【最終節】アビスパ福岡 vs ロアッソ熊本 アビスパの衰退を見た最終戦。JFLへ行くことを提案するレベル。

スポンサーリンク

さよなら マリアン

さて、最終節。

ついにマリアン最後の試合がやって来ました。

とりあえず、2年間お疲れ様でした。

1年前の大激怒でシーズン終えた時には来季は絶対監督しないだろうな。

と、思ってましたが・・・。

それでも精力的に活動してくれたことはありがたいことだと思います。

ロアッソ熊本戦。

今季開幕戦で敗戦して以来の久しぶりの対戦。

バトル・オブ・九州です。

今季アビスパは九州勢の対戦で良い結果を出せていません。

ギラヴァンツ北九州

長崎 V・ファーレン

大分トリニータ

ロアッソ熊本

もう、鳥栖なんてカテゴリ違うしね。

という状態。

ちなみに今日のロアッソ熊本に負ければ、J2 九州勢 最下位確定です。

さて、そんな 1 戦でどういった試合を見せてくれるのでしょうか。

マリアンに気持よく、ありがとうを言いたいとこです。

福岡アビスパ フォーメーション

sec-42-avispa-form

今日も三島が不在。

J3 に参加している J22選抜に参加しているのかと思ったんですが、そちらにもおらず。

どこで何をしているのやら・・・。

ツイッターでは元気そうですが・・・。

DF ラインは前節と同じです。

阿部が使われないのもよくわかりませんね・・・。

やはり、移籍を疑ってしまう・・・。

ロアッソ熊本 フォーメーション

sec-42-roasso-form

巻が下がっていますね。

また、今日は藤本主悦選手が引退表明しているということもあり。

勝利を捧げたいのは、マリアンが去るアビスパ同様でしょう。

怖いのは、途中加入のアンデルソン。

6試合4ゴールというゴールハンターぶり脅威です。

セットプレー後のカウンターが・・・

これは、もう完全に「誰かの指示」だと思うのですが。

セットプレー後の相手カウンターを意図も簡単にゴール前まで運ばせるのはチーム方針なんでしょうか。

前半早々、セットプレーからのシーン。

counter_optimized

中原がチェックに行くんですが・・・。

こぼれたところから展開されるアンラッキーと言っていいのか・・・。

カウンター時に人数かけられていることが問題だと思うんですが。

この他にも、堤が結局イエローをもらったりと、セットプレーからの守備はガタガタです。

この DF をどう解釈するのか

アビスパの失点シーンでよくあるのが、「マークしていない」選手にやられるパターンです。

まあ、サッカーの失点なんてそんなものかもしれませんが。

マークをしていて外される。

のではなく、最初からマークしていない選手にやられる形です。

roasso-goal_optimized

最初の失点シーンですが、アンデルソンに DF の意識が集まり、パスを外に振られたあと。

外から走りこむサイドバックにやられます。

武田は、外に選手がいるのを視界に入れていたように思うんですけどね。

Screenshot_from_2014-11-24 02:01:48

クロスが上がる前に、外を見てるんですけどね。

対応できなかったですかね・・・。

オ・チャンヒョンを絶賛する解説の中払さん

うーん。

やっぱりどこが良いかわからないんですよね・・・。

まあ、前節失点に絡んだ以外は可も不可もなく。でしょうか。

確かにフィジカルという意味では、身長も体格も三島よりはるかにあるとは思いますけど。

かといって、絶賛するようなパフォーマンスかなあ。

この熊本戦でも結構、オ・チャンヒョンの裏やられてるし・・・。

そのオ・チャンヒョンがまた失点に絡む

そんなことを思っていたら、オ・チャンヒョン。逆サイドでやらかしてます。

結果は堤のオウンゴールでしたが・・・。

ショートコーナーから、逆サイドへの展開。

o-loose_optimized

画面一番上にいるのがオ・チャンヒョン。

なんかゆったり走ってます。

そして、ワンツーで選手が抜けてから「あっ」みたいな感じで、ちょっとだけ走ります。

何してんだよ。テメー。

中払さん「ここ誰もついてこないんですよー!!」

と、お怒りでしたが、ぼんやり観ていたのは、あなたの押す「オ・チャンヒョン」です。

セットプレーから金森

kanamori-goal_optimized

確かに今年のアビスパはセットプレーがひとつの武器でした。

特に、石津が去ってからですね・・・。

後半さらにオ・チャンヒョンが活躍

o-loose2_optimized

なんで体を寄せなかったんでしょう。

明らかに目の前に一人 FW がおるやんけ。

確かに突破されて堤がつり出されてはいるんですけど。

突っ立ってボール見てただけでしょう。

FW がどこにいたか把握していたんでしょうか・・・。

何が良いんですかね。中払さん。

ちなみにその後もオ・チャンヒョンを絶賛する中払さん。

よくわかりません。

そのままジ・エンド

さて、綺麗にホーム最終戦でダービーに負けたアビスパ。

どんな顔を見せてくれるのかと思ったんですが・・・。

まずは、プシュニク監督の言葉です。

最後の最後にこういう話を監督にさせてしまう選手とは一体どんな選手たちなのでしょう。

プシュニクの言葉

「まず最初に、皆さんのご協力と熱い気持ちに対してありがとうと言いたいと思います。

また、将来的な皆さんのご協力を思う時、もっと厳しい目で選手を見ていただいたらと思います。

そうすることで、選手たちの力が伸びていくことになると思うからです。

みなさんジャーナリストの仕事は、選手のプレーをありのまま伝えることだと私は思っています。

そうすることで、物事が前進していくと思うからです。
そして、アビスパ福岡にはベストラックを祈っています。
私はここで素晴らしい2年間を過ごさせていただきました。
みなさんのご協力のもと、ピッチ上でいい仕事をしてきたということを、誰かに気付いてもらえればと思っています。

ただ、サポーターの皆さんの前で、今日のような試合で終わらせることに関して、私はさみしく感じています。

そして、悲しい気持ちのまま、ここを離れたくはありません。

だから日本語で今の自分の気持ちを表現したいと思います。

『悔しいです。難しいです』。それが私の気持ちです。

皆さんに選手の評価のことは任せます。

今日、皆さんはジャーナリストとして選手たちを見てきたと思います。

先ほど厳しい目で見てほしいという話をしましたが、その延長線上として話せば、今日、失点に絡んだのは誰か。

誰が戦っていなかったか。誰が相手にパスをしてしまったか。

試合が終わった後に汗をかいていなかった選手は誰か、そういったことを書いていくことも必要だと思います。

そして、私はジャーナリストの皆さんが、サッカーという業界の中における、そして人生におけるベストラックを、お祈りしたいと思います。

みなさんの全てに感謝していますし、福岡での生活、仕事両面で楽しむことができました。

ただ、直近の2か月というのは、私にとってアンハッピーでしたし、悲しい時期でもありました。

それがなぜかということについて、皆さんはジャーナリストなので書いていくことも必要です」

今日この話で言うなら、私はオ・チャンヒョンを批判せざるえません。

戦う気持ちがなかった選手です。

マリアン、なんでこいつを使ったんだ?

という批判もなくもないですが。

あれなら、適正なくても山口出してよかったでは?

武田右、阿部左という選択肢もあたんじゃ?

詳しい事情はわかりませんけど。

来季はほんとに井原さんが監督らしいですが。

このチームにどんな未来を見るのでしょう。

結局今シーズン、終わってみれば、「16位」。

最初に書いたように、九州 J2勢 最下位。

22チーム中ですから、ヘタしたら降格争いしててもおかしくない状況です。

こりゃ、来季あたり J3 見えてきそうですが・・・。

一回解体して、JFL 落ちても良いと思いますけどね。

やり直すのもありなんじゃないですかね。

福岡からは愛想つかされ始めてますよね。

お金的にも、気持ち的にも。

ニュースにすらならないですよね。

ローカルですら。

こんなチームが JFLへ 行ってほんとに誰かが悲しむのでしょうか。

むしろそのほうが、私は希望が持てます。

また新たな一歩だなと。そう思えます。

そのくらいやらないと、そういう風にもう感じられないひとが多いのではないでしょうか。

「J3」。

甘んじて受け入れることも検討して良いんではないでしょうか。

この日の最後はシーズン終了のセレモニーで終わりましたが。

ピッチ内でチームメイトとピースで写真取ってる場合なんでしょうか。

中払さん。試合終了後、何度も「今がどん底だと思う」

と、言ってましたね。

「セレモニーだから選手は笑顔なんだ」

と、何度もフォローしてましたね。

funny

これ、どん底なんすね。

優勝したような浮かれようじゃないですか。

ただでさえ辺鄙な場所のスタジアムに、こんなゆるい試合見に客来ませんて。

これ見た瞬間、来年は残留争いだなと思いましたよ。

最後に中原さ選手のインタビューより

自分自身も、今日のようなプレーをしていたら上には行けないのは分かっているので、まずは自分自身が変わっていかなければいけないと思っています

一部抜粋ですが。

もうこの「変わらなきゃ」ってやめませんか?

アホくさくってしかたないっす。

この程度しか考えつかないんでしょうか。

いつどこで、どうかえるのでしょう。

こんな言葉しか出ないうちは、強くならないと思いますよ。

シーズン通して、今日は投げ込まれた記念品投げ返すレベルの試合じゃなかったでしょうか・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク