【第1回】はじめてのMISO 中華料理しんちゃん とんこつシティ福岡の実力。 -福岡 味噌ラーメンをめぐる旅-

福岡でみそラーメンを勇んで食べる。意外に怖い
実は「○○まりも」、というお店を攻める予定でした。
天神の3丁目にある。ラーメン屋さんです。
実際、目の前まで行ったんですが・・・。
この店なんか、通っぽいのです。
味噌ラーメン食べるぞ−と思ったものの、いざ博多の地でMISOラーメンを食そうとすると、
店主にぶん殴られるじゃなかろうかと。
そんな思いが頭をよぎったのです。
いきなりの、チキンです。

福岡でも、売りはみそラーメン。その潔さ

そそくさと、向きを変え、行き先を変更。向かったのは、「中華料理しんちゃん」

1352690717672

うん、佇まい的には、こちらのほうがはるかに入りやすいです。

それもそのはず。
とんこつホームの、福岡にありながら、「名物味噌ラーメン」と、いきなりのノーガード戦法。

miso_ossme

とんこつラーメンの本場、完全アウェーにも関わらず、その心意気や何たるや。

味噌ラーメン650円と、リーズナブルな部類に入るお値段ではないでしょうか。

1352690842964

お店の中は意外と広く、入り口手前にはカウンター席、奥のほうにテーブル席もあります。

早速、味噌ラーメンを頼むと、お昼時の混雑にも関わるず、意外に早く出てきました。

1352691025389

今思えば、若干このとき、不安な気持ちが無かったわけでもないす。

みそはみそでも、ここは福岡

実際食べてみると、ああ。味噌濃いねー。と。
やっぱお店の味噌は濃いわー。

しかし、MISOラーメンに目覚めた今、それは美味しいと表現できます。
珍しいところとしては、麺が細麺。味噌ラーメンって太めの麺のイメージがあるんですが、ここは福岡らしい。

あれ?味噌ラーメンて、玉ねぎって入ってるものだっけ?
と、ちょっとした疑問もうかびましたが、当初の予定より、1キロの余分な移動もあってか、

一口目は濃い味噌に癒されます。

が、しかし、ここでアウェーの洗礼が。これ、ベースが「とんこつ(量も半端ないレベルで)」じゃないのか・・・?

恐るべし!とんこつシティ、福岡!

MISOラーメンが豚骨ベース!!

水を飲みながら平静を装いながらも、もはや大きめに切られた玉ねぎすら直視できない状況に。

なんてこったい!
ただ、うん、まあ。それなりにおいしいです。
うん、味噌も濃いしね・・・。うん。
徐々に自分との対話で冷静さを取り戻しつつ、最後まで完食。

とんこつみそだったものの・・・

とんこつワールド福岡でカウンターパンチを入れるつもりが、早速まさかのカウンターパンチ返しをもろに受け、
「はじめの一歩」におけるアーニーグレゴリーvs宮田戦の宮田くんのような心境でお会計。

「ありがとございやしたー」という老齢の店主の人の良さげな笑顔に、
とんこつ真っ只中、福岡。

あなどりがたし。MISOすら豚骨ベース。

これが、アウェーの洗礼。

という訳で、次回「1300円のMISO」へ続く。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク