スポンサーリンク

【OSX】Mac でも apt-get したい fink mavericks 編

osx
スポンサーリンク

OSXを使っていると思うのが・・・

OSXも元は UNIX なんだから・・・。

いや、誤解覚悟で言ってしまえば Linuxの亜種なんだから。

apt-get 的にLinux 界に溢れるオープンソースウェアを利用できないものか・・・。

と、思ったりします。

そして調べてみると、案外、そうしたことを実施することは可能です。

実現のためには「fink」という仕組みを使って実現することになります。

まずはxcodeをインストール

fink 導入する前にまずは xcode をインストールする必要があります。

xcode は App store からインストール可能です。

x-code

XQuartz も入れておく

こちらも途中必要です!と言われてしまうので、入れておきます。

XQuartz は Apple のサイトからダウンロードページへ行けます。

fink のダウンロード

fink 自体はターミナルからインストールします。

ファイルはこちらからダウンロードです。

注意が必要なのはバージョンによって選ぶファイルが違います。

また、osx 10.6より新しいバージョン(今回はMavericsが対象)はバイナリインストーラはないので、ソースインストールです。なので対象の方は「ソースインストールのリンク」をクリックしてください。

まずはダウロードした fink を解凍します

ここからの作業は「ターミナル」になります。

ダウンロードしてきたファイル「fink-0.36.1.tar.gz」

こちらもいくつか選択肢がありますが、Marvericsの場合はFor OS X 10.6-10.9

からダウンロードと、なります。

ダウンロードしたファイルを解凍

ダウンロードディレクトリにファイルを落としたなら、

ディレクトリを移動

cd $HOME/Downloads
tar -xvf fink-0.36.1.tar.gz

で解凍します。

インストール作業

解凍できたら、インストールする訳ですが、ここで「xcodeをフルインストールしている方」は、以下の作業が必要です。

xcodeのフルインストール?という方はスキップしても大丈夫かと。

xcode-select -switch /[path]/to/Xcode.app/Contents/Developer

パスに関しては、実際のパスを記述します。

準備ができましたら、まずは解凍したファイルへ移動します。

ダウンロードディレクトリに解凍していたら、こんな感じ。

cd fink-0.36.1

インストールスタートは、以下。

./bootstrap

インストール先を指定したい場合は、以下。

./bootstrap /path

paht は保存したいパスへ置き換えて下さい。

結構時間かかります。

また、いろいろ聞かれます。y(Yes)や番号(1とか2とか)を入力する必要があるので、明日の朝には終わってるだろう。というのは残念ながらダメです。

また、データの更新の方法も聞かれるはずです・・・。多分。うろ覚え・・・。

その時は、デフォルトが rsync だったはず・・・。

違う方法が良い場合は別のを選択していただければ大丈夫ですが、特にわからない場合は、別の選択肢も含め、デフォルトのままエンターを押すだけです。

インストールが終わったら・・・。

fink のリストを更新します。

fink selfupdate-rsync
fink index -f

として、ファイルを更新してください。

以上で、インストールと使用するための準備は完了です。

以前、fink を使ったことがある人は要注意・・・。

というか、私自身なのですが、「記憶では sudo apt-get 〜」が使えるようになる。

と、思っていたのですが、今の fink は違うようです・・・(あれ、昔からそうだったかな・・・)

以前は、sudo apt-get が使えていた気がするんですが、最近は

fink install gimp

という風にするみたいです。

ちなみに上記は、gimp をインストールする場合ですね。

この場合、インストールされるバージョンは2.6です。

実際そのまま、gimp をインストールしてみた

これまた、すんごい時間がかかります。

Linux みたいにファイルがそろっている訳ではないので、いろいろ依存関係を解決しないといけないみたいです。

また、途中、yes or no を聞かれるため、「明日の朝までには・・・」もできません。

gimpのインストール終了。起動するには

起動するにはターミナルにて

gimp-2.6

で、起動します。

起動する前に先にインストールしておいた「Xquarts」が起動して、それからGimp2.6が起動します。

gimp-2.6

OSX mavericks、マシンは Mac book Pro retina 13インチです。

さすがに「ギザギザ」が目立ちます・・・。

サンプルで Gimp を入れましたが、実用は大変かもしれませんが、Gimp だけが Linux のメリットじゃないですから。

これでLinux界のオープンソースの敷居が少し下がった?

素直に Linux os 用意しろ。

という話かもしれませんが、ちょっと OSX でそのまま作業したい。

という場合は便利ですよ。

コメント

  1. foo より:

    LinuxとUNIXとOS Xの関係を、一切理解できない情弱は速く死滅するといいなぁ

タイトルとURLをコピーしました