【第15節】サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸 福岡からお隣サガン鳥栖の試合を観戦してみる

スポンサーリンク

ワールドカップが終わったらJリーグ見よう!

ということで、いつも毎週土曜はアビスパ福岡戦の日なんですが。

今節の J2 は日曜開催。

ということで、今日はちょっと浮気してサガン鳥栖戦を観戦です。

J1 再開戦ということで、鳥栖の今後を占うためにも要チェックです。

鳥栖の順位は現在2位

今季調子の良い鳥栖は現在2位。

今日対戦するヴィッセル神戸も好調4位。

ナビスコカップでは、3−2で鳥栖で敗戦している相手。

是非、今日は勝って後半戦の弾みにしたいとこではないでしょうか。

J2 と何が違うって、J1 の応援は迫力が違う

今日の試合はヴィッセル神戸のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」。

非常に多くのサポーターが入っていて 応援の迫力が J2 とは全然違いますね・・・。

人も多いなあ・・・。

ちなみに今日は、クリムゾンフットボールクラブ10周年記念し合いということで、ヴィッセル神戸はホームですが、いつもと違う「緑」のユニフォームです。

特に試合前に詳しい説明はありませんでしたが、ヴィッセル神戸の運営会社が10周年ということかと。

サガン鳥栖のフォーメーション

sec-15-sagan

4−5−1です。

毎回観戦していませんが、安田選手が鳥栖に加入して、良いプレーを見せているみたいです。

金民友との左サイドアタックに期待したいです。

ヴィッセル神戸のフォーメーション

sec-15-vissel

こちらも4-5-1。

昨年からの昇格組であるガンバ大阪が低迷してますが、神戸は上位。

違いがあるとすれば、マルキーニョスにペドロ・ジュニオールでしょうか?

marcosgomes

昨年横浜 F マリノスの中心選手だったマルキーニョス。

今季も7得点で、得点ランキグ4位です。

ペドロ・ジュニオールに至っては、9得点王争いしてます。

junior

攻撃の中心が出来上がってるあたりが調子が良い要因なんでしょうか・・・?

ガンバは阿部の4得点がチーム1位です。

このあたりが、昇格組の明暗をわけてますでしょうか。

ん?ペドロ・ジュニオールって、まえガンバ大阪だったような・・・。

ちなみにサガン鳥栖の豊田は、8得点でランキング3位です。

toyoda

立ち上がりはヴィッセル神戸ペース?

ヴィッセル神戸のシンプリシオ、ペドロ・ジュニオール、マルキーニョスのラインがやはり強力。

正確な縦パス入れてきます。

逆に、鳥栖の守備固いなー。

というのも強く感じました。

崩されるシーンもあったんですけど、足伸ばしてきます。

tosu-diffence_optimized

シンプリシオ良い選手ですねー

昨年のセレッソ大阪の躍進を支えたのはこの人だったんだろうなと。

simplicio

そう思わせるくらい、技術、ポジショニング上手いっす。

遠くの選手も見てますし、ワンタッチで絶妙なとこ通してきます。

今季ヴィッセルは各チームから外国人選手引っ張ってますが、この人の存在は大きいですね。

simplicio_optimized

ワールドカップは GK が目立った大会と言われてますが

この日は鳥栖の林があたってましたね。

out-29_0-111_optimized

minami-save_optimized

しかし、ヴィッセル神戸の攻撃陣充実してます。

日本代表より良いサッカーやってるんじゃないかな・・・。

ペドロ・ジュニオール、上手い・・・。

普段 J2 みてますが、ちょっとJ2 では見れないレベルの個人技です。

前半ほとんど、ヴィッセル神戸ペース

サガン鳥栖はサイドバックもほとんど上がれず、豊田にロングボールを数本入れたくらいで攻撃に関してはほとんど何も出来なかった感じです。

ただ、攻め続けていた神戸が後半、スタミナが落ちた時どうなるか?という感じです。

後半少しサイドバックを上げてきたサガン鳥栖?

気持ち、鳥栖のサイドバックのチェックが高くなったような・・・。

押し返そうという感じが、後半始まってすぐはあったように見えたんですが・・・。

神戸の猛攻にそれもかなわず。

これは、どうなるかなあと思った矢先。

まさしく一瞬の隙というか

後半60分過ぎに先制点上げたのはサガン鳥栖。

豊田が左に開いて、中央誰もいなくなったところに金民友が走りこむカタチに。

もちろん、DF がつくんですが、マークがかぶってしまって、お見合い状態。

ボールが裏に抜けてしまって失点です。

kim-goal_optimized

このカタチを狙っていたわけじゃないとは思いますが、どれだけ攻められてもロングボール1本で何とかしてやろうという鳥栖の執念を感じます・・・。

よく、ロングボールを「単調」と表現さえることもありますが、豊田がサイドに開いて、替りにサイドの選手が中央に入る。

そういった形でマークをずらしているという点はもっとクローズアップされても良いような。

(足元でコネコネしてショートパス回してもマークはずれないですから・・・。)

確かに、見ていて面白いのはヴィッセルのサッカーなんですが、決めるとこ決めないとこうなるという典型的な結果に。

ヴィッセルは失点直後に元ガンバ大阪の橋本を投入。

hashimoto

シンプリシオの後ろに入れて、シンプリシオをもっと高い位置に張り出させます。

引き分けでもおそらく点を取るために準備していた交代だと思われます。

攻撃的な交代で、試合展開としてはヴィッセルが攻めこむんですが、徐々に鳥栖のカウンターがハマりだしヴィッセルはカウンターの守備に走る機械が増えます。

こうなると、徐々に体力もなくなり、前半のような攻撃が出来なくなってきます。

また、鳥栖も豊田もハーフウェイラインを越えて下がってきて守備。

ガッチガチです。

ちゃっかりゴール前11人います。

all-deffence

しかし、嫌な試合展開するなあ。鳥栖。

昔、元日本代表監督の岡田監督が言ってましたが、「Jリーグは守備をちゃんとすれば勝てる」と言っていたことがありました。

実際、守備がこれだけ硬い鳥栖が上に来るのはそれなりの理由があるようです。

ただ、今日は林の日でした。

out-34_225-328_optimized

hayashi

J1 のチームはやはり、迫力が違いますね・・・

普段アビスパ福岡の試合を見ていますが、やはり J1 は J2 にない迫力があります・・・。

アビスパ福岡がここに入ってどのくらいできるだろうと考えるとちょっと怖くなりますが・・・。

お隣佐賀県にも負けないためにももっと上を目指してほしいですね。

もちろん、ここまできたら、鳥栖には、J1 制覇を目指してほしいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク