設置されるとなったときは「経営難のクラブを増やすだけでは?」といった金銭面の問題やら、所属する選手たちの補償の問題(この辺はカズが指摘していたような)などが挙げられていました。

実際、アビスパ福岡の経営危機や愛媛 FC の経営危機を発端とした粉飾決済など J2 で財政面で厳しい状況に追い込まれるチームも相次ぎました。

J1 でも横浜 F マリノスのように巨額の負債を抱えているクラブもあります。

その状況でさらにクラブを増やすというのは、確かにリスクもあるでしょう。

ただ、現状私は増やしてよかったんじゃないかなと。

もちろん、経営危機を迎えるクラブも出てくるかも知れません。

でも、経営危機を起こすクラブを出さないようするには、現状を改善するしかないんです。

もっと「Jリーグ」のファンを増やさないといけないんです。

そのへんに関しては、

J2 昇格組が1年で降格してしまう現実。プレーオフの見直しは必要なのか?
J2 プレーオフの意義とは? J1 の下位 3チームが確定しました。 今季降格するのは、 松本山雅 FC モンテディオ山形 清水エスパレス です。 昨年 J2 から昇格した山雅と、山形が一年で降格と...

こちらでも書かせていただいたのですが、日本のサッカーは野球と比べてものすごく小さいマーケットなんです。

あれだけ人気低迷と言われる野球にまったく勝てないんです。

ここを少しでも伸ばすためには、やはり裾野を広げなくてはならないんです。

これだけ価値観が多様化した時代で、昔のように「巨人・大鵬・玉子焼き」なんて時代はもう来ません。

オリジナル 10 なんて言いますが、Jリーグ初期のチームだけでサッカーを盛り上げることは無理なんです。

裾野を広げるにはポテンシャルの高い地域密着型のチームをもっと生み出す必要があると思います。

今年の鹿児島ユナイテッドの平均観客動員数は2,000人を越えました。

少ないと思われるかも知れませんが、日本のバレーボールリーグの1部、V プレミアリーグの平均観客動員数と同じくらいなですね。

JFL でこれだけのポテンシャルを持っているんですから、まだまだ伸びると思います。

松本山雅とか、良い前例もあります。

J3 で優勝し J2 へ昇格したツエーゲン金沢は失速してしまいましたが、リーグの中盤戦までは上位争いを演じました。

こういったチームがもっと出てくることが Jリーグの活性化につながると思います。

その一端をぜひ、鹿児島ユナイテッドにもになってほしいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました