【鹿児島ユナイテッドFC】浅野哲也監督就任会見 鹿児島ユナイテッドを J3へ

スポンサーリンク

浅野監督・・・。何処かで聞いたと思ったら

浅野哲也監督。

アビスパ福岡が最後に J1 に居た際に監督だった方です。

正確には、篠田監督の途中解任を受け、監督に就任された方です。

J1 創世記のファンの方であれば、名古屋グランパスの浅野。

と、言えば「あぁ。」

という方も多いのではないでしょうか。

アビスパが2011年に J1 から降格したときの監督ですので、あまり良い印象の無い方も居るかもしれません。

個人的には、ヘッドコーチだったとはいえシーズン途中から篠田監督の後を受け指揮をとるだけでも大変だったと思います。
さらに、アビスパの少ない戦力の中で可能な限りがんばったという印象があります。

しかし、J1 に残留できず、アビスパから退団。

その後は、2013年から「伊賀フットボールクラブくノ一」で女子サッカーの監督をされていた様です。

その他にも、指導者の経験としては2007年の湘南ベルマーレのヘッドコーチ。

2009年には、湘南ユースの監督。

と、プロの世界で長く指導者として経験のある方です。

アビスパ福岡の監督以降、第一線にいたかというと、ちょっと疑問符が付きますが、現在 JFLである鹿児島ユナイテッドに J1 を知る指導者が来てくれるというのはすごくプラスだと思います。

選手としてもオフト、ファルカン時代に日本代表に選出されたり、名古屋グランパス、浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレと渡り歩き Jリーグ創世記を生き抜いてきた方だと思います。

その経験を、JFL の選手達にぜひ伝えていただければと思います。

【就任会見の様子はこちら】

JFL 最初のシーズンで総合3位。

J3 にあがるには、JFL で4位以内に入る事と、「Jリーグ 百年構想クラブ」に登録される必要があります。

すでに Jリーグ百年構想クラブに登録していたレファノ山口は今期 4 位ながら J3 へとステップアップしていきました。

2014年の11月29日にその申請を鹿児島ユナイテッドFC は Jリーグへと提出しています。

この可否が出るのは3ヶ月程度かかるとのことですので、来年の2月、遅くとも3月にはその結果が出ていると思われます。

可能ならば、浅野監督のもと J3へ言ってほしいなあ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク