【第18節】アビスパ福岡 vs 東京ヴェルディ 結果と分析

スポンサーリンク

世の中 ブラジルWorld Cup 一色ですが、J2には W杯休止期間がありません。

第18節アビスパ福岡は東京ヴェルディと対戦です。

城後が戻ってきましたが・・・

相手サポーターに指立てて、出場停止だった城後が帰ってきました・・・。

最近、チームが上向きですが城後がそこにどう入るのかはちょっと楽しみです。

アビスパ福岡スターティングメンバー

18-sec-avispa

このところ上手く行っている3バックを継続。

個人的に残念なのは、サイドからの攻撃で貢献していた堤が真ん中に入っていること。

いい働きしていたんですけどね・・・。

前節で3バックの中央を務めていた古賀がレッド一発退場で出場できないので仕方ないといえば、仕方ないですが・・・。

イ・グゥアンソンは3バックのサイドに適正あり?

守備の安定している理由は、イ・グゥアンソンがセンターバックより、3バックの方が適正が高いというのがあるような気がします。

4バックでセンターバックの2枚に入るよりポジショニングが安定しているように見えます。

城後は攻撃的なポジションで

予想フォーメーションでは城後は中央の MF に入ってますね。

出場停止前は、守備的な起用もあったわけですがこの日は攻撃的なポジションに。

本人は前で試合に出たいということは言っていましたが、そうしたギャップがメンタル的に鬱屈させてましたかね・・・。

というのは擁護し過ぎかもですね・・・。

東京ヴェルディのフォーメーション

18-sec-verdy

4−2−3−1です。

試合内容を見る感じだと、4枚の守備ブロックをしっかり引いて、2枚の守備的 MF でしっかりプレスをかけていく。

というのがベースにあるようです。

ボール奪取した後は、シンプルにサイドに展開して、サイドアタック。

サイドに意識を集中させて、守備的な MF の上がりを待つ。

というのがオプション的な展開。

といった感じでしょうか。

前節のサンガ戦の様子だと、あまり上手く攻撃が繋がっていないというのが印象ではありますが・・・。

試合後気がついたんですが・・・。ベルディに久永がいる・・・!

全然知りませんでした。

ベルディのコーチに久永いるじゃないですか。

hisanaga-verdy

アビスパ福岡の初期の時代に鹿児島実業から入団した久永。

5年ほど在籍してその後は、チームを転々としましたが、

選手生活の晩年にも2年ほどアビスパに在籍。

その後地元鹿児島で指導者として活動していると聞いていましたが、今シーズンから東京ベルディに在籍しているんですね。

アビスパ的にも懐かしい顔です。

試合はゆっくりかなあ・・・と思っていたら、アビスパの一方的な展開に

特に激しくは動かない前半かなーと思ってみていましたが、コーナーからの1点から大きく動きました。

それもアビスパ側へ。

プレースキックから大量得点。

まずは、城後。

コーナーキックのこぼれ球、というかクリアが当たってそのままゴール。

jougo-goal_optimized

続いて酒井。

これは、金森が上手く相手を誘ってヒールでアシスト。

sakai-goal_optimized

更に2試合連続で金森が頭でゴール。

kanamori-goal_optimized

4点目もセットプレー

酒井のが触ったかな?と思いましたが、公式記録はオウンゴール。

ネットは揺らしませんでしたが、ラインを超えたという判定。

sakai-goal2_optimized

さらに後半入って5点目。

酒井の2点目

sakai-goal-2_optimized

ということで、セットプレーから4得点。

これは、アビスパが良かったというよりヴェルディが明らかに何か問題を抱えてるとしか思えない状況です・・・。

城後の指立て事件も同じですが・・・

こういう展開でわからないのでもないですが・・・。

ヴェルディの安在選手のこの行為。

アビスパ贔屓だから、やり玉に上げているわけでなく。

yasuda-poor-play

19歳ということで血の気が多いのはわかりますが・・・。

ヴェルディが低迷する理由がわかります。

これは強いチームのメンタリティじゃないすよね・・・。

正直、城後の行為も。
チームキャプテンやってるわけですから・・・。

チームの程度が知れる。と、なってしまいます。

大量失点してしまっている状況で気持ちもわからないではないですが、泰っさん、それでいいのか?

と、思わずには居られません。

jリーグもこういった行為ははっきり映像に残っているわけで処分対象でしょ?

やって良い、悪い以前にこの先スポーツ選手として上に行く上でそのメンタルティで良いのか?

という悲しみが大きいです・・・。

審判も、審判で。

イエロー出ましたけど、レッドでしょう。これは。

これが決まっていれば文句なし・・・

後半中原から入った狙いすましたクロス。

nakahara-cross_optimized

クロスの精度が悪いと言われるアビスパ福岡ですが・・・。

サイドバックが上がる→手詰まって、とりあえずクロス。

という消極的なクロスが多い気がします。

こういった後ろ目からのアーリー気味のクロスもっと増えても良いかと。

選手が密集していないのなら、石津のような小柄な選手でもポジショニングでヘディングまで行けるわけです。

ちょっと前だとリバプール時代のオーウェンだって、何度もアーリークロスに飛び込んで点とってました。

ブラジルW杯初戦のクロアチアとか、ブラジルもアーリークロスっていうのは普通に活用してましたし!

パスサッカーもいいですけど、こういうプレーがもっと見たいところです。

次節は水戸ホーリーホック戦です。

この調子で連勝と行きたいっすね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク