【第22節】コンサドーレ札幌 vs 大分トリニータ 小野伸二の J 復帰戦を観戦

スポンサーリンク

7月の3連休はサッカー三昧

基本九州のサッカーを盛り上げたいと思っているんですが、この7月は九州のサッカーチームはポイントの試合が多いですね。

サガン鳥栖ーヴィッセル神戸 は上位対決。

アビスパ福岡ーファジアーノ岡山も上位対決。

大分トリニータは最近勝ちが無いなか、小野伸二が復帰するコンサドーレ札幌戦。

ということで、やっぱ小野目当てではあるものの、トリニータ戦も見とかないと!

ということで、大分戦のレビューです。

大分トリニータのフォーメーション

sec-22-ooita-form

注目はラドンチッチ。

大宮アルディージャから移籍してきて1週間程度ということですがどのくらいフィットしているか。

190cmを越える大柄な体格が特徴ですが、大宮では得点とれていないんですね・・・。

どことなく、アビスパ福岡を契約解除になったプノセバッチを彷彿とします。

出身国も南ヨーロッパのセルビアとモンテネグロと近いですしね。

コンサドーレ札幌

コンサドーレ札幌のフォーメーションは4-2-3-1。

sec-22-sapporo-form

小野は 3 の左です。

左サイドですが、下がってパス交換にも入ってきます。

ono-position

高く張るというよりは、守備でもゴール前まで戻って積極的ですし、センターハーフ手前からビルドアップから積極的にボールを運ぶことに関与する感じでしょうか。

前半はコンサドーレ札幌ペース

どちらも速攻をベースにしているようですが、ポゼッションはコンサドーレ。

大分はラドンチッチへのロングボールや、カウンターが目立ちます。

ラドンチッチとの連携がまだ構築されていないようで、MF 伊藤 が中央に入り込むと完全にかぶるシーンが。

結果はラドンチッチがボールを受けるんですが、そのすぐそばで伊藤がかぶるというシーンが多々。

もうちょっと連携できれば良いと思うんですが・・・。

kaburi

kaburi2

一進一退?で前半終了

お互い速攻が持ち味というのもあるんでしょうが、試合展開が早く、あっという間に前半終了な感じです。

どちらかというと、コンサドーレ札幌が押し込みきれなかった。

という印象でしょうか。

後半、大分のリズムが良くなる

アビスパ福岡の試合でもそうだったんですが、大分トリニータって後半急にリズムが良くなるんですよね。

この試合も後半リズムが良くなりました。

コンサドーレ札幌の GK 金山の好守に阻まれますが、急に動きがよくなります。

kanayama-finesave-2_optimized

パスが流れるようになりました。

ラドンチッチを中心に空中戦も、優位に。

kanayama-finesave-1_optimized

kanayama-finesave-3_optimized

コンサドーレはやはり決めきらず

後半、大分トリニータの動きが良くなった感もありますが、コンサドーレも負けてません。

ただ、決めきれない・・・。

小野らしいシュートも枠外。

ono-shoot_optimized

前半から動きがキレてる内村も。

uchimura-shoot_optimized

ようやくコンサドーレ札幌が先制

決めきれないなーと思ったら、コンサドーレに先制点。

宮澤が逆サイドでフリーでしたが、絶妙な位置にグラウンダーのクロス来ました。

miyazawa-goal_optimized

ようやく入った1点。

という感じです。試合運び的にどうするかなーと思ったんですが、コンサドーレは積極的に攻めてました。

2点め狙いです。

逆に、大分はゴール前にブロックを敷く形を崩さず。

前半入り方は良かったんですが、コンサドーレに押し切られて、ラドンチッチが完全に孤立しています。

高松を投入で2トップへ

大分は失点後、すぐ高松投入。

高さのある2人を前に並べるカタチに。ラドンチッチを孤立させない対策でしょうか?

takamatsu

コンサドーレは、CB の奈良がだいぶ攻撃参加してくるので大分としては、そのギャップを狙いたい感じでしょうか?

フォーメーション的には、4-1-4-1 から 4-4-2 な感じです。

大分は選手を入れ替えるも

後半に入って、DF に変えて、MF の選手を投入していく大分。

まずは、土岐田 → 松本。

matsumoto-in

続いて、負傷交代で坂田 → 西。

どれも、DF から MF 登録の選手を投入。

大分の坂田監督は前回のアビスパ戦もそうでしたが、試合中にいろいろ動かして局面を変えるのが得意な監督のようです。

高松が上手くシャドー

大分トリニータの同点弾は、末吉からのロングボールをラドンチッチが豪快に決めましたが。

高松がその前に走りながら DF と競って一人潰してます。

その結果、ラドンチッチが高松の開けたスペースに走り込めた。という感じに個人的には見えました。

radoncic-goal_optimized

こういうゴール大好きです。

終了間際でしたが、やっぱり高さって武器です。

引き分けで試合終了

小野伸二の日本復帰戦は勝利で飾れませんでしたが、やはりコンサドーレ札幌のホームは雰囲気が良いですね。

小野効果もあったかもですが、2万人お客さんはいってます。

一方、アビスパ福岡はこの節 およそ5500人。1/4 です。

サポーターの数も、チームの力ですよね・・・。

差を感じてしまいます・・・。

そういう私も、スタジアムに行けてないんですが・・・。

次のホームは参戦したい・・・!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク