【第11節】もうまぐれとは言わせない!アビスパ福岡がセレッソ大阪を得意の 1 – 0 で撃破!

スポンサーリンク

アビスパ福岡がジュビロ磐田に続いてセレッソ大阪を撃破

J2 の中では比較にならない戦力を持っている 2 チームを立て続けに撃破。

この日も 今シーズン得意の 1 – 0 で勝利。

これで勝点は 20 となって、順位は 5 位。

さすがに格上を立て続けに破ったとなると、もう「まぐれ」とも言えないでしょう。

開幕 3 連敗が嘘のようなアビスパ福岡の第 11 節の詳細です。

アビスパ福岡のフォーメーション

20150503-avispa-form

今日の先発で期待していたのは、「もしかしたら、GK は中村航輔じゃないのか?」

という期待だったんですが、手首の軽い捻挫ということで、欠場。

大事ではないとのことでしたが、過去のキャリアでは怪我が多いので、心配なところではあります。

ということで今日の GK は神山が復帰です。

神山がダメだとは思わないのですが、岐阜戦でちょっと精細を欠いたプレーが目立ちました。

うまくそこを立てなおしてくれていると良いのですが。

またチーム得点王の中原貴に、ボランチでキッカーでもある鈴木惇がベンチスタートです。

鈴木惇は最近活性化し始めた左サイドからの攻撃の際によく絡んだりと、チームの潤滑油だったので代役の中原秀がどこまでフォローできるかが気になります。

中原貴はチーム得点王でもありますが、前線のターゲットマンとしての役割もありました。

代役は酒井です。

ターゲットマンとしては体の入れ方や、ポジショニングは中原貴が 1 枚上手かなと。

ただ、運動量では酒井です。

おそらく遜色ないプレーを見せてくれるはず。

あとは、まだ攻撃で良い所が見せることができていない金森の活躍を期待です。

セレッソ大阪のフォーメーション

セレッソ大阪とアビスパ福岡が試合をするのは、3年半ぶりくらいだそうです。

20150503-cerezo-form

前節から比較すると、扇原がいません。

累積警告で出場停止です。

あとは、関口がはなく、安藤が先発に入っています。

20150429-cerezo-form

前節の京都サンガ戦ではフォルランがハットトリックを達成しています。

好調だなー。

と、思ったんですが、詳細よく見てみると PK 2本に FK が1本。

流れでとっているわけではないので手が付けられないほどキレキレ。

というわけでもなさそうです。

とはいえ、9得点で現在ゴールランキングトップ。

怖い存在です。

展開的にはジュビロ磐田戦と同じに?

想定していた試合展開としては、攻め込まれるなか、上手くカウンターを狙ってワンチャンスを狙う。

というジュビロ磐田とまったく同じ展開かと思っていました。

しかし、試合の序盤からジュビロ磐田戦よりしっかりカウンターで前を向いて攻撃できている。

という印象でした。

比較的速い展開で攻守が入れ替わっていたので、ジュビロ戦より面白い展開かもと思っていたら。

CK から酒井の先制ゴール

前半13分。

sakai-goal_optimized

相手 DF にマークされていたんですが、酒井ががっしりと体で抑えこんでのゴール。

華麗では無いかもしれませんが、力強く先制。

中原貴もそうですが、「相手に当たり負けない」という存在が前線にいると、ロングボールを入れるにしても縦パスを入れるにしても、クロスを入れるにしても心強いですよね。

ただ、ゲーム展開としてはここから 1 – 0 のゲームで逃げ切るというのは考えにくいところです。

次の2点目がどっちに入るかで決まるな・・・。

と思っていた矢先・・・。

金森が攻撃に上手く絡んで鋭いカウンター攻撃

酒井の先制ゴールからすぐのプレー。

avispa-counter_optimized

酒井が山口蛍からボールを奪ったところから金森のドリブルがスタート。

avispa-counter2_optimized

そのまま一気にゴール前へ。

そして、酒井へラストパス。

ここまでは完璧でした。

酒井がシュートを外してしまいますが・・・。

ここで2点めとれていれば、この後の展開が全然違ったとは思うんですが。

ただ、これまで局面で顔を出すくらいで、なかなか攻撃にからめていなかった金森が久しぶりに自分の良さを出して攻撃に絡めたシーンだったと思います。

アビスパがセレッソを押し込んでるよ・・・

前半 20 分すぎくらいですが、アビスパ福岡がことごとくセカンドボールを拾っていました。

ジュビロ磐田戦のような状況を想定していたので、まさかアビスパが敵陣で長い間プレーするとは・・・。

前半シュート数もほぼ互角。

今日のスカパーの解説者、元日本代表の戸田さんが

「開幕 3 連敗のアビスパをみてここまでになるとは誰も思っていなかったんじゃないですか?」

と、言っていましたが、セレッソ大阪相手に互角以上の前半。

これは出来過ぎなのか、それともアビスパの本当の力なのか・・・。

また、ここまでチームを整備してきた井原監督に敬服。

U23日本代表のアシスタントコーチから、柏レイソルのヘッドコーチなど、経験はあったと思います。

ただ、コーチと監督では違いも大きいだろうと思っていました・・・。

監督1年目どこまで出来るだろう?

という不安というか、まだまだ時間はかかるだろうと思っていました。

しかし、しっかり上位チームにも負けないチームになってきました。

逆に、セレッソ大阪はあまり組織だった動きができていないような感じです。

個でなんとか対応しているような印象を受けました。

中原秀は、鈴木惇と似たタイプ?

これまで中原は末吉のターンオーバーとして出場する機会が多かったんですが。

ただ、この試合で見る限り鈴木惇と出るより、末吉と出場したほうがフィットする感じでした。

パスカットや、ボールの配球など顔を出す機会が、鈴木惇と入るより、圧倒的に多かったです。

もしかしたら、鈴木惇と似たところがあるのかもしれません。

徐々に役割を見出し始めた金森?

この試合セレッソに押し込まれる時間をつくられなかった 1 つの要因に「金森のドリブル」があったような気がします。

後半始まってすぐのプレー。

亀川がカットして、金森が受けたシーン。

kanamori-drible_optimized

この展開で最終的に金森がファールを受けてマイボールに持ち込みます。

これまでこのパターンでアビスパの選択肢の多くは「ロングボール」でした。

ターゲットの中原貴を狙うパターンです。

ただ、この日は中原貴は不在。酒井が代わりを務めるのかなと思っていましたが、酒井は守備時にも下がっており、前線に張ったままの選手はいませんでした。

実は、この前のプレーで亀川がボールをクリアしたシーンがありました。

kamekawa-clear_optimized

このときに井原監督が「亀ー!!つなげー」と放送に乗る大きな声で指示。

また、クリアのあと、酒井が何が知らか亀川に不満気に指示を出していました。

どうやら、アビスパはこの試合、中原貴が不在ということもあってか「パスをつなぐ」ということを意識していたようです。

前半いくつか良い形でのカウンターがありましたが、そういった「パスをつないで」という意思統一があったのかもしれません。

酒井が下がって左サイドで貼ることで攻撃につながるシーンも。

avispa-pass_optimized

左サイドでパスを受けることで、味方が上がるタイミングを作っていました。

hokuto-shoot_optimized

最終的には、中村北斗のボレーシュートへ繋がります。

金森がビルドアップでドリブルやパスの出しどころになることでだいぶ攻撃回数が増えたと思います。

アタッカーである以上、得点が求められますがこの日は攻撃の起点として活躍したと思います。

また、攻撃が機能したことで、ジュビロ磐田戦のように押し込まれ続ける。

というような場面はだいぶ少なくなりました。

こうなると、2 点目という話が

1 – 0 での勝利が多いアビスパ。

守りが整備されてきたという証拠だと思いますが。

できれば2点目が取れると、もっと試合展開も楽になるでしょう。

スカパーの放送の中では選手からもそういった点が課題であるという声があがっているそうですが・・・。

また得点自体もセットプレーからが非常に多いアビスパ。

流れからのゴールも欲しいところです。

セレッソ大阪に一歩も引かない展開

ジュビロ磐田、セレッソ大阪と間違いなく格上の相手を倒して 8 戦負けなし。

これは、アビスパにとって J1 へ復帰した 2010年以来の記録。

今年はついにいけるか?J1!

なんてことを期待してしまうセレッソ戦の勝利。

また、ジュビロ磐田戦とは違い、ちゃんと「攻撃へ向かう形」をしっかりと作った上で勝利出来ました。

流れの中での得点はありませんでしたが、チャンスは何度か作れていました。

セレッソ大阪に引けを取っていたとは思いませんでした。

守備の面から、徐々に攻撃の面へ。

1 つずつ井原監督が課題を整理し、解決している様子が見え非常に面白いチームになってきました。

井原監督がアトレティコ・マドリーを理想としてやっていると言った時にはあまりにもチーム状況がかけ離れていたので驚きましたが、今はその形が徐々に見えてきたように思います。

次は再びホームでザスパクサツ群馬戦。

中2日の厳しいスケジュールですが、ぜひとも 9 戦負けなしを勝利で飾りたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク