【第32節】アビスパ福岡 vs 大分トリニータ トリニータ新加入のダニエルに魅せられる

スポンサーリンク

もう負けることはできないシーズン終盤戦

プレーオフ圏内の大分トリニータ。

アビスパとの勝ち点差は2。

まして、バトルオブ九州。

もっと言えば、前回の大分戦は逆転負け。

今日この日に勝たなくてどうするんですか。

多分、今日負ければプレーオフはないでしょう。

そんな気がする第32節大分トリニータ戦です。

最近、アビスパは試合前の円陣を全員で作るんですよね

enjin

これ、J2ではファジアーノ岡山がやってましたね。

ファジアーノがやっているのを見て、いいなあ。と、思っていたのでとても良いことだなと思ってます。

今シーズンだけでなく、ずっと続けてほしいなと思います。

アビスパ福岡のフォーメーション

sec-32-avispa-form

欠場は、坂田と金森

坂田の怪我はまだ癒えず・・・。

金森は、代表戦でチームを離脱中。

攻撃の枚数の少なさがちょっと気になります。

相性が良いと個人的に思っている 平井 – 森村ラインに期待です。

大分トリニータ フォーメーション

sec-32-ooita-form

注目は、新加入のダニエル。

昨年は名古屋に在籍していた選手です。

登録は DF ですが今日はアンカーに入っています。

フォーメーションは、4-1-4-1。

ちょっと気になるのは、サイドの枚数。

サイドの選手は、武田、城後が対応すると思うのですが、サイドバックなどの上がりを森村、中原、パク・ゴンがどこまでフォローできるのか。

この数試合、アビスパの右サイドは結構簡単に破られるシーンが多かったので、この配置は気になります。

ちょっと珍しいベンチからのサイン?

開始早々、大分トリニータ側のベンチからカンペのようなものが・・・。

ooita-sign

おそらく、アビスパ福岡のフォーメーションだと思うのですが、あまりみない光景ですね。

守備の確認に使われているのでしょうか。

気になる城後の役目

城後が右サイドになった時は、だいたい

「守備的に使われる」か「案外中に切れ込んで攻撃参加」

のどちらかです。

どちらかというと、攻撃の起点というよりは、ボールの受け手にまわったほうが輝く気がする城後。

そう考えると後者の役割で入っていると思いたいのですが。

北九州戦の再来!?

まず、チャンスはアビスパ福岡。

北九州戦の再来を狙ったのか、フリーキックからの堤のミドルシュート。

ttm-midle-shooot_optimized

惜しくもバー直撃・・・。

最近、「最初のビックチャンス」を外しがちなアビスパ。

これが入っていれば、流れもだいぶ違ったんでは?

というシュートが多い気がします。

チャンスの後にはピンチ・・・

堤のミドルシュートから、カウンター気味のトリニータの攻撃。

注目のダニエルからのパス。

堤がダニエルにチェックに行った後のスペースをうまくつかれた感じでしょうか。

daniel-pass_optimized

ダニエル、結構パスの起点になってますね。

daniel-pass2_optimized

視野も広いですねー。

神戸のシンプリシオにも似てる気がします。

平井が下がってボールを貰いにきたところ、結構フリーにさせていたので、守備の連携はまだのようですが、J1でプレーしていただけあります。

大分のパス回しに追いつけず・・・?

なんだか、大分のパス回しについていけていないのか、守備がゆるい・・・。

ooita-tokuten1_optimized

イ・グゥアンソンが、外の選手の対応に振り回されていましたが、サイドの守備が足りていなかったんでは・・・。

ちょっとあっけなく決められてしまいました・・・。

なんか、アビスパの「空回りする」悪い癖が出てきているような・・・。

森村が結構目立つなあ

いつも途中出場なのでなかなか目立たないことも多い森村ですが、今日は積極的に攻撃で顔を出しています。

FW に近い位置まで積極的に出てきているようです。

酒井、平井が下がったところのスペースに積極的に飛び出しています。

morimura-psition

結構、裏狙ったり。

前半終了間際、ゴール前飛び込んだり。

morimura-shoot-miss_optimized

ヒットしませんでしたが、今日は目立ちます。

ゴールキックの再開から

前節水戸ホーリホック戦での失点もそうでしたが、ゴールキックから簡単にピンチを迎えてしまうシーン。

このシーンもゴールキックから少ないタッチであっという間にピンチ・・・。

kamiyama-save_optimized

神山のサイスセーブで事なきを得ますが・・・。

今日はなんだか、守備が緩くないかなあ。

詰め切れてない感じがします。

アビスパも押しこんではいるんですが・・・

森村が非常に動きまわってるんですが・・・。

なかなかゴール前で決定的な形まで、持っていけない展開。

前半スタッツを見ても、全く引けは取っていないんですが。

コーナーキックも 9 対 1・・・。

押し込んでいるですがイマイチ、点が取れるイメージが無い・・・。

後半、鍋田を投入。

古賀に変わって、鍋田。

4バックに切り替えてきました。

点を取りに来た形ですが、城後の右サイドは、あまりよい使い方じゃない気が・・・。

過去何回か使われていますが、あまりよい結果出たイメージないんですよね・・・。

ただ、この試合勝ちにいかないと意味無いですからね。

勝負でしょう。

さて、この采配がどうでるやら・・・。

大分もフォーメーションを変更

前半、ダニエルのラインで平井が楔になってボールをうまく入れるシーンがあったんですが。

ここをフォローする形でしょうか。

ダブルボランチに変えてきました。

背番号19 伊藤がひとつポジションを下げた感じでしょうか。

後半の入りは、アビスパペース

後半始まって、押しこんで行ったのは、アビスパ。

トリニータのエリアでプレーする時間が長かったのですが・・・。

ダニエルの追加点

ビルドアップのタイミングでちょっと、軽率になりました・・・。

ゴール前で、奪われて、ダニエル。

ダニエル、初出場ながらはまってますね。

5月からプレーしていなかったとは思えないですね・・・。

daniel-goal_optimized

これはもう・・・

ダニエルに追加点を許した直後。

ooita-goal3_optimized

城後の守備がちょっと・・・。

サイドバックが三島だったら防げたのか・・・?

はわかりませんが・・・。

あまりにも不用意・・・。

ゴール前に戻りながら周囲は見てるようだったんですが・・・。

サイドバック、城後は完全に裏目だったんではないかと。

以前も外からカット・インする相手を全く把握できず失点に絡むことがあったんですが・・・。

その前の堤の場所でも、競り負けてるので・・・。

なんかぬるい・・・。

金森、坂田がいないのに、城後がサイドで良いのか?

城後が高い位置でのサイドはまだわかるんですが、サイドバックで入るというのはやはりマッチしていないように思えます。

プシュニク監督は、城後を中央に置くことをあまり好んでないんでしょうか。

攻撃的な選手が離脱しているなら「城後を中央で」となりそうですが・・・。

三島がそこまで信頼を勝ち取っていないということかもしれません・・・。

ボランチ、サイドバックに控えがいないという事情も大きいかもしれません。

攻撃的選手が離脱している以上、城後は前目で使って欲しいところですが・・・。

とはいえ、サイドバックで致命的なミスを数回やっているので、できればサイドバック城後は封印してほしいところ。

森村に代えて三島を投入

前半のような動きが消え始めていた森村に代えて、三島。

mishima

この交代はありだなとは思ったんですが。

城後を中央で、三島が右サイドへ。

うーん、それならやはり最初からサイドは専門の人に・・・。

悶々・・・。

元アビスパ 末吉が輝く

3点目をアシストした末吉。

さらにゴールかというシーン。

sueyoshi-shoot

前掛かりなためか、後ろから走ってくる選手の対応が甘い気も。

とはいえ、末吉の輝きが眩しい・・・。

アビスパが攻めるシーンもあったものの

結局そのまま試合終了。

金森不在ということでしょうか・・・。

押しこむものの、フィニッシュまで持って行けず。

シュートは打ってるんですけど決定的な場面はほとんどありませんでした。

よく遠目からシュートを打て!

なんて言われますが、やはり、打てばいいというわけでなく。

狙いを持った攻めが全体で共有できていないように見えました。

圧倒的にコーナーキックを取っていまいしたが・・・。

大分の守備が硬かったのでしょうか。

前半戦はセットプレーから得点が多かったんですけどね。

さすがに上位に入るチームだなと感じた大分トリニータ

2ゴールの林、元アビスパの末吉、新加入のダニエル。

と、良い動きをしている選手が多かったです。

ここは、さすがに上位のチームだなと感じました。

これでまた、プレーオフ争いから後退したアビスパ。

ここで勝たずして、どこで勝つという試合を落としました・・・。

次節、中 2 日で下位の東京ヴェルディ。

負けることがあれば、いよいよ終戦が見えてきそうです・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク