スポンサーリンク

openSUSEでGoogle Chrome をインストールする方法

New-Chrome-Icon openSUSE
スポンサーリンク

Chromium じゃなくて、Chrome

一応、Chromiumがあるので、そちらでもいいじゃん。という考え方もあるんですが。

Google Chrome自体がChromiumからの派生であって、決してGoogle Chromeの方が本家ってわけでもないんですけどね。

とはいえ、Googleに毒されていると、Google謹製にしたくなることも(病気)。

ということで、openSUSEでGoogle Chromeを入れる方法です。

とりあえず、Chrome の stable版をインストールする形でご紹介します。

rpmファイルじゃダメなの?

Google Chrome ウェブブラウザ
Google の最先端技術を搭載し、さらにシンプル、安全、高速になった Chrome をご活用ください。

公式サイトに行くと、ちゃんと「rpm」ファイルあります。

しかし、これをopenSUSEでインストールしようとすると、「署名がうんぬんかんぬん…」的な注意分が出てきます。

無視することもできるんですが、まあもしも。ということもあるので。無視しない方法でインストールします。

リポジトリを登録

まず、リポジトリを登録します。

sudo zypper ar http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/x86_64 Google-Chrome

zypperコマンドはubuntuで言うところの、「apt」みたいなものです。

リポジトリがダウンロードできましたら、次はリポジトリをリフレッシュしておきます。

sudo zypper ref

そして、Google Chromeリポジトリからダウンロードしたパッケージの完全性を確認するために、下記のコマンドを使用してGoogleの公開鍵をダウンロードしてインポートする必要があります。

wget https://dl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

sudo rpm --import linux_signing_key.pub

ここまでできましたら、Chromeをインストール。

sudo zypper in google-chrome-stable

chromeがインストールできました。

最新版をインストールしたいという場合は、末尾の「stable」を「beta」にしてあげると、最新版が落ちてきます。

インストールされてしまえば、いつものChromeです。あとは、Googleアカウントを紐付ければOK。普段使っているChromeが出現。

毎回こういうことするたびに思いますけど、ブラウザーの設定が端末別で同期されるのって便利ですよね…。

昔はブックマークの移動やら、拡張機能の入れ直しなどそれだけで大変だったのに…。

[amazon_link asins=’B00SM4SUP8′ template=’origin’ store=’pencil09-22′ marketplace=’JP’ link_id=’5968612e-82e3-11e8-8ba8-19b5d750bb97′]

コメント

タイトルとURLをコピーしました