【第22節】アビスパ福岡 vs ファジアーノ岡山 結果と分析

スポンサーリンク

前節ではアウェイファジアーノ岡山で引き分け

ということで、今回はアビスパ福岡のホームレベルファイブスタジアムにて4位と6位の対決です。

アビスパにとっては、前回松本山雅FC戦に敗戦しているので何としても連敗阻止したいところです。

アビスパ福岡フォーメーション

sec22-avispa-form

もう定番となった、3バックの 3-5-2。

しかし。

坂田が先発。

前節雑なプレーから失点の原因を作ったプレーヤーすぐ先発させます?

ちょっと、試合前からやな予感・・・。

アビスパが好調だった時は、坂田が負傷して不在だった時なんですけどね。

動きまわるのは良いのですが、守備や攻撃のバランスを崩している要因にしか見えないのですが・・・。

ファジアーノ岡山のフォーメーション

sec-22-fagiano-form

前回12節に試合した時と、前線の久保、石原、DF の久木田の3選手が前回の先発と違うところです。

実は、アビスパが3バックを採用し始めたのは、この第12節のファジアーノ岡山戦から。

前回は、フリーキックからファジアーノ清水選手に得点され、その後なんとか、同点に追いついた試合でした。

さて、今日はどうなることやら。

なんだか、レベスタの芝汚いな・・・

と、思ったらどうも解説やピッチレポーターの方も「芝がめくれる」とのこと。

pich-condission

画像ではちょっとわかりにくいかもですが。

中央部分がだいぶ茶色くなっています。

ファジアーノは左サイドを中心に狙う展開

fagiano-mimura

ファジアーノの左サイド三村&石原の突破が要注意な感じです

城後が対応していますが、今日は城後はこの守備に走りまわることになりそうです。

fagiano-lefside

前半は立ち上がり岡山のはこの位置を狙ってました。

裏取られすぎかも・・・

致命的ではないものの、ちょっと簡単に裏を獲られるシーンが・・・。

ワンタッチで DF 裏をとられます。

今回も神セーブ。

kamiyama-save_optimized

なんだか、岡山のコンディションがすごく良い感じがします。

アビスパのコンディションがイマイチなのでしょうか?

失点はイージーなミス?

先制点はファジアーノ岡山。

左のフリーキックから。

パク・ゴンがクリアを・・・。これはミスと言ってよいでしょう。

堤の足元に落としてしまった結果、こぼれ球をやられました。

first-goal_optimized

ただ・・・。

このフリーキックのきっかけを作ったのは坂田・・・。

競合いでのファールならまだしょうがないのですが。

パスを出した後へ完全にアフターのファール。

城後の視線は完全に遠くをみてますが、ボールはその先です。

sakata-after

坂田に対して厳しい評価をしがちだと個人的にも思ってますが・・・。

プレーの切れ目に相手にガツっといってしまう気持ちはよくわかりますが・・・。

プロとしてどうなんでしょう。こういうプレー・・・。

失点後、城後が高い位置でポジショニング

先制されてゲームプランがかわったのか、大きく城後が前線で張る形に。

ゲームの流れもあるでしょうが、最初からそれができれていれば・・・。

というくらいにアビスパの攻撃の基点となり始めます。

jogo-shoot_optimized

だいぶ、攻撃時に前でポジショニングしています。

jogo-positioning

後半は金森登場

前半頭から、金森投入。

なわけですが、ん?背番号13?パク・ゴンと交代?

3バックはどうするんだろう?

と、おもったら4バック。

4back-avispa

それも右から城後、イ・グゥアンソン 堤 阿部です。

なぜ、ここにきて、前半戦あれだけ安定しなかった4バック?

城後が高い位置でようやく攻撃リズムできていたように気がするんですが。

金森、と坂田変えたらよくないですか!?プシュニク監督!!

金森の右サイドってイマイチ良い形見てないんですけど・・・。

セットプレーから同点

金森のドリブルから獲得したコーナーキック。

完全にアビスパ福岡の得点源すね。

i-goal_optimized

流れが良くなくても、得点できるのは強みですよね。

武田のゴールで逆転

4バックどうなるんだろうと、みていたら、あっという間に逆転。

珍しく?

高い位置で裏にぬける動きしてました。

最後相手 DF にあたってますけど・・・。武田のゴールで良いですよね。

takeda-goal_optimized

これは仕方ないか・・・

せっかく逆転したんですが、ファジアーノ片山のミドルシュート。

katayama-goal_optimized

これは、ちょっとしょうがない・・・。

中原の交代で入った直後の森村がマークを見失ってふらふらしているのが気になるといえば、気になりますが・・・(笑

攻守の切り替えは4バックの方が良い?

アビスパ福岡ですが、4バックの守備は前半安定しませんでした。

ただ、この試合を見る限り攻守の切り替えは4バックの方が早いみたいです。

特に、3バック時よりカウンターがスムーズです。

その点では、こちらの方がプシュニク監督の求めているサッカーに近いのかもしれません。

昨年を彷彿とする展開に

昨シーズン、夏場までは8位だったアビスパ福岡。

そこから失速して14位だったわけですが。

その時の悪い癖と言ったら、終盤間際の失点・・・。

頭をよぎるなという方が無理だなと思っていたら・・・。

後半85分。

ファジアーノ岡山の左サイドからのアタック。

堤が走ってきた選手をケアしていたんですが、城後と入れ替わり。

この段階で、この選手のマークがあやふやに(ちなみにこれがゴールを決める押谷)。

jogo-loose_optimized

完全に裏。のケアが・・・。

そのまま、堤がチェックに前へ出るのですが、裏にいた押谷は完全フリー。

おそらく、城後はパスが流れたと思ったのでは?

oshimoto-goal_optimized

結局、このまま試合終了。

アビスパ福岡、後半の初戦黒星スタートです・・・。

逆転したのに、再逆転での敗戦・・・。

これはしんどいっす。このままズルズル行けば去年の二の舞い・・・。

城後は本職サイドバックじゃないですけど、じゃあ、これが、三島だったらよかったのかというとそれも・・・。

やはり、4バックは選手の資質と合ってない気が(そういう意味ではイ・グゥアンソンも)。

次戦は、アウェーで京都戦。

またまた上位チームとの対戦ですが、まだまだ7位。

次こそは勝利をー・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク