【第37節】アビスパ福岡 vs ザスパ草津 数字的には可能性があるものの

スポンサーリンク

チーム状態はここに来て最悪といっても過言でなく

昨年と全く同じと言ってよいでしょう。

今シーズンも後半になって完全に失速。

去年の反省は活かされなかったんだろうな。という試合が続いておりますが。

今日はホームにザスパ草津を迎えての試合です。

気になる欠場者

ここまでずっとフル出場を続けていた中原が欠場。

さらに酒井も今日は欠場。

中原は勤続の疲労を考慮してか、最近のパフォーマンスが下がっていると見たのでしょうか・・・。

さらに酒井。こちらもパフォーマンスの問題でしょうか・・・。

あれ?ユニフォームが白いぞ

今日はレベルファイブスタジアム。

アビスパ福岡がホームです。

なのに白のアウェイユニフォーム・・・?

一方、ザスパクサツが、ホームユニフォーム。

どうやらアビスパ福岡のホームと、ザスパクサツのアウェイユニフォームが見分けにくい。

という形でこの結果だそうです・・・。

avispa-away

アビスパ福岡のフォーメーション

sec-37-avispa-form

金森ワントップという予想ですが、実際試合に入ると平井がトップに入っていたようです。

まあ、平井を左サイドには・・・。あまり使わないですかね。

プシュニク監督ならやりかねないというのはありますが・・・。

ザスパクサツ群馬のフォーメーション

sec-37-kusatsu-form

【前回対戦時のフォーメーション】
kusatsu-form

ここで気になるのは、10番の平繁選手。

kusatsu-hirashige

15戦7発ということで高い決定力のある選手です。

また、ここ最近のJ2ベストゴールノミネートの常連。

ダイナミズムもある選手です。

アビスパにもこんな選手がいればなあとは思わずにはいられません。

ロビーニョとの2トップは最近のJ2では屈指かと。

チーム状態が悪いからこそ

ここは、金森の個人技に期待してしまうわけですが・・・。

kanamori-shoot-miss_optimized

これは決めておこうよ・・・。

決めるときに決めないと・・・。

決めるときに決めておかないから・・・

と、金森のせいじゃないのですが・・・。

金森がシュートを外した直後、いきなり失点。

6番の小林にヘディングシュートを決められてしまいます・・・。

これは、完全にマークの受け渡しミス・・・。

ゴール前のセンタリング直前。

mark-miss

パク・ゴンと、ゴールを決めることになる小林が並走しているのですが、この段階でパク・ゴンは一切、小林を見ません。

三島が手を上げて、何か指示してるんですが。

パク・ゴンはボールを見ています。

三島も、その後小林を見るのをやめてしまいます。

三島はまた失点に絡んだわけですが・・・。

いつまで、この人を DF の位置で使い続けるのでしょうか・・・。

パク・ゴンは一体何を考えて、ゴール前に帰っていたのでしょうか・・・。

kusatsu-goal_optimized

ここだけをみると、ほんとに勝ち上がりたいのか疑問を抱いてしまいます・・・。

見てるほうがしんどいよ・・・。

前半はどちらも攻めあぐねる形に・・・

基本的には、ザスパクサツが優勢だったんですが。

CK からチャンスがありましたが。シュート2本。

点を取りたいアビスパなはずですが、ほとんど攻撃の形を作れず。

こちらもシュート2本。

決定機は金森のシーンだけ。

アビスパファンとしてはもう目を覆うしかない状況で後半へ・・・。

帰ってきた坂田

怪我から坂田が帰ってきました。

正直、私はあまり期待していない選手です。

ただ、今日はJ1経験者かつベテランの意地を見ました。

同点ゴールのシーン。

sakata-goal_optimized

CK のボールを強引に押し込みました。

坂田がいなければ、GK が取っていたでしょう・・・。

何とかしようというのは伝わってきました。

福岡の良かったのは、金森のドリブルとと坂田の意地だけでしょうか。

本当に4バックは正しいのか

今日の試合で目立ったのは、とにかく DF ラインがボロボロ。

サイドのスペース→中央裏。

という形でいとも簡単に DF が破られていました。

よく同点で終わったなと。

avispa-df_optimized

avispa-df2_optimized

avispa-df3

avispa-df4

最後はシュートシーンだけですが、もうこの前に DF は左右に振られまくりです。

4バックはちゃんと選手も監督もお互い納得してやってるのか心配になってきます・・・。

OB として残念。

これは、私ではなくて、解説の中払さんの言葉です。

今シーズンワーストの試合ですよね・・・。

何が問題なのかというか、問題が多すぎて、同仕様もないという感じです。

正直、選手たちのメンタリティが幼い

試合後の記者会見で、プシュニク監督もメンタリティに言及していましたが、観ていても選手のメンタリティの弱さというか、幼さを感じます。

プロとしての厳しさがないというか。

なんだか、高校生の試合を見ているような気になります。

確かに若いチームであるとは思うんですが・・・。

そういう意味では、精神的支柱がいないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク