openSUSE

openSUSE Tumbleweed をインストールして最初にやったこと

openSUSE Tumbleweed へ移行しました Ubuntu系のディストリビューションを使っていましたが、「openSUSE Tumbleweed」へ移行しました。 両者ともにデスクトップ環境に「GNOME」を使っているので...
openSUSE

openSUSEでGoogle Chrome をインストールする方法

Chromium じゃなくて、Chrome 一応、Chromiumがあるので、そちらでもいいじゃん。という考え方もあるんですが。 Google Chrome自体がChromiumからの派生であって、決してGoogle Chrom...
openSUSE

openSUSEのセキュリティ ファイアウォールを設定する

デスクトップ利用でも、一応最低限このくらいは Ubuntuもそうですが、openSUSEもデフォルトでファイアウォールが設定されていません。 セキュリティを考えるとちょっと不安なこともありそうなので、ファイアウォールを設定してお...
openSUSE

openSUSE(多分Ubuntuもほぼ一緒)でおすすめのGNOME 拡張機能と設定方法

GNOMEの拡張機能を使ってみる openSUSEでTweakの設定のご紹介です。 実際に自分が設定しているものを含め、拡張機能の解説です。 GNOME拡張機能のインストールはブラウザからが便利 拡張機能の設定ですが...
openSUSE

openSUZEでシェルを、bash から zsh へ変更する

openSUZEでもzsh ということで、openSUSEでもzshをインストールしてから、デフォルトのシェルに設定するまでです。 標準のシェルは「bash」です 今から変更しようとしているのに、今のシェルを知る必要がある...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】サッカーで2点リードは危ない点差じゃない。追いつかれたなら絶対に問題があるはず。第21節町田ゼルビア戦を振り返る

2点リードは一般的には「危なくない」 2点リードは危ないスコア。 という話はもうこの数日至るところで聞かされているので、食傷気味を通り過ぎて「食傷」なのですが。 日本代表のおかげで「2-0」から負けるという話題が多くて事例...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】アビスパ福岡の鍵はやっぱり「サイドアタック」トリニータ大分戦から考える町田ゼルビア戦のポイント

アビスパ復調の鍵はやっぱりサイドアタック 九州ダービーかつ、上位同士の対戦となる大分トリニータ戦。 アルビレックス新潟戦から連敗となると痛い一戦でしたが・・・。連敗。 松田が不在ということもあり、どういったフォーメーション...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】大分戦のポイントはサイドからのクロスとゴール前での「ひと手間」?アルビレックス新潟戦から感じたゴール前のあと一歩

チームの調子が悪いってわけじゃないと思いますが… なんだかんだ、敗戦してしまうとなかなか記事を書くテンションが上がってこない…。 甲府、大宮と昨年J1組になんだか弱いので嫌な予感はしていましたが…。うーん元J1といって意識するこ...
特別編

【コロンビア戦の前におさらい】今更ながらW杯テストマッチ最終試合パラグアイ戦を見て感じた日本代表が目指すもの

日本式ティキタカの最終試験 正直、日本代表の試合をしっかり見たのはいつだったか思い出せないくらい見ていません。 なんで見てないのかなと考えたりもしたんですが、別に興味が無いわけでもなく、単純に見る時間がないだけだと悟りました。 ...
openSUSE

openSUSE Tumbleweed をインストール(Ubuntuからの乗り換え)ブータブルUSBから、起動画面まで。

UbuntuからopenSUSEにしてみる 今回、いろいろUbuntuでデスクトップ環境を構築していることのメリットを考えた結果。 特になし。 となったので、新しいディストリビューションを使ってみようと思い至りました。 ...