【第29節】アビスパ福岡 vs 横浜FC 遠いプレーオフ圏内

スポンサーリンク

連勝と行きたアビスパ福岡

前節の岐阜 FC 戦に勝利したアビスパ福岡。

プレーオフ昇格圏が見えてきました。

一気にプレーオフ昇格圏内を目指すためにも前節勝利した横浜 FC 戦。

アウェー戦とはいえ、しっかり勝ち点3狙いたいところです。

アビスパ福岡フォーメーション

sec-29-avispa-form

この試合まで、イ・グゥアンソンが出場停止。

前節では不在をそんなに意識することはありませんが、今日の対戦相手の横浜 FCのフォワードは パク・ソンホ。

身長 191 cm ということで、今日はイ・グゥアンソンの不在がどう響くか。

yokohama-park

フォーメーションは前節と同じです。

横浜FC フォーメーション

sec-29-yokohama-form

横浜FC の得点パターンは「セットプレー」

試合前の評価でも特に後半戦セットプレーでの得点が増えているということでした。

アビスパ福岡も今期はセットプレーからの得点が増えているチーム。

フォーメーションは違いますが、似たチーム?なのかもしれません。

決めるところを決めないと

岐阜戦でも坂田が決定的な場面で外してしまうことがありましたが。

決めるところで決めておかないと。

今日も試合開始早々。城後さん・・・。

jogo-losechance_optimized

最近、試合に出ないこともあった阿部ですが、前節も良いクロス上げてるんですよね・・・。

誰か決めてあげてほしい・・・。

ふと、契約解除になったプノセバッチを思い出してしまいます・・・。

ちょっと、嫌な倒れ方・・・

ボールを競り合った際に、古賀が倒れる際に、膝をひねる感じで倒れました。

koga-fusyo

一旦、担架で外に出たのですが。

その直後でした。

セットプレーからの失点

古賀がフィールドに戻って来てすぐでした。

密集地に古賀が戻る前に決められてしまいました。

マークがずれていたようにも見えませんでしたが・・・。

ゴール前の競合いで簡単に横浜 FC の安英学に単独でジャンプされてました・・・。

パク・ゴンが競ろうとはしてましたが。

仮の話に意味はありませんが、イ・グゥアンソンと古賀がいたらどうだったでしょう。

まあ、こぼれ球を押しこまれたところもちょっと不運だったかもしれませんが・・・。

yokohama-first-goal_optimized

失点からリズムが悪くなったアビスパ福岡

試合開始直後は、前からプレスに行って良い形でボール奪取できていたアビスパ福岡ですが。

失点したあとから、横浜 FC に押し込まれる展開が増えてきました。

金森が仕掛けるんですが、ゴール前ではなかなか仕事をさせてもらえません。

左から崩されてるアビスパ福岡

横浜FC の14番小池、17番安英学、27番中島にアビスパの右サイド、横浜 FC の左サイドを突破されています。

3バックのスペースというのでしょうか。

危ない場面も。

right-side_optimized

金森キターッ!!もオフサイド

kanamori-goal-offside_optimized

なんだか今日は、ゴールが遠そうだなあ。

同じコーナーキックですけど・・・

コーナーキックという形も同じでしたが。

やられたのが安英学。

yokohama-goal-2_optimized

最初の時も、単独で簡単にジャンプされていましたが、2点目も。

競っているのが同じパク・ゴンだったので、マークはパク・ゴンだと思うんですが。

うーん。同じミスというか、完全に同じケースでやらていては・・・。

後半、酒井、平井を投入

ターゲットマンを投入でしょうか。

後半始まって早速、酒井にチャンス。

sakai-shoot_optimized

堤からのボールだったんですが、もっと阿部のアーリー気味のクロスに合わせるシーンて見てみたい・・・。

結局、失点にならなかったものの・・・。

この試合は終始、左サイドを突破されていました。

yokohama-side-attack_optimized

このシーン以外にもチョイチョイとやられています。

前半のシーンですが、これも左で小池をフリーにさせてしまっています。

kamiyama-save_optimized

三嶋、中原、パク・ゴン。

といったところの連携でしょうか・・・。

確かに横浜 FC の連携が良かったというのもあります。

後半も押し込まれ気味で終了

後半、スコアは動かず、2-0 で終了。

平井、酒井、森村と攻撃的な選手を投入したものの変化は与えられず・・・。

最近、平井が後半からでてきて点をとるというシーズン序盤に何度か見たシーンが、今はご無沙汰です。

森村からよいパスもあったんですが・・・。

morimura-hirai_optimized

残念ながら今日は、完敗

7位まできたものの、9位転落・・・。

まだまだこれからですが・・・。

ちょっと、この数試合負けはなかったんですが、「勝ち切れない」というのが今のアビスパの現状でしょうか。

逆に横浜 FC は10位へ順位アップ。

まだまだプレーオフ争いは混沌としてますね・・・。

ただ、徐々に1試合で入れ替わるという状況でもなくなっています。

特にプレーオフ圏内の4チーム、ジュビロ磐田、ギラヴァンツ北九州、ファジアーノ岡山、大分トリニータは勝ち点51、49、47、45。

トリニータでも勝ち点4位上離れています。

九州勢が2チーム入っているのは誇らしいですね。

しかし、アビスパから見るともう、1試合ではひっくり返らない差です。

これからシーズンも終盤に向け激しくなっていくと思います。

これ以上は離されたくないところです。

次節は、そのプレーオフ圏内のギラヴァンツ北九州。

九州勢同士の争い。アウェーとはいえ負けられませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク