Eye-Fiがすごく良い件について

スポンサーリンク

Eye-fiで一眼がより使いやすく

状況にもよりますが、ブログなどの写真は基本的にPanasonic Lumix GF3を使って撮っています。

ケータイの写真で取ることもありますが、一眼レフカメラを使用しています。

lumixGF3

もちろん、利便性で言えばケータイをつかった方がクラウドへの送信やら簡単です。それでも一眼を使う理由といったら、「自己満足」でしょうか。

一眼レフカメラを使っていて感じる不便は、写真データの転送です。

写真をPCへ転送するなり、クラウド上に保存したりするわけですが一眼レフカメラからそれを行うためには今まで、SDカードを抜いて、それをPCに差し込んで、写真を加工。

といった手順でブログへアップしていました。

最近のモデルは、スマホからコントロールできたりするみたいです。

Pnasonic Smart app

残念ながら私が所有しているGF3にはそんな機能付属していません。あー。いいなー新型。

と、思っていたところ、どうやら新型じゃなくても、スマホと一眼レフカメラで画像を共有してくれる方法がありました。

Eye-Fi

Eye-Fiです。これは、SDカードの中にプログラムが仕込んであり、Wi-Fiのような機能を一眼レフに与えてくれます。

Eye-fi

予めスマホ側にアプリをインストールしておくとそのアプリに撮影した画像を飛ばしてくれます。

実際のアプリを入れた画面(タブレット)

eye-fi-login

接続する場合には、この画面からカードケースに記載されているアクティベーションコードを入力すると接続されます。

接続されると、アプリ側に撮影した画像がどんどん転送されてきます。

転送された画面

Eye-Fi写真転送

これで、撮影した写真をタブレットですぐ確認できます。

使いたい画像があれば、このアプリから様々なアプリに共有が可能です。

個人的には転送しては、削除、転送しては削除。の、繰り返しなので容量はそんなに必要ないかなという事で、8GBを購入。

カメラ機能とは別の機能が負荷されるので、電池の消費など気になったんですが、体感として「以前より消耗が早い」という事もありません。

これは、かなりオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク