【第21節】アビスパ福岡 vs 松本山雅FC戦の結果と分析

スポンサーリンク

この数試合の調子の良さが試される上位チームとの1戦

さて、好調が続いているアビスパ福岡ですが、4位の松本山雅FCとの1戦です。

現在のランキングから見ると、

1位 湘南ベルマーレ
2位 ジュビロ磐田
3位 松本山雅
ーーー勝ち点7差
4位 ギラヴァンツ北九州
5位 アビスパ福岡

という感じです。

J2は混戦とはいえど、微妙に上位3チームとそれ以下には自力に差がある感じです。

そういった意味で、この松本山雅FCは、今後上位にどれだけ迫れるか。

アビスパ福岡にとっては試金石となりそうな試合です。

アビスパ福岡のフォーメーション

sec21-avispa

この数試合安定した結果を出している3バック。

しかし。あれ?

試合開始してちょっと気になったのが3バックの並びが変わっている?

堤が左サイドにいるような・・・。右にいるような・・・。

と、ポジションが安定しないなと思っていたら。

どうも、松本山雅FCの背番号9 サビアをワンマークのようです。

matsumotoyamaga-sabia

松本山雅FCのフォーメーション

sec-21-matsumoto

サビアをワントップに、船山、岩上がダブルシャドー。

右には田中隼磨がいます。

tanakahayama

オシム監督の頃、代表に呼ばれたせいもあるのでしょうが、非常に走る選手イメージ。

アビスパは先日の試合では、左サイドからの突破が良かった感じですが、このサイドは激しくなりそうです。

サビアへのワンマークは良いが・・・

アビスパ福岡が守備でワンマークをしているイメージはあまりなし。

急に慣れないことをするのは、ちょっと怖いのですが。

前半早々、守備でやや「?」な展開が。

堤がずっと、サビアを見てサイドへ流れるのを追っていくのかと思いきや。

ふっと、サビアのマークを外すシーン。

もちろん、フリーで走るサビアにパスが来ます。

out-22_0-73_optimized

画面左で右往左往する堤。

堤は途中までサビアに付いて行こうとするんですが。

中央の状況見て、カバーへ走っていきます。

おそらく、中央の人数が多かったのでそちらを優先した判断だったとは思いますが。

4バックで戦っていた序盤戦のアビスパ福岡。

この頃、こうした誰が相手選手をチェックするかが定まらないシーンを何度も見ているのでドキリとします。

様子を見ているのか、序盤は押し込まれがち

これはアビスパの癖とおもっていましたが、最近は作戦なのか?

と、思うくらい序盤は攻め手がないのか、攻めないのか。

DF ラインからロングボールを入れるぐらいしか、アビスパの攻撃に特徴はありません。

今日の松本山雅FCでは、コーナーというカタチにつながっているので、まだ手段としては有効かもしれません。

フリーキックから先制点

キッカーがロングシュートの狙える武田。

パスというのは松本山雅の選手にはなかったかも・・・。

壁の間にいた堤に、上手くパスが入りました。

tsutsumi-goal_optimized

押し込まれ気味なのに、先制してしまうのは前節水戸ホーリーホック戦と同じ展開。

調子が良いというのはこういうことなんでしょうか。

0-1で前半終了かなと思っていたら・・・。

なかなかセカンドボールをとれずにコーナー含めて、4回センタリングを上げられて失点。

ちょっと、最後のヘディングは DFも 振られて競れなかった感じでしょうか・・・。

out-24_10-69_optimized

終了間際の失点

セカンドボールが処理しきれなかったり、連続攻撃でチェックしきれずに失点・・・。

決定的なミスはありませんでしたが、終了間際守り切る試合運びに持ち込めなかったかなあ・・・。

というのはあります。

もうちょと相手陣地でボール回せればなあ。

ロングボールしかボールを前に運ぶ手段がなかったですからね・・・。

もし、「上位陣」と戦うという意味ではもっと組織としての駆け引きが必要だったかもしれません。

後半開始

後半開始しましたが・・・。

石津を入れて来たものの、明確なボール運びが出来ず。

ロングボールは減ったものの、縦パスを入れても楔で収まらず。

いまいち裏へも呼吸が合いません。

平井を途中から金森に変えて入れてきましたが、この時間帯からはカウンターぐらいでしか攻める形がありませんでした。

交代選手の差?2点目の失点

松本山雅FCの追加点のちょっと前、交代で入ってきた山本のオフサイド。

オフサイドの笛を無視したということで、イエローをもらってしまうプレーですが・・・。

この試合、こんなに裏を綺麗に取られたのは初めてだったんじゃないかと。

サビアの交代で入ってきた選手ですが、スピードがありました。

オフサイドトラップを意識していたとは思いますが、この段階で堤がついていける気がせず・・・。

yamamoto-offside_optimized

ちょっと嫌だなーと思っていましたが・・・。

坂田がチームのために走っているのはわかるのですが

このブログの中でも何度か書いて入るのですが、坂田の雑なプレーというのが個人的に気になって仕方ないのですが・・・。

ポジションチェンジを繰り返して、豊富な運動量はわかるのですが、それが効果的なのかも正直疑問です。

失点は、その坂田の雑なパスから。武田を見ずに足元ばかり見ながらのパス。

中途半端に、なったパスをボールを奪いにチェックに入ったのは、ゴールを決める山本。

武田と交錯する形で、倒れます。

画像中央で倒れているのが山本。ここから起き上がってゴール前まで走ります。

山本より、ゴール手前に倒れているのが武田です。

boalrost

なぜノーマーク?

sakatamiss_optimized

これ、武田がついてくるべきなのではないでしょうか・・・。

クロスを上げる選手には、坂田とイ・グゥアンソンがチェックかけてました。

武田はクロスを上げる選手を見ていて、走りだした山本に気がついて戻っていました。

一緒に倒れたわけですし、これは完全に気を抜いたとしか思えませんが。

倒れてもすぐ起き上がって走りだした相手より、意識が弱かったと。

相手は確かに後半入ってきたばかりのリフレッシュな選手です。

なんだか、これが上位との意識の差なのか!と、おもうと悔しいというか、もったいない!

技術的にやられたわけじゃないんですから。

技術的にいうと、やはり坂田の DF ラインに近い場所へのバックパスが個人的にはありえない。

もっと丁寧に処理すべきだったんではないかと。

上位とはやはり、自力に差が・・・

厳しい見方かもしれませんが。やはり自力に差があると言わざる得ないのかなと。

アウェーで引き分けを取れるところをミスで逃してしまうのはちょっと痛いです。

石津は攻撃の可能性を広げることは出来ましたが、結果には結びつかず。

平井は存在感が出せませんでした。

坂田は敗戦の原因となるバックパス。

一方、松本山雅FCは試合を決めたのは途中出場の山本。

と、交代で入った選手の活躍が最終的な結果になったなと。

失点の際のプレーはチーム内でどう反省されているのか・・・。

前節でもそうでしたが、坂田は途中出場でも使う必要性がないような・・・。

動いてくれるのはわかるんですが、やはり坂田で攻撃が停滞するんですよね・・・。

これ、プレシーズンマッチの鹿島戦からずっとです。

正直、坂田の負傷退場からチームが上向いてますしね・・・。

次節は、今日勝利して、アビスパより上位へ抜けだしたファジアーノ岡山。

これは負けられない戦いになりますよ・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク