アビスパ福岡

アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】サッカーで2点リードは危ない点差じゃない。追いつかれたなら絶対に問題があるはず。第21節町田ゼルビア戦を振り返る

2点リードは一般的には「危なくない」 2点リードは危ないスコア。 という話はもうこの数日至るところで聞かされているので、食傷気味を通り過ぎて「食傷」なのですが。 日本代表のおかげで「2-0」から負けるという話題が多くて事例...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】アビスパ福岡の鍵はやっぱり「サイドアタック」トリニータ大分戦から考える町田ゼルビア戦のポイント

アビスパ復調の鍵はやっぱりサイドアタック 九州ダービーかつ、上位同士の対戦となる大分トリニータ戦。 アルビレックス新潟戦から連敗となると痛い一戦でしたが・・・。連敗。 松田が不在ということもあり、どういったフォーメーション...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】大分戦のポイントはサイドからのクロスとゴール前での「ひと手間」?アルビレックス新潟戦から感じたゴール前のあと一歩

チームの調子が悪いってわけじゃないと思いますが… なんだかんだ、敗戦してしまうとなかなか記事を書くテンションが上がってこない…。 甲府、大宮と昨年J1組になんだか弱いので嫌な予感はしていましたが…。うーん元J1といって意識するこ...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】ロアッソ熊本戦でボールを自由に回されてしまった理由とは?アビスパ福岡が出来たことと出来なかったことを考えてみる。

マンチェスター・ユナイテッド再び 「相手にボールを動かされて、耐えなきゃないけないという時間帯も結構あったかなと思います」。 と試合後に語った井原監督。 個人的には 「私はポゼッションにまったく興味を持たない」 ...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】第18節徳島ヴォルティス戦ドゥドゥのゴラッソの裏にはアビスパ福岡の成熟あり?今一度アビスパ福岡の戦術を見直してみる

ドゥドゥのスペシャルなゴールで勝利 個人的にJ2で今季アビスパ福岡の昇格ライバルになるチームを挙げよ。 と言われれば、確実に上がるのが「徳島ヴォルティス」。 昨年アビスパ福岡は徳島ヴォルティス相手に2敗しているというのもあ...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】水戸戦の枝村は「ステルス」じゃない。喰らいすぎたカウンターと枝村の関係。第16節水戸ホーリーホック戦を振り返る

今季最低の出来と言われた前半の出来。アビスパ福岡が考えていたことは…? 連敗を避けたい水戸ホーリーホック戦。結果は0-2とアウェーながら、しっかり勝点をゲット。 優勝を意識する以上、連敗だけは避けたいですので、結果としては一安心...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】やっぱり課題は「ボールを持たない」相手への対応?得ようするならまず与えてみよ?松本山雅戦から水戸ホーリーホック戦の課題を考えてみる

手は手でなくては洗えない。得ようとするならまずは与えてみよ 個人的には「座右の銘」といえるほどよく使うゲーテの格言です。 解釈としては、いわゆる「give and take」の精神でしょうか。 文頭にある「手は〜」の下りが...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】愛媛戦の後半は稀代の凡展開?それとも新しアビスパ福岡の形?第14節アビスパ福岡vs愛媛FC戦を振り返る

アビスパ福岡としては「得意な展開」となった愛媛戦 前回の記事といっても土曜の午前中に公開しているので、岡山戦の振り返りからすぐさま愛媛戦へ突入となったわけですが。 気になっていたのは、讃岐、岡山といったポゼッションを重視しないチ...
アビスパ福岡

【アビスパ福岡を分析するブログ】愛媛戦はポゼッションを重視しない相手への対応が鍵?岡山戦から読み解くアビスパ福岡が苦手にするチーム 第13節岡山ファジアーノvsアビスパ福岡

上手くいかないこともあるさ 連休中の連戦の最終戦。 3位、4位の対決となった岡山ファジアーノとアビスパ福岡の対戦。 両者ともに勝っておきたい試合だったと思いますが、結果は2-2の引き分け終了。 首位大分が勝利しただけ...
アビスパ福岡

キャプテンをローテーションしている意味とは。失点シーンを殊更に問題視してみる。第12節アビスパ福岡 vs モンテディオ山形戦を振り返る

勝ったことは喜ばしいのですが、問題は勝負どころでやられていること 枝村の劇的なゴールで勝点3を手にしたアビスパ福岡。 上位の大分、岡山が敗戦したため非常に大きな勝利となりました。 できれば素直に喜びたいところなんですが。 ...