スポンサーリンク

docomo や au、softbank で「急速充電タイプのAC アダプター」を勧められた方必見。急速充電するなら Aukey 3ポート USB充電器 PA-T2-W が圧倒的に便利な件

閑話休題
スポンサーリンク

最近充電するものが増えましたよね・・・。

最初はノートパソコン。

次に、Wi-fi。

そして、スマートフォンにタブレット。

と、ガジェットが増えるにつれて徐々に充電しないといけない端末も増えて行く。

日々の生活だけでなく、出張や旅行先では「電源確保」が最優先事項。

そんな環境になっていないでしょうか?

って、自分だけかも知れないんですが・・・。

最近では、ウェアラブル端末が増えてきたせいで、さらにこの「電源確保」が難しくなりつつあります。

ちなみにこちら、最近、私が利用している「充電が必要な端末たち」です。

mobilegadgetlist

  • iPhone
  • Windows タブレット
  • Wi-fi
  • Moto 360(スマートウォッチ)
  • Smartband2(ウェアラブルガジェット)
  • JINS MEME(ウェアラブルガジェット)

と、行った感じです。

実は、これでもフルメンバーではないくらいでして。

これらをサポートするために運用している「モバイルバッテリー」 2 台は割愛しました(しょっちゅう充電しているわけでもなく)。

それから写真を撮るために使用した Nexus 5 と現在修理中の Nexus6 が不在です。

つまりこのリストに状況によっては、最大 4 台ほど充電すべき端末が存在する形になります・・・。

眼鏡も充電対象ってどういうこと?

と、思われる方はこちらをどうぞ。

【JINS MEME】
https://zaka-think.com/freetalk/jins-meme-se/

ついでいうと、外出先に絶賛活躍中の Chrome book も居ます。

自分でも改めてみると、何やってんだろうと・・・。

いささか、自分でやっていることとはいえ、疑問を感じてしまいます。

エコの時代にまったくエコじゃないですね。

そろそろソーラーバッテリーも考えるか・・・。

なんて考え出したところです。

充電端末が増えると不足するのは・・・。

充電端末が増えると、その充電をするタイミング。いわゆる「充電ローテーション」が問題となってきます。

その時重要になるのは、「充電ポートをいくつ割り当てできるのか」。

です。

ご存知の通り、最近のガジェットが AC アダプター経由のUSB ポートから充電することを前提にしています。

よって、PC の USB スロットからも充電できますが、PC の USB ポートに充電機能を期待するのは難しいです。

外出してバッテリーで稼働している PC から充電すると、それはそれで PC の電池を減らしてしまいますから。

また、多様なポートがあったとしても「低出力」な PC の USB ポートでは時間がかかって仕方ないわけです。

複雑化する充電の種類

充電する際にベターな方法は、それぞれの端末を購入した際に付属している充電器、AC アダプターそれ使用することです。

特に急速充電に対応している端末は、専用の AC アダプターを使用しなくてはその効果が得られません。

最近は、Android 端末に急速充電タイプが普及しているのでスマートフォンを購入すると、下記の様な 急速充電に対応した AC アダプターをお勧めされたりします。

docomo が販売している急速充電アダプターだとこういった感じ。

【Engadget Japan】
ドコモ「急速充電2」は1時間で92%充電。クアルコム Quick Charge 2.0規格のスマホで利用可能

残念ながら、iPhone は対応したタイプはないみたい?です。

私の環境で言えば、Nexus6 が「Quick Charge 2.0」に対応しているみたいです。

Nexus6 の場合は、制作したメーカー Motolora が「Turbo Charger」なんて名前で呼んでいます。

こちらが「Quick Charge 2.0」対応しているみたいです。

最近、docomo や au など「キャリアショップ」でスマートフォンを購入したら、こういうのオススメされませんでした?

専用 AC アダプターを使った方が良いのは判るが・・・

複数端末をお持ちの方なら経験あると思いますが、それぞれの端末の AC アダプターを持ち歩くのはガジェットが増えれば増える程、面倒なものになります。

他の端末の充電アダプターでも兼用して充電できたりするので、兼用しているというパターンもあると思います。

しかし、その場合、せっかく「高速充電」できる端末であっても AC アダプターの関係上「高速でない充電」で充電されているかもしれません。

さらにいえば、よほど沢山の AC アダプターを「刺せる」タップも外出先ではなかなかありません。

いちいち専用のアダプターを使っていては、下手するとタップに1つしか刺せない。

なんて状況になります。これでは効率の良い充電が出来ません・・・。

端末が増えれば増えるほど、苦しくなります。

そんなときに出会ったのが、Aukey 3ポート USB充電器 ACアダプタ PA-T2-W

なんか良いアダプターないかなー。

と、思ってはいたものの、何とかなっていたので解決には動いてなかったんですが・・・。

Aukey から商品の提供して頂く機会に恵まれました。

ブログをやっていると、時々こういう「幸運」に巡り合ったりします。

他にもレビュー依頼のお願いがあったりするのですが、私自身が使い道のないものをレビュー依頼されても、紹介しようがないのでお断りしています。

ただ、今回はまさに現状の悩みを解決してくれるである商品の提供を頂きました。

こちらです。

実際の写真。

箱です。

aukey-PA-T2-W

こちら、3ポートを備えた AC バッテリーです。

PA-T2-W-3port

うち、写真の上段。オレンジ色のポートは「Quick Charge2.0対応」ポート。

急速充電してくれる端末に対応しています。

個人的には、Nexus6 をこのポートで充電すると、専用のアダプターがなくても、急速充電出来るわけです。

さらに2ポートは、緑色のポート「AIPower自動電流識別」という Aukey 独自のポートです。

このポートに刺すと、5V/2.4A か 5V/2A の端末を判定してその端末に合わせて充電してくれます。

実際、Nexus 5 も活用していますが、こちらは刺すと 5V/2.4A で充電。

iPhone5s も使っていますが、そちらは 5V/2A で充電とマルチに対応してくれます。

つまり、それぞれの専用アダプターを持ち歩かなくても最適な充電速度で充電してくれるというマルチぶり。

これはすごい助かります。

複数端末をもっていても、一括かつ、その端末に合わせた充電を行ってくれ、最適なスピードで実行してくれます。

これで「充電ローテーション」の効率が一気に飛躍しました。

サイズも非常にコンパクト

さらに優れているのはコンパクトさ。

特に大きさは意識せずに到着を楽しみにしていたのですが、開けてみて思った以上に小さくて驚きました。

重さも全然気にならない。

移動で持ち歩くには非常に助かります。

充電で困るのは、「日常」を外れたとき

ガジェットの数が多くて、日々充電を必要とするユーザーであれば自宅などにそれなりの「充電環境」を備えていると思います。

私も必要最小限対応できるだけの充電タップを用意しています。

しかし、出張だとか旅行といった「いつもの環境と違う場所」へ訪れたときに「充電ローテーション」が乱れます。

そのために、モバイル用のバッテリーとかを持ち歩くことになったりするんですが。

バッテリーだらけも大変です。

しかし、これがあればバッテリーに頼るシーンも少なくなりそうです。

家族のスマホもすぐ充電

使い始めて、1週間程度なのですが、個人の充電環境の効率がアップしたのは良かったんですが、「これは便利」と実感したのは、緊急時に奥さんのスマホにも急速充電できたこと。

Xperia Z4 を使っているんですが、自分のスマホといっしょに「Quick Charge2.0対応」のポートで急速充電。

Xperia Z4 も「Quick Charge 2.0」対応しています。

おかげで、すぐさま充電できました。

「充電ローテーション」を考える上でイレギュラーなのは、こうした「家族の充電機器」の割り込みもあります。

家族で充電用のタップを奪い合あう。

なんてことになっているのであれば、ぜひオススメです。

Android 端末を持ってるユーザー特に家族で Android ユーザーだと旅行先など、充電環境が非常に良くなると思います。

お値段も、2,000円とリーズナブルです。

充電アダプターなんて、端末についていたもので間に合わせてる

と言う方は、ぜひオススメです。

更に言うと、docomo や au、Softbank で「急速充電」タイプの AC アダプターの購入を勧められた。

と言う方で、急速充電したいなーということなら、こちらの商品をお勧めします。

3 ポート ついてますからね。俄然、使いやすいです。

それでいて、普通のアダプターとそんなに大きさ変わらないので。

充電環境に困っている方。とてもオススメですよー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました