【第24節】アビスパ福岡 vs 湘南ベルマーレ 試合結果レビュー

スポンサーリンク

J2 では圧倒的な湘南ベルマーレにどこまで食い下がれるか

さて、現状J2においては充実ぶりが底光りしている湘南ベルマーレ。

このまま行くと、勝ち点120をシーズン終了時に到達するそうです。

前節ではアウェイにて 2−0 で完敗。

現状3連敗中のアビスパとしては、全く勝てる気がしない!

というところですが、さて、どこまで粘れるでしょうか。

現状首位相手とはいえ、勝たなければ洒落にならない。という状況ですが。

アビスパ福岡のフォーメーション

sec-24-fukuoka

とりあえず、前回アウェイにて帯同しなかった石津が先発。

前節から3日しか開いていないので、怪我というよりは温存策だったのでしょうか。

それと同時にこの3連敗中、個人的にウィークポイントにあげていた坂田がスタメンから外れています。

これまた、3日しか間のないスケジュールの問題でしょうか。

なんだかんだベテランですからね。

また、金森、石津が先発しているところとしてはやはり、押し込まれる展開からのカウンター狙いでしょうか?

湘南ベルマーレのフォーメーション

sec24-syonan

湘南ベルマーレ。けが人が多いということですが、前節で対戦した時からは、2列目の大槻にかわって、岡田。

ボランチの位置に永木に変わって、岩尾。

2選手が変わっています。

首位独走中の湘南ベルマーレですが、強すぎるからなのかそれともそういうシステムなのか。

なんと、アシスト王が3バックの左である三竿。

syouna-misao

3バックの左が攻撃参加している証拠なんだと思います。

フリーキックをけっているというのもあるかもしれませんが。

とはいえ、3バックの左の選手がフリーキックを蹴るというのも珍しいかもしれません。

アビスパの攻めのスタイルは・・・

よく積極的なプレスと解説されるんですが、正直そういったプレーが良い結果を引き出したシーンはあんまり見たことありません。

個人的に記憶しているのは、今シーズンプノセバッチがゴール前のチェックから城後のゴールを生んだ1シーンぐらいです。

プレッシングが上手く言ってないので、そこからのショートカウンターもあまり無いかと。

じゃあ、どういうのが理想なのかというと、このシーン。

avispa-attack_optimized

自陣で奪ってカウンター&サイドアタックです。

あまり高い位置でのボール奪取を意識しても上手く言っていないので・・・。

アビスパはクロスが多いけど成功率が悪いといわれますが、正直、クロスを積極的に売っているというよりは、攻め手がなく仕方なくクロス。

という展開が多いだけのような気がします。

このシーンは阿部のクロスがゴール前入ります。

石津がフィニッシュしきれず終わったんですが・・・。

比較的 DF が揃いきらないうちのアーリークロスはそう悪くないように思います。

石津、金森という選手はドリブルも出来ますし、スピードがあります。

ターゲットとして酒井もいれば、金森はサイドからのアーリークロスに飛び込むということもこなすと思います。

結構ダイレクトプレーもこなします。

ならば、こういった「強い相手」に限定せずカウンターを軸に攻めた方が、選手も活きる気がするのですが・・・。

城後はサイドでも・・・

サイドバック的に置くことはあまり賛成は出来ないのですが、サイドアタッカーとしては優秀だと思います。

運動量も多いですし、こうしたサイドからのカットインなども上手いと思います。

jogo-freerun

今日も神山様々

前半の片手一本。

kamiyama-save-sec24-2_optimized

後半早々、フリーキックから。

今日も神山のセーブが冴え渡ります。

いい GK がいると安心感ありますけど、やっぱ打たれすぎ・・・。

kamiyama-save-sec24

湘南の攻撃パターンの豊富さがうらやましい・・・。

前半、得点を与えなかった。

というのはアビスパとしては良かったのですが、アビスパと湘南の差は結構あるなと感じるシーン。

サッカーの違いもあるかもしれませんが、アビスパの試合ではこういうゴール前に人数かけて、セカンドボール拾ってミドルシュート。

ってあまり見ません。

ないわけじゃないですが、ここまで豪快なシーンがなかなか無い・・・。

shonan-midle_optimized

シュートは 湘南 DF の遠藤です。

すでに5得点しているとか。

わかる気がします・・・。

アビスパの DF はイ・グゥアンソンのヘディングはありますが・・・。

2得点。

DF で点を取る必要もないんですが、どこからでも点をとてるチームですよね。湘南ベルマーレ。

また、今日は枠に飛びませんでしたが、ミドル打たれましたね・・・。

syounan-iwao_optimized

押し込めているというのもあるとは思いますが、押し込めるだけの運動量と、正確性の高さがありますよね。

アビスパは結構 FW で収めるときにパスミスって言うのが多い・・・。

このへんがビルドアップしきれない原因なきがします。

後半、少しボール奪取位置をあげた?

前半は上手くボールを取る位置というのが、自陣少し入った位置くらいで人数かけれていたのですが、後半から少し前。

センターサークルより少し前にあげたでしょうか?

それとも、体力的な問題なのか。

それとも湘南が戦い方を変えてきたのか。

ちょっと、ボールを取る位置が前半ほど安定しない印象。

ちょっと、中原、武田に変わって、ボール奪取能力の高い選手を入れたいとこですが・・・。

FW に 平井 坂田 をいれる展開?

後半、平井、坂田を交代選手として入れてきました。

交代したのは、金森、酒井。

ただ、試合展開としては前半ボールが取れていた位置で取れなくなり、FW にボールが供給されないのが問題な気がするので、そこを変えても・・・。

と、うーん。という感じだったんですが。本来なら、中盤の守備的な位置かビルドアップができる選手を阿部に変えていれるとか。

って、そういう選手がいればですが・・・。

武田退場

平井を投入した直後に、武田が退場。

結構突っ込んだスライディングするんですが、今日は裏目でしたね・・・。

おそらく、ボール奪取を急いだあまりだったんでしょうが。

これはちょっと、タイミングが悪い。

takeda-out

一人で違いを出せる石津

石津の守備から。

平井 → 石津。

ishizu-shoot

相手の足にもあたっていましたが・・・。

武田の退場後

結局3枚目の交代カードを切りませんでした。

守備的な選手を交代であまり切らないプシュニク監督。

古賀など入れても良いかと思ったんですけど。

まあ、湘南相手にパク・ゴン、堤、イ・グゥアンソンが踏ん張っていたので DF は交え難かったと思います。

ボランチは武田が退場しているので、代わりに ボランチの選手をと考えても良いのですが。

ただ、ボランチタイプの選手はベンチにおらず・・・。

うーん。いまさらですが、福岡のベンチの薄さを感じざるえません・・・。

首位の湘南相手に退場者だしても引き分け

これは大きいですね。

ホントは勝って欲しかったですけど。

湘南自身も今シーズン初の引き分けです。

試合内容も、最後は防戦でしたが、前半の試合運びは悪くなかったと思います。

次節はアウェイで愛媛戦。

ここで、勝ってこそ、今日の勝ち点1が活きるというもの。

是非、日曜は勝ちを獲って欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク