スポンサーリンク

福岡市傘シェアリングサービス 「アイカサ」サービス提供開始

福岡県
福岡市で傘シェアリングサービス「アイカサ」 東京に次ぎ展開
傘シェアリングサービス「アイカサ」とLINE(東京都新宿区)の子会社「LINE Fukuoka」(福岡市博多区)、「LINE Pay」(品川区)は5月21日、福岡市内で傘シェアリングサービスを開始した。

スマートフォンが浸透してきてしばらく立ちますが、スマートフォンを常時触るような生活になると、
「両手が塞がる」
のは結構ストレスだったりします。
特に傘が必要なときは、確実に片手が傘を持つので、手持ちカバンだとスマホを操作するには、第3の手が必要になります。

スマホファーストな世界観を持ち始めると、「傘持ち歩きたくない」という意識が強くなりますね。

そうすると、新たな意識として浮上するのが「傘持ちたくない」という意識です。イギリス人ぶっているわけでも、「春雨じゃ。濡れて参ろう」の月形半平太に傾倒しているわけでもないですが、ある程度の雨なら濡れることすら許容するという判断が生まれます。

雨に濡れる<スマホが使えない

という不等式が形成されるわけです。ストレス負荷を比較した結果、どちらかを選ぶなら、濡れるという選択肢ですね。

常人にとっては信じがたい論理かも知れませんが、スマホファーストが行き着いた先に見える風景の一旦であると、個人的には思っています。

しかし、この傘シャアリングサービス「アイカサ」があると、傘を持っていなくても非常時にはなんとかなるかもしれません。

ちょっとココロ踊ってしまいそうなサービスなのですが・・・。

スポンサードリンク


利用には、LinePayか、クレカの登録が必要とのこと。

この手のサービスにクレカを登録するのにやや抵抗感あるのと、現状LinePayを使う予定がない。

そこまでして使いたいと思わないわけです。

PayPalとか使えたら、試してみたいんだけどなー。まあ、利権的に難しいのか、PayPalがそもそもその気がないのか。それとも国内市場を海外サービスに自由にさせるのはもっての他!という憂国の志士がいるのかわかりませんが、PayPalでよくないかなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました