【第16節】アビスパ福岡 vs コンサドーレ札幌 勝ちきれませんねえ・・・。

スポンサーリンク

チーム状態は最悪と言ってよいでしょう・・・。

チーム状態を下げているもの。

1,城後の出場停止

2,坂田・プノセバッチの離脱

攻撃陣の選手を次々と欠いています。

これは、コンサドーレ札幌戦は攻撃陣はだいぶ布陣が変わってくるだろうと思われます。

コンサドーレ札幌のホームも雰囲気が良いなー

consadole-home

来場者も多いですし、試合開始前のセレモニーも華やかです。

ちょっと面白かったのは入場口のボール置き場。

よく、審判が置いてあるボールを持って入場してきますが、札幌は「ピザ」。

pizza

一応、この後ろにボールはあって、サポーターの女の子が最後に持ってきます。

アビスパ福岡の布陣

毎回、アビスパの攻撃陣はポジションチェンジを繰り返すので予想フォーメーションとは試合中のポジショニングはだいぶ違います。

ただ、今日は攻撃の中心になる選手に欠場が多い・・・。

16sec-avispa-form

さらに新人の光永が初先発です。

最近の試合で途中出場が増えていましたが、ついに初先発です。

ただ、途中出場の際は左サイドのプレーがほとんど。

ポジションチェンジを多く繰り返す攻撃をするんでしょうか・・・。

さらに、この日は復活した金森が右。唯一、明るい話題です。

実際試合が始まると、右の金森、左が光永、中央が酒井というのはだいぶ固定されていました。

ポゼッションは高かったんですが、いまいち、決定的な場面というのはありませんでした・・・。

コンサドーレのフォーメーション

16sec-consa-form

4-2-3-1 です。

特に変わった動きはありませんが、今日の試合ではカウンター攻撃が主な狙いのように見えました。

中央突破というよりは、一旦ワイドに開く展開のようです。

アビスパの狙われどころとしては

高いサイドバックの裏。

というのがいつもの定番だったわけですが。

今日のポジションを見てみると、3バック。

もちろん、3バックもサイドにスペースが開きやすいのですが。

山口、イ・グゥアンソンが走ってました。

イ・グゥアンソンは、センターバックの2枚というよりは、3バックのサイドの方が適正あり?

そんな気もしてきました。

前半押してはいたんですが・・・

決定的な面もあったといえば・・・。あったんですが。

sakai-head

前半は、基本は酒井と、オーバーラップした際のイ・グゥアンソンの高さ狙い。

というのが主な攻め手。

パク・ゴンが飛び込んでくる場面もありました。(髪切ってて最初誰だかわからなかった)

park-gon

コンサドーレはバウロンがしっかりこの2人をチェックしていました。

paulao

流れの中では酒井。FK、CKはイ・グゥアンソンを見ると言った感じです。

前半から右サイドを中心にした攻撃

アビスパ福岡は前半から右サイドを中心に攻めていました。

金森、武田、中原、堤でボールを回していました。

予想フォーメーションでは左だった武田ですが、右まで出張です。

左は、光永が張り付いている状態。

時折金森も左にいた時がありましtが、それでも左にいた光永。

アビスパの攻撃陣の中ではなんか、目立ちますね・・・。

光永にはポジションチェンジは要求されないみたいです。

後半に入ると、右からの攻撃に光明が・・・

まずは後半早々中原。

kanamori_optimized

これが入らなかった時点でイヤーな予感はあったわけですが・・・。

堤、中原の縦パス

この日はアビスパ、右サイドのが良かったというか。

右の堤からのボール提供がすごく良かった感じです。

中原も良い縦パスを入れていたんですが、堤と中原の縦パス

堤の縦パス
tsutsumi_optimized

中原の縦パス
nakahara_optimized

中原のパスは、石津の受けも光るわけですが、この右サイドの縦パスはこれまでのアビスパになかなか見れなかった攻撃に思えます。

いつもばセンターバックの堤ですが右も安定していてよかったように思います。

石津の得点も堤の縦パスから

これも堤の縦パスから。

森村が受けて、平井が渡して石津がゴール。

ishizu-goal_optimized

ちょっと心配なのは、ちょっと石津の体が重そうなとこですかね・・・。

今日これだけ攻撃陣がおらず、ベストフォームには程遠い金森を先発させているところを見ると、石津もかなり調子悪いんでしょうか・・・。

ロスタイムはパワープレーを意識しすぎて・・・?

アビスパに先制点をとられて、コンサドーレはすぐ身長190cm の丁を投入。

パワープレイ狙いです。

ロスタイムに入る頃にはパウロンを前線に残す形に。

完全にパワープレイ狙いです。

しかし、失点はそれ以外から。

ゴール前に何回かボールを放り込まれた時、丁とパウロンに気を取られすぎたか、明らかにノーマークが出現。

paulo-goal_optimized

パウロン。ボーッと突っ立ってるだけだし!

気を獲られすぎて、裏やられました。

今年は見られなかった、去年の悪癖「終了間際の失点癖」が顔を出してしまったんでしょうか・・・。

坂田、城後を控えにするくらいに

個人的には、今日は勝って欲しかった・・・。

なぜなら、城後に坂田がいなかったからです。

正直、この2人が今のアビスパの強さの限界に蓋してる気がします。

2人がいない時に「キッチリ勝つ」ことができれば・・・。

城後も坂田もいらないじゃん!なんて、思いたかった・・・。

もちろん、「チームから出て行ってほしい」と思ってるわけじゃないです。

チームの中心が誰よりも頑張らないと強くならないと思うんですよね。

そういう意味でも、坂田も城後もまだまだ余裕ですよ。

でかい顔しすぎです。

ちょっとくらい、チーム内から突き上げ食らわしてやらないとアカンですよ!

という意味で勝って欲しかったなあ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク