【第14節】アビスパ福岡 vs 湘南ベルマーレ この敗戦はきついなあ・・・。

スポンサーリンク

J2連勝記録がかかった試合が、アビスパ福岡戦に

湘南ベルマーレのファンのかたも「いつまで続くのだろう?」と思っているであろうこの連勝記録。

ついに、J2の記録更新まで続いてきました。

そして、その記録更新がアビスパ福岡戦に。

シーズン前に、こんな事態を予想した方は誰もいなかったともいますが・・・。

ここまで来たら、連勝記録(それもホーム戦)で決めたいベルマーレと、ここでベルマーレを叩いで上位進出したいアビスパ福岡の第14節です。

アビスパ福岡フォーメーション

おそらく、対ベルマーレ用の布陣ですね。

sec-14-avispa-form

過去13試合では見られなかったフォーメーション。

かなり「守備的」と評して良いのではないでしょうか・・・。

攻撃サッカーが売りのアビスパ福岡が哲学を曲げて?まできた戦術はどうでることやら・・・。

また、予想フォーメーションとほぼ変わらないポジションでアビスパが試合を展開したことも今回は珍しかったです。

まあ、ほとんど何もさせてもらってないので・・・。

湘南ベルマーレのフォーメーション

湘南ベルマーレのフォーメーションですが、普段「アビスパ福岡は3バックに弱い」と勝手に見ています。

sec-14-bellmare

しかし、ベルマーレの場合は「取ってから手数を少なく」攻めてくるドルトムント的な攻めが恐ろしい。

とくに前がかりで攻めるも、簡単にボールを失うことのあるアビスパにとっては相性の悪そうな相手です。

その前に、ボールをどこまで展開できるでしょうか。

アビスパはポゼッションが高いという解説がありましたが・・・。

前半は、ほとんど仕事をさせてもらえず

前半5分から攻め立てられるアビスパ福岡。

このままアビスパが勝てることがあれば、MOM は神山でしょうというファインセーブの連発。

kamiyama-saving-1

kamiyama-saving-2

というか、攻撃面でまったくアビスパ福岡に良い面がありません。

逆に、ワンタッチで前へ前へどんどん展開してくる湘南ベルマーレ。

アビスパ福岡がやらないとならないサッカーはこれなんじゃないか?

と、おもいながら、シンプルなワンタッチプレーの堂に入った感のあるプレーに感心・・・。

なんで、アビスパのワンタッチプレーってあんなにバタバタ、人がついてこないのだろう・・・。

結局前半で、シュート 10 vs 1 ・・・。

全然攻めさせてもらえません。

後半は、だいぶ盛り返したというか

前半ほど、シュートを好き勝手打たれる。

という展開ではなかったものの、だいぶ長い時間自陣でのゲームに。

カウンターに期待をするものの、セカンドボールをほとんど湘南ベルマーレに持って行かれるか、とれても早いチェックですぐロスト。

ときどき苦し紛れにカウンターに持って行っても、途中でカット。

と、まさに成す術なし。

そうこうしているうちに、混戦から失点。

sec-14-bellmare-goal

さらに・・・。

三島のちょっと残念なディフェンス・・・。

ちょうど中原に変わって、入ってきていきなりのプレー。

うーん。守備面に不安があるとはいえこれは・・・。

まずは、ボールを後ろへこぼす。

mishima-deffence

次に、自陣深い場所ではなかったものの、中を確認したのかしないのか、フィールド中央へパス(クリア?)

これ、タッチラインに逃げても良かったと思うんですが。

mishima-deffence2

点を取りに行くには、ボール繋ぎたいのはよくわかるシーンだったんですが・・・。

そして、そのまま失点。

sec-14-bellmare-goal-2

ミスではあるものの、このミス云々のまえに全然サッカーやらせてもらえませんでした・・・。

2 – 0 という敗戦ですが、想像以上に差がありますね・・・。

J1 はだいぶ遠いなあ・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク