【第38節】アビスパ福岡 vs 栃木FC プレーオフ進出はもうほとんどないけど・・・。

スポンサーリンク

前節、ひどい試合をした後ですが・・・。

ほぼプレーオフの可能性がなくなったアビスパ福岡ですが・・・。

前節はほんとにひどい試合でした。

とにかく前節のような試合は避けてほしいところです。

プロとしてサッカーをやっている以上、自分たちはできるんだ。

ということを証明して欲しいです。

福岡アビスパ フォーメーション

sec-38-avispa-form

武田 森村が出場停止です。

前回休んでいた酒井、中原が戻っています。

坂田はまだ先発は難しそうです。

また、3バックに戻してきました。

さすがに前回あそこまでひどいと・・・。

案外、意地張って戻さないんじゃないかとおもってましたが・・・。

さすがにね。というとこでしょうか。

古賀が中央です。

うーん。やはり個人的にイ・グゥアンソンは3バック向きの選手だし、堤も3バックのほうが活きる気がします。

栃木FC フォーメーション

sec-38-tochigi-form

【前回対戦時のフォーメーション】
sec-20-tochigi

前回の対戦から大きく変わっていません。

フォーメーションも、人もほぼ同じです。

やはり気になるところとしては、元アビスパ出身の大久保選手でしょうか。

前回は、2−0でホームで勝利でした。

残り試合も少ないですが、なんとかチームの浮上のキッカケを握りたいです。

前節より攻撃の形ができていたアビスパ

前節はもう、ほんとに「金森のドリブル」以外攻め手のなかったアビスパ福岡。

しかし、この日は前の試合よりも攻めの形はできていました。

平井からの縦パス。

hirai-tate-pass_optimized

前の試合ではなかった「ゴール前での縦パス」がこの日は多かったように思います。

前回は、FW だった平井ですが、今日は少し下り目でプレー。

最近下り目の位置でプレーが多い平井。

なぜ、平井をここで使うの?

と、疑問だったんですが、もしやこういうこと?

次は堤の縦パスから。

堤は3バックのサイドだとこうしたプレーが増えるんですよね。

kanamori-goal_optimized

堤を3バックのサイドに進める理由はここです。

結果的に金森のプレーがオウンゴールとなりました。

さらに酒井のシュート。

nakahara-tate-pass_optimized

これも中原の前線への縦パスから。

前節まったく攻撃の形が作れませんでしたが、中原不在。

というのも、大きかったのかもしれません。

とはいえ、気になる DF

前半、そんなに危ないところもなく試合が進行していたんですが。

前半終了間際。

はっきりとしたミスというわけじゃないのですが・・・。

ゴール前に後ろの選手が走りこんできたシーン。

avispa-df5_optimized

走りこむ選手のフォローはできていたんですが、もともと前線にいた選手をフリーに・・・。

対応が難しいところだとは思いますが、前の試合のこともあり不安な感じに。

後半は栃木が押しこむ形に

後半はどちらかというと、栃木が押しこむ形に。

アビスパはカウンターからの攻撃が主体に。

hirai-shoot_optimized

kanamori-shoot_optimized

展開としては、しっかりとブロックを形成して、取ったらシンプルに前へ。

という展開だったように見えました。

もしかしたら、前半リードしている場合は後半堅守速攻型でいくゲームプランだったのかもしれません。

守るんだったのでは・・・?

後半守備的なのか?

と、思っていたんですが。

酒井 → 坂田。

の交代では、まあ、前線からチェックをしてくれるという意味では疲れた酒井の交代だろうと。

この日は、前半から酒井が前線で走り回っていたので、この交代は納得。

ただ、予想を覆されたのは、中原 → 鍋田の交代。

中盤はどうするんだ?

と思ったら、坂田を下げ気味にして鍋田が前へ。

酒井、中原は前節のホームザスパクサツ戦を欠場してました。

フィジカル的にまだ万全じゃないのかもしれません。

ただ、この展開で変えるなら守備的な選手が良かったんじゃ・・・。

と、思ったものの、ベンチに守備的に振る舞える選手がおらず・・・。

城後もだいぶ下がった形でプレーしていました。

チーム事情とは言え、守り切るんだか2点目を取るんだかよくわからない選手交代に。

選手交代が裏目に出たとは思いませんが・・・

結局、耐えに耐えた守備陣だったんですが、最後の最後に大久保選手にやられました。

ookubo-goal_optimized

うーん。

あえて言うなら、古賀が競ったんですが。

寄せきれず抜かれてしまいました・・・。

攻撃の形もあったし、守備もなんとか

結局 1 – 1 で引き分け。

個人的には、前回の試合よりずっとパフォーマンスは良かったと思います。

守備的なゲームプランだったのでは?とも思っていたんですが。

「私は前線の選手を3人起用した。私としては点が取りたかった」

試合後のプシュニク監督のコメントで、2点目を取りに行ったということも判明。

なんか、守備的にも見えたんですが、攻める気だったんですね・・・。

ただ、そうなると攻撃の起点である中原を変えるというのはあまりよい選択ではないような。

前半攻撃のリズムを作っていたのは中原だったように見えましたし・・・。

もしかしたら、やはりフィジカル的な問題でしょうか・・・。

ここまでフル出場してきていたので、やはり疲れがあるのかもしれませんね。

前向きな試合だったなと

前回は非常にネガティブな展開で、とても応援する気にもなれない感じでしたが。

今日は、とてもポジティブに試合を見ることができました。

とはいえ、もうプレーオフの可能性はほぼ無いわけで。

もう来季を見据えた話となっていくと思います。

近年明らかに課題なのは「メンタリティ」です。

アビスパが安定した試合運びができないのも、このへんにあるような気もします。

試合中、フィールド内でリーダーシップをとれて、修正できるような経験豊富な選手がほしいですね。

城後には悪いですが、キャプテン向きな性格には見えませんし・・・。

残り僅かですが、今日のような「ポジティブ」な試合展開を期待しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク