【第23節】アビスパ福岡 vs 京都サンガ 分析と結果

スポンサーリンク

現状順位的には下位とはいえ、自力は上と思われる京都サンガ

バドゥ監督を解任した京都サンガ。

森下監督代行から、川勝監督へ。

川勝監督といえば、2006年 アビスパ福岡を率いた監督です。

残念ながら、J2 へ降格した時だったので、そういった意味で記憶にある方多いかもしれません。

京都サンガとの対戦は、第2節での対戦でした。

バドゥ監督が就任して浅かったというのもあるかもしれませんが、サンガの戦術は、大黒が裏を狙うだけのシンプルな面が多かったように思います。

それでも何回か、裏やられていたんですが・・・。

この時の試合はなんとか、平井のゴールで勝利しました。

【第2節】アビスパ福岡vs京都サンガ戦の結果分析

アビスパ福岡 フォーメーション

sec23-fukuoka-form

前回の京都戦は 4 バックで戦ったわけですが、シーズン中盤からの3バック。

3バックに変えてから非常に守備が安定したんですが、この数試合負けが続いています。

前節の試合からの変更点といえば、サイドだった城後を中央で起用しています。

城後のユーティリティな起用は良いのですが、ちゃんと固定してあげたほうが良いのでは・・・。

また、今回石津がチームに帯同してないようです。

調子悪いのかもしれません・・・。

京都サンガのフォーメーション

sec23-kyoto-form

監督が交代しましたが、以前と同じフラットな4−4−2。

右サイドだった 7番の駒井が左サイドバック。

左サイドだった山瀬、センターハーフの位置に入っていたジャイロが不在です。

前回の対戦でジャイロは良い動きしてたように思いますが・・・。

その後評価も高くなかったようです。

ベンチにも居ないみたいですが、退団?

そういったニュースを探すんですが、ちょっと見当たらず。

入り方は、珍しくアビスパが仕掛ける

もうこの数試合ずっと、試合開始から相手ペースというのがアビスパ福岡。

しかし、今日は積極的にシュートを打つなど、ここ数試合では見られない試合の入り方。

というより、少し京都サンガがおとなしいのかなと。

カウンターからの人数のかけ方など、アビスパ福岡の方が圧倒していたように思います。

アビスパは前から激しいサッカーなのか?

テレビ観戦していると、だいたい解説の方(今日は中払さん)が「アビスパのサッカーは前から激しく守備をするスタイル」と、言うんですが。

もう J2 も半分すぎましたけど、正直「前から激しくプレッシングする」試合ってほとんど見たこと無い気が・・・(前半戦で数回みたくらい)。

pressing

この日は、京都のホームということで暑さの問題もあったかもしれません。

守備人数などの状況も関係もあるかもしれませんが、上の図のように京都サンガがセンターサークル付近にボールを運んでも、守備ブロックをつくることを再優先にしている様に見えます。

高い位置からプレッシングするならこのくらいの位置はチェックをかけても良い気もしますが・・・。

ボール奪取位置もそう高い位置には設定してないように見えます。

案外、そういうサッカー最近はしてないようなアビスパ福岡。

ヌルーっと、展開しているなと思っていたら

暑さ対策なのか、ゆっくり気味な試合だな。

と、思っていたら、ヌルっと試合が動きます。

オウンゴールでアビスパが先制。

kyoro-goal_optimized

ちょっと両チームとも暑さのせいか身体が重いのか、ヌルーっとした感が否めません。

酒井のヘディングも・・・

入っていればというシーンなんですが。

なんだか京都の DF に厳しさがないというか。

sakai-head-loop_optimized

ちょっとチェックが甘いようにも思えます。

京都サンガの攻撃は、「裏へ大黒」

京都の攻撃ですが、基本的には裏に走りこむ大黒。

というのが主体のようです。

J2 の得点王ですので、ターゲットであることは間違いないですが。

そういった意味ではフォーメーションも大きく変わっていないので、バドゥ監督から劇的に変わってないのかもしれません。

後半押し込んできた京都

先制されたからなのか、当初のプラン通りなのか。

京都サンガが押し込んできました。

前半の後半から徐々に攻撃にリズム出てるかなと思ったんですが、後半になって1段階ギアが入った感じです。

前半より、シンプルに 3 バックの裏へボールを入れてくるようになりました。

右も、左も完全に主導権とられたため、アビスパ福岡は手も足もでず。

後半スタートから、15分ぐらい、コーナーキックをとるまでアビスパ福岡マイボールに出来ませんでした。

後半、15分で坂田交代

この数試合、坂田に対して厳しい見方をしていたのですが、今日はそんなに悪くない。

と、おもってました。

どちらかというと、後半入ってなかなかマイボールに出来ないところを、セカンドボールを拾いに行ったり、裏へ走ったりと結果は出ないものの可能性は感じていたんですが。

平井を坂田とかえて投入。

守備面でどうかわかりませんが、右サイドに坂田を置くとか良い気もしますが。

京都サンガはドウグラスを投入

新加入のドウグラスを投入。

徳島ヴォルティスからやってきたドウグラス。

身長のある選手だったので、大黒の前でポジショニングする感じかなと思っていたのですが、逆。

大黒の後ろに入りました。

大黒が動いて出来たスペースに、大黒を囮にに飛び込んできました。

これは結構迫力があって怖いです。

douglas-offence_optimized

京都サンガ同点ゴール

ktoro-sakai-goal_optimized

同点ゴールはコーナーキックから。

途中交代で出てきた山瀬から、バヤリッツァを経由して、酒井。

バヤリッツァについていたパク・ゴン。

途中まで一緒に走ってましたが、完全に「ライン割るな」。

という対応をしてしまいました。

競らなかったところを折り返されて、ゴール。

酒井の入り方を見ても、練習しているパターンですよねー。

京都の狙い通りと行った感じでしょうか。

後半押されっぱなしのアビスパ福岡。体力も限界?

逆転ゴールのシーンですが、

京都の高い位置からショートカウンター。

kyoto-short-counter_optimized

ボール獲られたあとの城後、中原の足が完全に止まってますね・・・。

後半の消耗を高い位置からのプレスが原因と解説の中払さんのコメントだったんですが。

うーん。確かに攻撃時に結構人数かけてますが、そんなに運動量多いかなあ・・・。

確かに、京都と比較して多いか。位だったような。

むしろ、京都は前半かなりローギアでスタートしてましたからね。

仮に、めちゃくちゃ走ってましたという事なら、間違いなく無駄だらけですよね・・・。

どちらかというと、後半ボールを取れなくて守備に追われている時間が長くてバテてませんかね。

特に中原あたりは。

そして、ドウグラスが入ってきたところから心配していたシャドーの動き。

大黒が一旦、右で DF ひきつけて、ファーに入ったドウグラスには誰もついてませんでした。

というか、そのあと、ドウグラスよりファーへ移動する大黒の動きを誰もフォローしていません。

ドウグラス居なくても、後ろの大黒が決めたんじゃないでしょうか。

douglas-goal_optimized

DF も完全に対応しきれていないところを見ると、かなり疲れてますよね・・・。

何度も繰り返しますけど、前半圧倒するくらい動いてましたっけ?

最後は大黒でフィニッシュ

ooguro-goal_optimized

DF ライン揃わないところを使われました。

というか、戻れてない。

前試合のファジアーノ戦もそうでしたけど。

終了間際での失点が多いですね。

って、これ去年と全く同じ。

夏場に一気にダウンするってこれ何か問題があるとしか思えないですよね。

かといって、元気なときに相手を圧倒するくらい動いてるかというとそうでもない。

あとは、サイドやられすぎたのが痛かったでしょうか。

サイドの三島、阿部に負担かかっているのか。

それとも個として、京都のサイドに負けていたのか。

ちょっと問題多くてどこから解消していくのか・・・。

次節は、ホームに湘南戦を迎えての試合ですが。

この分じゃあ、あまり期待できそうにないなあ・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク