Happy Hacking Keybord Professional2を購入&レビュー

実は、自宅用とあわせてこれが2台めとなるHappy Hacking Keybord。

価格が2万5千円とキーボードの中でも群を抜いて高いこのキーボード

hhkb

なぜこんな高いキーボードを2代も購入しているのかというと、やはり入力の感覚が抜群に良いのです。

正直、購入した際は「良さ」がよくわかりませんでした。

しかし、実際別のキーボードを購入しようと試し打ちをするとわかります。別のキーボードがとても打ち難いものになります。

打つ感覚としては、もうだいぶ昔の感覚なので違うのかもしれないですが、AppleのMachintoshのキーボードの質が

とても良かった頃と似ていると感じています。

今回購入したのは正確にはHappy Hacking Keyboard Professional2です。

色は、黒ではなく「墨」となっています。

実際、真っ黒ではなく、墨汁のような色合いになっています。

キーボードの文字は、本体の色より若干濃い色合いになっていて、光の具合では見えないくらい濃淡がありません。

hhkb2

写真でははっきり出ていますが、実際はもうちょっと見難い仕様になっています。

初代の自宅で使用している方は、この文字の刻印が無いモノを使用しています。

無刻印モデル

実際、ある程度キーボード操作に慣れている方なら、刻印がなくても操作可能です。

ただし、元々がLinuxでの仕様を想定したキーボードですので、Win、Macで使用する場合は多少設定が必要な場合があります。

また、F1(ファンクション1)などが無く(Fn+数字キー対応)するなど、一般的なキーボードとは違うので、仕様においてはある程度の慣れが必要です。

さらに付け加えると、無線ではありません。

USBポートは3つありますが、1つはKeybordとPCを接続するためのMini USBです。

その他の2つのポートは、HDDドライブなど電力を比較的多く必要とするデバイスは稼働しませんでした。

あくまで、マウスやUSBスティックメモリなどちょっとしたオプションです。

設定は、キーボードの後ろで、設定します。

DSC_0093

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク