もしもスマホに望遠レンズを付けるなら。おすすめ「AUKEY PL-BL01」

スポンサーリンク

スマホに望遠必要?不要?

個人的には不要。

だと思っていました。

なぜなら、遠くを撮影するなら「一眼レフ」があるし。

そもそも、いちいち取り付けるのも面倒だし。

と、思ってました。

スマホにカバーなんてしていたら、上手くハマらないし。

と、この手の商品は避けていました。

時代の流れか。必要性なのか

とはいえ、「あ。写真撮ろ」。

と、思ったときに手元に一眼レフがあるほどカメラ命な人間でもありません。

また、時々一眼レフをもちだして写真をとると、動画も撮ってみたりでバッテリーがすぐ無くなります。

そうしたときは、「スマホ」にその役割をバトンタッチするんですが・・・。

スマートフォンのカメラって、望遠が「あともうちょっとズームできたら良いのに!

と思うこともしばしば。

取り付け式のレンズなんて不要!」と思っていながら、いざとなると人間現金なものです。

Aukey さんからお薦めされたAUKEY PL-BL01を試す

そんなことを思っていたとき、Aukey さんから「AUKEY PL-BL01」のレビューをご提案頂きました。

早速使ってみたレビューです。

届いた「AUKEY PL-BL01」。

AUKEY-PL-BL01

AUKEY さんの製品の良いところは、箱がエコタイプながら、シンプルかつスマートなデザイン。

届いてから開けるのがワクワクするというのは、Apple と似たところがありますね。

中身はこんな感じ。

AUKEY-PL-BL01-allpack

基本的には、「レンズ」が主役です。

あとは、スマートフォンとレンズを固定するアタッチメントに、レンズを入れておく袋と、拭くためのダスターが入っています。

個人的に常にレンズを付けて持ち歩くわけにも行かないので、この小さな袋に入れてバックインバックのポケットに投げ込んでいます。

これとは別に全く違うメーカーの接写用のレンズも持っているのですが、そちらの袋にくらべてしっかりしています。

うっかり裏で撮影しましたが、表は「ロゴ入」です。

AUKEY-PL-BL01-bag

アタッチメントとレンズを入れて、ちょうど口が縛れるくらい。

必要な時に取り出して使うスタイルです(これを面倒だと思ってしまったら、この製品は魅力的とは言えないかも)。

こちら、レンズ。

AUKEY-PL-BL01-rens

結構大きさがあります。

Nexus 6 に装着したところです。

AUKEY-PL-BL01-nexus6

比較的「大きい」部類に入る Nexus 6 でも存在感が出ます。

カバー装着状態ですが、これくらいカメラ部分に余裕があれば十分に「設置」できます。

AUKEY-PL-BL01-case

ミニマムサイズの端末だと、装着したバランスがどうなるか試してみたくなったので、iPad touch に装着。

AUKEY-PL-BL01-ipod

ちょっとした兵器に見えなくもなくなってきましたが、こちらも設置可能。

レンズが端っこにあるので、安定性に欠けるかなと思ったんですが、問題なく使えました。

ガジェットが多いですが、こうやっていろんな端末に付いてくれると非常に助かります。

iPod touch は完全に「音楽を聴く」道具ではなく、「何でも屋」として使っています。

そういった端末にお出かけの時には最初からくっつけていても良さそう(鞄の中に入れておくと、外れそうですけど)。

使い方の幅は広がりそうです。

撮影写真を比較

AUKEY-PL-BL01-photo

左が「レンズなし」。右が「レンズありです。

仕様でも「2倍ズーム(対角画角2倍・水平画角1.4倍)」となっていますが、体感としてもおよそ 2 倍の感覚。

簡易的な撮影なら十分に対応してくれそうです。

レンズとしては大きめですが、袋に入れて鞄にしまってしまえば、ほとんど気にならないサイズです。

外出用の鞄に忍ばせておくと、活躍する場面が結構ありそうです。

「もうすこしズームできたらなあ・・・。」

なんて写真が減らせそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク