【第33節】アビスパ福岡 vs 東京ヴェルディ 低迷するヴェルディに復調の兆し?

スポンサーリンク

降格争いをしている東京ヴェルディ。プレーオフに出るなら負けてはならない1戦

プレーオフのチームとの勝ち点差が 5。

残り試合がすくなっている中、プレーオフ圏内に入るためにはもう負けられないところまで来ました。

東京ヴェルディは現在、降格争い中。

プレーオフ進出のためには負けてはならない試合ですが・・・。

阿部選手 J2 100試合出場おめでとうございます

試合前に阿部選手の J2 通算出場100試合のセレモニーが行われました。

abe-100game

まだまだ通過点ですね。

まだ、アビスパでも出たり出なかったりあるので、もっと不可欠な存在になって欲しいです。

アビスパ福岡 フォーメーション

sec-33-avispa-form

城後をトップ下においてきました。

前節、城後を中央に!

という個人的な願いが通じました。

後は結果。です。

両サイドも久しぶりに阿部と、三島が出てきました。

前節までは、3-1-4-2

と、前方に人の多いフォーメーションですが、最近の失点の多さからか、形としてはシンプルな 3−5−2 です。

まあ、実際は、流動的だとは思います。

東京ヴェルディのフォーメーション

前回の対戦では 5 – 0 とアビスパが勝利したわけですが。

sec-33-verdy-form

前回対戦した時の東京ヴェルディのフォーメーション

18-sec-verdy

フォーメーションは 4-5-1 と変わりなしですが、結構人や攻撃のポジションが変わっています。

監督が変わっているというのも大きな理由ではあると思いますが、ここまで、得点が少ないということだったので、攻撃面で苦慮してるようです。

最近、多い。フリーキック堤

長崎戦が忘れられないのか、ゴール前のフリーキックはワンクッションおいて、堤。

というパターンが多いですね。

ttm-freekick_optimized

前節の大分戦でも惜しくもクロスバーでした。

今回は惜しくもGK 正面でしたが枠は捉えてます。

ビルドアップに苦労するアビスパ

ヴェルディが高い位置から積極的にプレスを仕掛けてくるため、DF ラインからのビルドアップを全くさせてもらえないアビスパ。

思わず GK 神山がパスが出せず味方に手を広げてアピール。

kamiyama-pass

ロングボールが多くなる展開に。

ただ、ロングボールに精度はなく・・・。

GK からのパスをロングフィードするイ・グゥアンソン。

longfeed-miss_optimized

ボールは誰もいないところを転々・・・。

逆にヴェルディは明確なカウンター狙い

ヴェルディはアビスパの 3 バックのサイドのスペースを狙ったカウンター主体。

sugimoto-space_optimized

ヴェルディの背番号 33 杉本が常にサイドのスペースを狙ってます。

ベルディのほうが狙いが明確なような気がします。

アビスパ福岡はサイドから展開をつくるも・・・

アビスパも何とか、サイドから展開して攻撃を仕掛けるんですが・・・。

avispa-cross_optimized

右サイド、三島からのクロス。

城後、酒井、最後は阿部が飛び込みますが、当たらず。

人数はかけてるんですけど、ちゃっかり DF 揃えられてる感じです。

逆にヴェルディ。

左サイドを狙っていた杉本が中央へカットイン。

イ・グゥアンソンを連れて走り、開いたスペースへ別の選手が走りこむ。

sugimoto-freerun_optimized

と、こちらもゴールには結びつかないのですが、組み立てとしてはアビスパより、やりたいことができている印象。

ゴールの予感はどちらかというとヴェルディにある気がします。

攻撃のアイディアは選手任せ

以前どこかで、プシュニク監督の談話としてあったんですが。

その結果がこれなら考えなおしても良いんじゃないかと。

中原のパスカットから、良い形で攻撃に転じたんですが、酒井にボールが入った瞬間、手詰まり。

sakai-do-you-knwo-pass_optimized

このあと、綺麗にカウンターとなり、イ・グゥアンソンがイエローで突破を止めることに・・・。

チャンスどころからピンチです。

前半終了間際、城後のシュート

平井が裏に抜けてからのクロス。

jogo-shoot_optimized

シュートは正面・・・。

今日は、平井が少し下り目の位置トップ下?な感じですね。

スコアレスドローのまま、後半へ。

後半、選手の入れ替えはなくスタート

東京ヴェルディでは、ニウド選手が良い動きをしていたように思います。

07_nildo_photo

センターハーフの位置で、守備、攻撃の起点で結構目立ってました。

要所要所で顔を出します。

前節の大分でもダニエルがボランチの位置で良い働きをしてましたが、J2 で見るとここに良い選手がいるかというのはチームにとって重要なのかもしれません。

誰か触ってくれ

後半に入って、前半ほど前列からのプレスが厳しくなくなり、少しアビスパがやりやすそうな感じもしなくもない、後半の入り。

アビスパのクロスの精度の悪さというのは指摘されることが多いのですが。

個人的に阿倍のクロスの精度は悪くないと思うのですが・・・。

abe-cross_optimized

イマイチ、アシストにならないんですよね。

精度悪いんですかね・・・。

それとも、クロスに合わせる人がいないのか。

武田に代えて、森村投入

今日はボランチの位置に入った武田でしたが、いまいち存在感がなく。

後半森村投入。

前節大分戦で先発していた森村ですが、出来は良かったと思います。

途中出場ではなく、先発でもっとチャンスがあると良いですが。

morimura-in

後半も質で言えばヴェルディ?

verdy-offence_optimized

スペースに人が入ってきてチャンスを作るベルディのほうがオフェンスの質は上のような気がします。

アビスパはボールを待つ傾向が強く、サイドからのクロス以外展開がありません・・・。

そうした動きを変えたいのか攻撃陣2枚替え

攻撃の停滞を見たのか、プシュニク監督、前線を2枚交代。

平井 → 鍋田

酒井 → 牛之濱

途中出場が続く鍋田選手ですが、随所に良い動きは見せていて。

今後フィットしてくればすごく楽しみな気が。

DF の前に入って、ポストプレー、ワンタッチで捌く。

nabeta-post_optimized

という動きは今シーズンアビスパの FW にはいなかったタイプ。

プノセバッチにしても、酒井にしても、あまりワンタッチで捌くタイプではない気がします。

とはいえ、まずはゴールですよね・・・。

終了間際、ヴェルディにゴール

nakaushiro-goal_optimized

ヘディングのあと、手にあたったようにも見えたんですが・・・。

ただ、ゴールした中後選手、左サイド側から中央まで、カットインして走ってきます。

アビスパの選手誰も、これについてこないんですね・・・。

後ろからどんどん人が走りこんできていたベルディの粘り勝ちだと思います。

プレーオフを目指すチームと、昇格争いしているチーム。

状況的には取りこぼし。

なのですが、試合内容としては全然逆。

どっちが降格争いしているかわかりません。

負けるべくして負けた感じです。

ベルディは、逆に良い試合していたと思います。

監督が変わって、徐々に状態が上向いてるのかもしれません。

攻撃陣に離脱者がいるとはいえ・・・

金森、坂田が離脱している状態とはいえ、ちょっとこれは・・・。

チーム状態も良くないのかもしれませんが、この時期こんな試合していたんじゃ。

もう、終戦ですか?

高校球児のほうがよっぽどタフな精神力してますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク