【第34節】アビスパ福岡 vs カターレ富山 意地の逆転勝利

スポンサーリンク

今季最下位のカターレ富山戦

前節の東京ヴェルディも降格争いのチームだったわけですが。

カターレ富山は、現在最下位。

その1つ上のカマタマーレ讃岐はとは、勝ち点 9 差あるため、降格に限りなく近い状態です。

さすがにここで負けるようなら、プレーオフ進出とか言う以前の問題になるわけですが。

アビスパ福岡 フォーメーション

sec-34-avispa-form

攻撃陣も、守備陣も少しテコ入れしてきました。

途中出場ながら、今季アビスパになかったリズムを見せていた FW 鍋田を先発に。

守備では、山口を先発に入れてきました。

3バックは、左から山口、堤、イ・グゥアンソン。

パク・ゴン、中原のダブルボランチです。

前節では武田を並べましたが、あまり機能した印象はなく。

その武田は左サイドへ。

適正は謎ですが、武田のキック力を活かすなら、右サイドで武田というオプションもありな気が・・・。

カターレ富山 フォーメーション

sec-34-toyama-form

前回対戦時のカターレ富山のフォーメーション

sec-13-toyama-form

前回は5月の対戦でした。

フォーメーションも、人も大きく変わっています。

この中でも変わっていない、苔口選手、秋本選手というのは信頼される中心選手と思われます。

要注意でしょう。

高い位置からのプレスをどう抜けるか

前節のヴェルディ戦でもそうでしたが、高い位置でプレスをかけられると、DF からのビルドアップでミスが出るアビスパ。

原因は、3バックのパス精度の悪さが原因だと思います。

個人的には、堤が左に回ることで、堤を起点にしてビルドアップができていたんですが。

ただ、そこを潰されるとどうしようもないというのが事実。

今日は、中央ですが中原とのラインが形成ができるかのか。

と、思っていたら、高い位置のプレスから、山口が精度の悪い縦パス。

あっという間にゴール前にスルーパスを通されます。

yamaguchi-pass-miss_optimized

中原へのパスなのか、武田へのパスなのか・・・。

城後は本当に2列めへ

前節は、ほぼ FW の位置でプレーした城後。

どちらかというと、平井が 2 列目の位置でプレー。

どういう約束事があったのかわかりませんが、あまり有効ではありませんでした。

しかし、今日は、鍋田、酒井の 2 人が前列で張っているようです。

完全にターゲットマンの酒井に比べ、前節からポストプレーに下がってワンタッチでさばける鍋田のコンビはバランスが良さそうです。

ちょっと、ぼんやり見過ぎ?で失点

前半20分ぐらい。

コーナーキックからカターレ富山が先制。

toyama-goal_optimized

ペナルティエリアの外側に飛んでいくボールにアビスパの選手は全員引き出される感じで、前へ。

カターレの選手がゴール前 3 人くらいフリーです。

そりゃ、こぼれ球拾われますわ。

こいうのを鹿児島弁で「とぼれん」というのですが、なんだかボーッとしてるようにしか見えません・・・。

降格争いのチームに連敗しそう・・・。

なんとか、攻めはするものの

アビスパはある程度、攻めはするんですが、ゴール前で決定的な形が作れません。

これは、ヴェルディ戦と全く同じ状態です。

違うのは・・・。

セカンドボールを取れる。

酒井のパワープレイで勝てる。

というのが、ボールキープできている要因に見えます。

sakai-powerplay_optimized

ロングボールに対する処理では、酒井が制しています。

カターレも対処に苦慮しているようですので、有効そうです。

そこは、イ・グゥアンソンも同じようです。

i-heading_optimized

高さでは、だいぶ有利のようです。

これはもう放り込んでいくしかないんでは・・・?

とはいえ、決定的にはなりえず・・・

サイドから、クロスを上げる。

中盤から DF の裏に放り込む。

この2つ以外、とくに攻撃のパターンがないアビスパ。

空中戦で有利とはいえ、DF が付いている状態ではなかなかゴールまで行けません・・・。

どう点を取るのか見えないなあ、と思っていたら前半終了・・・。

後半早速動いたプシュニク監督

後半の頭から、アビスパは選手交代。

三島に代えて、平井を投入。

hirai-in

勝つしかない状況で 1 点ビハインド。

FW を入れて点を取りに行くということでしょう。

おそらく、城後が右ですかね。

平井は、やや2列目です。

こちら、攻撃に転じた際のポジション。

おそらく「10番」としての役割を持っているわけではないと思いますが。

酒井、鍋田に比べると、平井が低い位置でプレーしています。

hirai-topshita

どういう役割をもっているかわかりませんが、平井にトップ下の定期性をプシュニク監督は見出しているのでしょうか。

空中戦なら、酒井かイ・グゥアンソンか

と、思っていたら、パク・ゴンの同点ゴール。

paku-gon-goal_optimized

思いもよらない、と言ったら失礼ですが。

このタイミングでパク・ゴンが決めるとはまったくの予想外。

同点になると、押し上げてきた富山

最下位の富山も、勝つしかない状況。

同点となると、点をとりに来たような。

これまで、アビスパゴール前になかなか攻め込めてなかったんですが・・・。

立て続けにコーナー、フリーキック。と、チャンスを作ってきます。

toyama-shoot_optimized

同点となったものの膠着状態のなか

山口に代えて、森村を投入。

sec34-morimura-in

3バックの右が、MF の森村なので・・・。

ん。また、4バックへシステム変更&城後のサイドバックか!

と、思ってしまいましたが、中盤のパク・ゴンを 3 バックの右へ。

城後のサイドバックはもうやめて欲しい。

2 発目は酒井

やっぱり!でしょう!

ということで。

酒井、ポジショニングでは完全に勝っていたので、来るとすれば酒井!か、イ・グゥアンソンでしょ。

と、思っていましたが、酒井きました!。

sakai-goal_optimized

ここでもポジション取りに勝ってますね。

ただ、こうも自由に勝たせてくれるチームは J2 といえど・・・。

逆転は喜ばしいものの。

攻撃に関してはこのままじゃあ、厳しいよなあ・・・。

往年の松井のようなプレー

得点に絡んだわけではないんですが。

平井の往年の松井大輔のようなプレー。

hiari-goodplay_optimized

狙ったんですよね?

なんとかカターレ富山に勝利しましたが

攻撃の形が見えないのが辛い。

幸い、セットプレーからの 2 得点。

酒井のゴールもセットプレーのこぼれ球からだったので。

完全に流れからゴールができない状態です・・・。

ちょうど同じ日に行われたアジア大会の U-21 で日本が敗退。

次の試合は、再びアウェーのジェフユナイテッド千葉戦。

金森が帰ってくれば、何かが変わるでしょうか・・・。

なんとか、プレーオフ圏内までは勝ち点4差。

まだ、なんとかなりますが・・・。

次のジェフは、勝ち点 49 で上位。

ここは叩いておきましょう・・・!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク