「みんなデラップだよ!」高校サッカーを見ながら、長年のサッカーへの疑問を再認識。ロングスローもっとやろうぜ!

スポンサーリンク

高校サッカーって、ワンプレーを大切にしますよね

最近、鹿児島県のチームがイマイチ勝ち上がれず「サッカー大国 鹿児島」の地盤沈下を心配している昨今です。

かつては、名門だった「鹿児島実業」が最近はめっきり下火。

大迫を排出した城西高校や、野球でも徐々に「スポーツ高校」として存在感を増している神村学園など強豪校が増え優秀な選手の分散などがその原因とも言われていますが・・・。

前園、遠藤、大迫など日本代表選手を多く排出し、来シーズンからは鹿児島ユナイテッドが J3 参戦とようやく鹿児島のサッカーが盛り上がってきているだけに城西高校の初戦敗退はちょっとさびしいかな。

そんな高校サッカーを今年も全部ではありませんが、ちょいちょい観戦。

今年に限った話ではないんですが、高校生って「スローイン」ってすごくしっかりとこなしますよね。

しっかりこなすだけでなく、「チャンス」として扱いますよね。

ロングスローをするチームも多いです。

J の試合ではあんまり見かけません。

全くないわけじゃないですが、高校総体と比較すると少ない印象。

特に J1 では少ない気がします。

どちらかというと、時間が無かったり切羽詰まったりしたらやっている印象でしょうか。

なんで、最初から戦術として採用しないの?

とは思います。

それに関しては、試合終盤のパワープレーもそうですね。

それで得点が取れる確率が上がるなら、最初からやればいいのに。

って思うんですけど・・・。最初からやらない理由があるんでしょうか。

J2 になると、ロングスロー率は高まる気がします。

特に我らがアビスパ福岡が多用しています。

昨年は、亀川や中村北斗がサイドからロングスローを投げ込んでいました。

その前のシーズンは城後もロングスローやってましたね。

ウェリントンや、酒井、イ・グゥアンソンなど長身の選手もそろってました。

実際、相手チームもアビスパ福岡相手のロングスローは嫌な戦術だったと思います。

なぜデラップをだれも育成しないの?

野球、ラグビー経験者。つまりサッカー経験のない人間として思うのは「せっかく手でボールが扱えるチャンスを活用しないの?

という疑問です。

もちろん、スローインにはルール上投げ方が厳密に決まっているのは知っています。

投げやすい状況ではないとは思います。

しかし、条件さえ満たしていれば、一回転しても良いわけで。

一回転しちゃうのがベストとは思いませんが。

やり方さえ抑えておけば、ガンガンいけるでしょう、スローイン。

スローインといえば、ストークシティでプレーしていた「ロリー・デラップ」が代名詞ですね。

ほぼ直線のロングスローを投げる方はこの方以外後にも先にも知らないのですが。

ハンドスプリングより、飛ぶなデラップ・・・。

しかしどう考えたって、「有効」ですよね。

相手陣地深いところでタッチラインに出れば、コーナーキックかフリーキックじゃないですか。

近代サッカーの多くは「セットプレー」か「カウンター」から得点が生まれると言いますが、これは立派な「セットプレー」ですよね。

さらにスローインには「オフサイドが適用されない」。

これは脅威としか言いようが無いと思うんですよね。

ラインを上げて対応できないんですから。

守備側は下がるしか無いです。

こうした利点を、高校サッカーは徹底して活用しているように思います。

ロングスローだけでなく、このスローインの利点を最大限に利用しているように見えます。

もちろんプロもおざなりにしているとは思いませんが、「ロングスロー」を「セットプレー級のチャンス」と捉えているチームはほぼないような。

「ロングスロー」をもっとしないの?

こういったことを言えば、サッカー関係者の方からは・・・。

  • 全員がデラップではない(デラップが特殊)
  • ストークは上背のある選手が多いから成立する
  • ロングスローは思いの外コントロールがつかない

といったご指摘をいただきそうです。

というか実際、そういう指摘をいただいたことがあります。

まあ、ストーク・シティが特殊かつ、デラップが更に特殊。

という話ですね。

確かにデラップの「元やり投げ選手」という経歴は異色です。

サッカー選手に良くあるキャリアじゃないです。

しかし、ロングスローであれだけ脅威を与えられるなら、「デラップ」を育成しても良いんじゃないか?

と、思ったりするわけです。

コーナーキック、フリーキックに加えて相手陣地のスローインがそれに加わればゴール前にボールを入れる機会は劇的に増えるはずです。

得点機会が圧倒的に増えると思うんですよね。

訓練をすれば結構投げられる人は増えると思うんですよ。

過去誰も積極的にやっていないんであれば、鍛える余地はあると思ってるんですけどね。

そろそろデラップ 2 世みたいなのが出てきても良いと思っているんですが・・・。

今年の高校サッカーでもロングボールを活用するチームが多数

【参考記事】
スローインほど美味しいプレーはない

実際、同じことを感じた方もいらっしゃって、上記のような記事を書かれています。

記事にあるように青森山田はそのロングスローで値千金のゴールを挙げました。

【参考記事】
“ロングスロー職人”原山が青森山田のラッキーボーイに=高校サッカー

その他のチームもゴール前にボールを入れる利点を感じてるように思うんですよね。

でも、プロに入ると見る機会が激減するのはなぜでしょう。

高校レベルまでしか通用しない戦法だから?

なら、ストーク・シティがその戦法を採用した理由はなぜなのか。

ロリー・デラップという「稀代のスローワー」が居たからでしょうか。

始まりはそうかもしれませんが、あのスローインは決して真似ができないシロモノでは無い気がしてるんですが・・・。

そして、あのスローインの質があればプレミアリーグの GK DF でさえ、混乱させることが出来るなら?

挑戦する価値があると思うんですけどね。

個人的に、「スローインが美しい」かは判りません。

しかし、勝利するために有効な手段だと思います。

なんでこれをもっとみんなしないの?

とは、常々思うんですが。そう簡単でもないんですかね・・・。

日本代表もガンガンやればいいのに。

と思います。

まあ、上背のある選手がいないという事情はあるかもしれませんが。

しかし、ゴール前にボールが放り込めるだけで相当にゴール機会は増えると思うんですよね。

オフサイド無いんですから。

セカンドボールを拾うということもできるでしょうし。

誰もが採用しないにしても、もっと戦術として浸透しても良いんじゃないのと感じます。

そういうサッカーは「邪道」なんでしょうか?

それとも「美しくない」のでしょうか。

上記記事で記者の方があえて「美しい」と形容した背景には、そうしたロングスローへの「偏見」があるようにも感じます。

サッカー選手は「おまえ、明日からロングスロー練習しろ」と言われると戸惑うんでしょうか。

日本がガンガンロングスローをやって、欧州を困らせる

なんてシーンを思い浮かべただけでも楽しいんですが。

デラップのロングスローでアーセナルが敗戦した時、ベンゲル監督が顔を真っ赤にして怒ってましたが、ああいうシーンが代表戦で繰り広げられるのです。

アジアでゴール前に引かれた時も有効だと思うんですよ。

サイドで行き場を失って闇雲にクロスを上げるより、オフサイドなしでノープレッシャーでボールを投げ込めた方が良くないですか?

ゴール前に上背のある選手が欲しくなりますが、変化を加えるなどやり方はいくらでもあると思うんですよね。

デラップのロングスローは上背に頼った方法が多いですが、サインプレーを入れるとか考察の余地は十分にあるように思います。

サッカーデータ革命でもでもロングスローに言及

この書籍でも「デラップのロングスロー」に対する言及があります。

本当にデラップのロングスローは特殊なのか?

という点について考察されています。

私は特殊じゃない気がしています。

訓練すれば、デラップほどじゃないにしても有効なスピードでボールをゴール前に飛ばせると思うんですよね。

フリーキックの練習をする選手は多いと思うんですが、ロングスローを同じくらい真剣に練習すればそこそこ有効な手段になりそうなんですが。

ダメなんですかね?

世界がやらないから日本がやるんでしょ

サッカーの世界にもデータ分析が取り入れ始められているのは、もう様々なところで言われて久しいです。

しかし、こういうのって日本が得意とする領域だと思っています。

もちろん、データだけで勝てたら苦労はないんですが。

そこから得た情報を駆使して、勝ち上がる。

体格的に劣る日本人が世界で戦うには、必要な観点だと思うんですよね。

ロングスローが有効というデータがあるなら、是非活用して欲しい。

世界が「デラップは特殊」。

そういっている間に特殊じゃなくしてしまえば良い。

新しいスタンダードを日本から作って欲しいというのは、切なる願いです。

これは、ロングスローに限った話ではなく。

野球のセットポジションだって、日本人(野村克也監督)が考案して、今やメジャーでも常識のプレーになっているわけで。

そうした戦術のイノベーションに日本が加わってこそ、日本のレベルが上がると思うんですよね。

ずーっと、南米、欧州を手本にしていますが、もっと自分たちで考えても良い時代なんじゃないかなと思います。

もちろん、サッカー先進国に学ぶことはまだまだとても多いですが。

そういった意味では、高校サッカーの方が戦術に対しては真摯に思えます。

よく「泥臭さが足りない」。

と、日本サッカーに対して指摘されることがありますが。

ワンプレー、ワンプレーに対する「工夫」ももっと泥臭く出来るんじゃないかなと思っています。

天皇杯の決勝に話が飛んでしまいますが・・・

天皇杯決勝での G 大阪 vs 浦和戦。

個人的にこの試合を観ていて、浦和に抱いたイメージは「理想的すぎやしないか」。

という印象でした。

これは、日本代表にも言えるんですが。

もちろん、「理想」を語れない世界には「発展」もないと思います。

浦和が目指すサッカーは一つの理想だと思います。

それを追い求める浦和には尊敬の念を抱かざるを得ません。

しかし、純粋すぎる理想はそれはそれで脆いんじゃないかと。

そんな印象を持ちました。

なかなか成果を出せない浦和ですが、私はいつか壁を乗り越えて理想に近づくことは間違いないと思っています。

ただ、浦和の目指すサッカーだけが理想だとも思いません。

もっと泥臭い現実主義から生まれるトレンドもあるんだと思います。

クラブワールドカップで広島相手にリーベル・プレートが見せた「したたかさ」。

ああいった強さも必要でしょう。

もっともっと、日本のサッカーにはいろんな可能性があると思うんですが。

どことなくではあるんですが、その最高峰である J1 や日本代表が「高校サッカー」と比べて自由じゃなくない?

と感じてしまう今回の「ロングスロー」でした。

世界を見過ぎるがあまり、理想主義に陥りすぎてはいないか。

そう考えさせられる「第94回全国高校サッカー選手」でした。

得点に最も繋がる方法があるなら、それを採用するべきだと思うんですよね。

青森山田の原山海里選手はなんだか注目を集めているようですが。
青森山田にサプライズ!俊輔が原山のロングスロー絶賛/高校選手権

原山選手が「すごい」ので終わるのではなく、「どうして、Jリーグでもっとロングスローをやらないのか?」という検証をしてほしいなあ。

戦術としては有効な面多いと思うんですけどね。

ロングスローが投げられないなら、投げられる選手を鍛えたら良い。

そう思うんです。

原山選手も特別飛び抜けた何かを持っている訳じゃないと思うんですよね。

そういった意味でも、アビスパ福岡は来季もガンガン、J1 でもロングスローを投げ込んで欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク