放電なくして安全はなし!個人的には「救世主」。静電気対策グッズを紹介

スポンサーリンク

ついにこの季節がやってきました

ついに。

といっても、毎年やって来る冬。

この時期、寒さ以外に悩まさせれるのが「静電気」です。

もし自分のパラメーターを可視化できるなら、間違いなく「帯電」と書かれているはず。

そう思うくらい、帯電気質です。

至る所で、バッチンバッチン苦しめられています。

もうだいぶ古い時代の話ですが、会社で使用しているノート PC でもバッチンバッチンなっていたので(故障はしなかった・・・)、横の席の人が哀れんで、手首に巻く放電グッズを買ってきてくれた程です。

それ以来いろいろ静電気グッズを試してみましたが、今回はその結果たどり着いた対策グッズをご紹介します。

そもそもなぜ静電気を帯電してしまうのか

冬のイメージが強い静電気ですが。

基本的には静電気というのは、一年中発生しているものらしく「冬」特有のものではないそうです。

確かに冬に比べると、夏と冬では圧倒的に冬に発生しますね。

夏に静電気が少ない理由は湿気が多く、その湿気(イオン)を仲介して空気中に静電気が放出されやすくなるためだそうです。

その結果、静電気を感じにくいのだとか。

逆に、空気が乾燥し、空気中に湿気(イオン)がないと、空気中に静電気が放電されません。

また、冬場は服を着込みます。その素材は合成繊維のものが多く、電気を通しにくい。

その結果、体内に静電気をためてしまうという悪循環があるわけです。

帯電気質は本当にあるのか

実際、静電気をためやすい人と、そうでない人がいるのか?

というのは気になるところですが、調べてみると、「体のめぐりが悪いと静電気をためやすい!」なんて、不安訴求な記事に出会います。

【静電気に体質って関係あるの? 原因・予防方法・対策をご紹介】

「パチッ!」と痛くてびっくりする静電気。 見渡してみると、なりやすい人となりにくい人がいるような気がしませんか?今回は静電気でパチッとなりやすい体質とその原因、改善方法、対策、除去方法についてご紹介します。

まあ、体質改善系は「長い目で見ることが必要」とかで、定期による長期契約が欲しい通販サイトの決め文句ではありますが。

まあ、それってホントなの?

というのが、正直なところでしょうか。水分取ることで改善するなら、苦労はないといいたいところですが。

むしろ、健康的な生活を送ることは静電気関係なく心がけたいわけですが・・・。

とはいえ、私の課題は今目の前にある「バチン」をどうやってに回避するか。

が、まずは重要事項なわけで。

長年お世話になっている製品

静電気対策を本格的に始めてかれこれ、10年以上が過ぎましたが、確実に判っていることがあります。

それは、「放電なくして、安全なし!」。

これは、声を大にしてお伝えしたいわけであります。

手首に巻くものや、スプレー系の「防止」系アイテムなどありますが、これらはその性能や機能する可能性に置いて波がありすぎます。

あ、効いてるかも。

と、思っていると油断したところを確実に静電気は狙っています。

静電気は溜まるものです。

実際、この地球に物質として存在し、空気や衣類と摩擦を繰り返している以上、その発生から逃れられません(多分)。

防ごうとか、自然に放電とか悠長なことを言っていると、確実に迫り来る危機に対応できないのです。

では、我々が出来ることは何か。

それは、「意識して放電するしかない」のです。

とはいえ、気合いを入れて鉄製のドアノブを握るには、それなりの覚悟が必要です。

現実的ではありません。

ちょっと昔の話を差し込みますが、実は、この静電気の対応における真理に私は中学生の頃に到達していたのです。

学生時代から静電気におびえながら生きていたのですが、その頃に「アース」という知識を得ました。

アースといってもいろいろあるそうなのですが、私のいうアースは「静電気に弱い精密機械が大地に電気を逃がすための接点」としての「アース」です。

電化製品にも「アース」が付いていますが、これは故障時など人が感電してしまう事を防ぐためのものです。

細かいですが、役割がちょっと違う。

なるほど。これは、人間でも同じではないかと。中学生ながらに思ったわけです。

冬の部活動などは、厚着で行うこともあるので、静電気が発生しやすいわけですが、練習終わりに地面を触るとその静電気が逃げるのではないかと仮説立てをしたわけです。

それから、練習終わりに意図的に「地面」に手を当てる事を意識して行ったのですが、これがなかなか効果テキメン。

静電気で痛い思いをするリスクを軽減(本当に理論通りなのか単なる勘違いかは検証できていません)。

そういった経験からも、「意図的な放電」は確実に効果があるはずという個人的な確信はありました。

しかし、農業を営むでも、本格的にスポーツをしているわけでもない普通の勤め人が地面をぺたぺた触る機会など稀。

正直、実践できたとしても社会的に失うものの大きさが、決して小さくないように推測されます。

まして、アスファルトは電気を通しにくいわけで、その辺の道路での実施はおそらく無意味。

必要なのは地球そのもの。

「大地」です。

都市圏でそうした場所は・・・。公園とか、道路の街路樹の根元とかでしょうか。

できなくも無さそうですが、安全が当たり前ではなくなりつつある今の世の中、一歩間違えれば不審者です。

ぺんてる ビーシェイプが全てを解決

出会ったのは、もう 5,6 年くらい前でしょうか。

そこから、個人的な静電気除去のツールとしてオンリーワンの存在です。

個人的にたどり着いた極意「放電」を非常にシンプルかつ、身近なもので行ってくれるというスマートさ。

ドアノブなどデンジャラスゾーンを素手で触れる前に、ビーシェイプで触ってあげるだけで、静電気を放電してくれます。

もちろん、あのバチンッという衝撃はゼロ。

放電すると、ディスプレイに顔が表示され静電気が放電してくれたことを教えてくれるところもナイス。

なんとも優れた逸品です。

これまでに何個買ったか判りません(欠点は小さいがために夏の間にどこにやったか判らなくなること)。

個人的にはどこで会心の一撃を喰らうか判らないので(この間は自動販売機のお金を入れる口でやられた)、仕事中席かから離れるときに、電気が流れそうな所に一押し。

放電してから移動開始。

とすると、静電気リスクの多くを軽減してくれます。

もちろん、車のドアノブという「静電気あるある」な場所でも静電気から身を守ってくれます。

キーホルダータイプなので、鍵などに付けておくのも良いですが、鍵をどこにでも持って行くのは案外面倒だったりします。

いつどこで静電気にやられてしまうか判らない自分としては単独でポケットなどに入れて持ち歩いています。

最近は、LED ライトを搭載したバージョンもあるのです。

一瞬、「放電した静電気を蓄え、自ら発光するのか!?

と色めき立ってしまったのですが、さすがにそれはなし。

電池式です。

最後に1つだけ欠点をあげるとすると、「放電」という儀式を生活の中に組み込むのは以外と難しいと言うことです。

ビーシェイプで放電するのを忘れて、「バチン」となってしまったときの悔しさは倍増しますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク