【第28節】アビスパ福岡 vs FC 岐阜 結果と分析

スポンサーリンク

プレーオフ昇格圏から離されないためにも勝ちたいアビスパ福岡

この数試合負けていない福岡アビスパ。

負けてないというだけで、勝ち点はあまり積み上げられていません。

引き分けが多いというわけです。

なんとか中位ですが、ここで負けてしまうと一気にプレーオフ昇格圏争いから取り残されかねません。

過去の対戦成績では勝ち越している相性の良いFC岐阜。

そろそろ勝ち切っておきたい第28節です。

そういえば・・・。

前節から気がついたのですが、古賀が出場するときはキャプテンは、古賀。

だったんですが。古賀が居ても城後がキャプテンマークつけていますね。

城後がキャプテンである。ということでチームでも何か話し合いがあったのかもしれませんね。

sec28-first-view

アビスパ福岡のフォーメーション

前節の長崎戦のイエローカードで、イ・グゥアンソンが出場停止です。

sec28-avispa

長崎戦でダブルボランチだったパク・ゴンが3バック右へ。

古賀が先発定着してきました。

個人的には、「堤は左が良い!」という願いがプシュニク監督に伝わったかたちで嬉しい限りです。

前節もそうですが、押し込んだ時や高い位置でボールをダッシュした時にパスの基点になれる堤は「攻撃の始まり」という意味では中央より、サイドが活きると思います。

あと、武田が城後と並んで配置されています。

なんとなくですが、坂田がシーズン前半担っていた「走り回る」を武田が後継したんでは?と思っています。

FC岐阜のフォーメーション

sec-28-gifu

形的には、シンプルな 3-5-2。

怖いのは、ナザリトーへニキのライン。

前節の群馬戦でもこの2人で点をとっていたようです。

ナザリトは高さもあるので、イ・グゥアンソンが居ない今日は、高さが怖いです。

あと、前節でもちょっと触れたのですが、あまり3バック相手に結果が良くないアビスパ。

本来4バックだったと思うのですが、サイドバックの三都主は怪我のようです。

試合開始すぐ先制点

前節のV・ファーレン長崎戦では、1回しかなかったコーナーキック。

ゴロで入れたボールを坂田がワンタッチ。

金森が 2 度蹴りこんでゴール。

kanamori-goal_optimized

幸先の良いスタートです。

ナザリト対策はバッチリ?

要注意なナザリトにあまりボールを触らせないで試合が進んでいたので、ナザリト対策はバッチリ!?

と、思っていたら、サイドの裏を獲られて、クロス。

FC 岐阜の遠藤のシュートがそれたので助かりましたが、ナザリトだけが的ではないぞと・・・。

endo-shoot_optimized

今日の放送はほんわかムード?

今日は、なんだかピッチリポーターの「森田みき」さんが絡んでくる回数が多い(笑)

選手のコメントや、ちょっとした小話を挟む森田さん。

私個人的には好きなんですけど、コメント内容がどちらかというと、選手の内輪なコメントが多くてほんわかします。

すごく選手と密着した取材をされていてるんだと思いますが、それが逆に近すぎて親戚の人のような感じが。

そのへんが良いんですけどね。

前半、城後が再三裏へ

長崎戦でもそうでしたが、城後が裏へ走ります。

阿部は3試合ぶりの先発ですが、阿部 ー 城後のラインというのは熱いですね。

ゴールに繋がると、もっと良いんですが・・・。

jogo-freerun

カウンターでも魅力な阿部

カウンターのアーリークロス。

シーズン後半から、すごく通っていると思います。

ただ、ゴールに結びつかないのですが・・・。

abe-cross_optimized

このシーンも決まっていれば・・・。

武田と阿部はポジションでも被る部分があるので、起用も難しそうです。

武田もハードワークでの貢献が目立ちますし、プシュニクの戦術理解が高いのかプシュニクが信頼しているように見えます。

フリーキックの時などはよく、武田と直接は話をしてますからね。

決定機が入らない坂田さん

先の長崎戦でもいい形でシュートしたんですが。

今日も決定的な場面で外してしまいました・・・。

sakata-poorshoot_optimized

岐阜の宮沢も、さすがにこれには苦笑い?

smile-miyazawa

今日も神山様々

GK が目立つというのは、チームがピンチということで。

神山本人も良くないということは言ってるそうですが。

立て続けにナザリトに3度裏をとられたシーン。

後半ナザリトの裏への飛び出しをカバーしきれていないところ。

この前にもゴールマウスに飛ばなかった2本がありました。

まったく同じ位置で3度。

まずい!

という状況でしたが、今日も神セーブ。

kami-save_optimized

後半、酒井が入ってきましたが・・・。

フレッシュな分、すごくハードワークするんですが、いまいちボールに絡む機会が少ないです。

長崎戦でもハードワークはしていたんですが。

やはり、裏を狙うのはあまり得意じゃないみたいです。

足元にパスが入ったりこういった、ヘディングのシーンは存在感あるんですけどね。

sakai-heding

途中交代しない城後が

ちょっと心配なのが基本途中交代しない城後がキツそうな感じで交代。

過去城後と一緒にプレー経験のある解説の中払さんも、ちょっと心配してました。

前半、何度となく裏を狙っていたので、疲れはあると思いますが。

あまりキツそうな感じをこれまで出していなかったので、ちょっとコンディション悪かったんでしょうか?

change-jogo

結局後半は、お互い譲らずノーゴル

そのまま、試合終了。

アビスパ福岡は勝ち点 3 点をとれたわけですが。

お。7位浮上?ですかね。

試合としては後半は両チームともボールコントロールのミスが目立ちました。

雨でピッチ状況が悪かったというのもあるかもしれません。

岐阜のナザリトも注目されていましたが、ミスシュートが多かったです。

しかし、アビスパは毎度神山に救われてますね。

もしかしたら、今シーズンの アビスパMVP かもしれません。

次節はキングカズのいる横浜 FC 戦。

カズの出番が無いようにしっかり勝ちたいところ。

そろそろプレーオフ昇格圏入っときましょうよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク