【第13節】アビスパ福岡 vs カターレ富山 分析と結果

スポンサーリンク

アビスパ福岡に関しては予想フォーメーションはあてにしてませんが

あれ。城後がサイドバック?

過去のプシュニク監督の言動やら、試合の途中のポジショニングでは十分ありえる話ですが、予想フォーメーションからサイドバックに城後の名前が書いてあるのは珍しいですね。

sec-13-avispa-form

結構、選手の談話等で「城後選手には前でプレーしてほしい」的な話も多かったり、プレーの位置に関してプシュニク監督と相談したみたいな話も聞こえてくるんで、前でのプレーが増えると思っていましたがここに来て右サイドバック。

戦術的な面での話とは思いますが・・・。

三島が出場停止というわけでもないので、あまり調子が良くない。ということもあるんでしょうか。

実際、試合開始のプレー位置は右サイドバック。

jogo-sideback

しっかり、最終ラインの右にポジショニングしています。

カターレ富山のフォーメーション

sec-13-toyama-form

4-2-3-1 のフォーメーション。

なんだか、久しぶりに 4-2-3-1 のフォーメーションを見た気が・・・。

結構 4-2-3-1 を採用するチームって J2 では少ないような。

なんとなくトレンド的に多いのかなと思ったりもしてましたが・・・。

どうやら、完全に個人的な気のせい。のようです。

今日もワントップは酒井?

予想フォーメーションでは、坂田のワントップでした。

確かに、守備的な時は坂田がワントップ(カウンター狙い?)なのですが、

攻撃に転じるとサイドから、酒井が中央で張る形になります。

といっても、酒井が右に張っていることも多く、いつもながらの「流動的」。

あと、最近出場機会が増えてきた「アンカー武田」。

この試合ではパク・ゴンが欠場しているので、その代役?

なのかもしれませんが、武田がアンカーに入ることで、比較的中原が右サイドに近い位置でプレーしている感じでした。

2点目はその中原から生まれていたりと、攻撃面では中原の良さを出せるのがこのシステムなのかもしれません。

そんな酒井の先制点

先制点は前半 16 分。コーナーキックから酒井。

sec-13-sakai-goal

イ・グゥアンソンの後ろで待っていた酒井にドンピシャ。

カターレ富山に対しては高さでは結構有利に試合が運べそうなイメージです。

後半プニの投入あるかも?という感じですが・・・。

2点目は、カウンターから中原の縦パス一本

GK 神山からのパスを中原が、縦パス一本。石津をよく見ていました。

sec-13-ishizu-goal

あとは、石津がゴールまで独走。

sec-13-ishizu-goal-2

ボールポゼッションは高かったと思うのですが、ここは奇麗なカウンターで2点目です。

幻の3点目。坂田なにやっとんねん!

と、叫んでしまうシーン。

まずは、フリーキックからの武田のミドルシュート。

takeda-no-goal

3点目!と、思いきやオフサイド。

何がオフサイドだったかというと、シュートのボールをまたぐ感じで、坂田がひょいっと、ジャンプ。

sakata-jump

これが、「プレーした」と見なされオフサイド。

この判定に、プシュニク監督もこの顔。

pushunick

実は、このプレーの前に武田に直接指示をしていたプシュニク監督。

フリーキックに関して、武田に詳細な指示を出していました(ん?何語で話してるんだろう)

多分、狙った通りだったんでしょう・・・。

pushu-takeda

このまま前半終了

アビスパ福岡が圧倒した前半だったと思うんですが。

シュート数は 3 対 3。

うーん。ポゼッションに比較して、少ないかなーと。

ゴールもセットプレイと、カウンターからの2点。

贅沢ですが、崩す形が欲しいところです。

後半、富山のカウンターが・・・

富山のプレシングが機能してきたのか、前半ほどスムーズに攻撃がつながらなくなり、逆に富山のカウンターの餌食に。

カウンターと、サイドチェンジから大ピンチ。

しかし、イ・グゥアンソンがナイスカバー。

守備面で、ブログ内でチクチク言ってきましたが、こればかりはナイスプレイ!

counter-clear

と、イ・グゥアンソン今日はいいな!と思ったら

PK 献上しちゃいました・・・。

うーん。ただ、ちょっと判定厳しいなあーというのが正直な感じです。

確かに引っ張ってる感はあるんですが・・・。

i-pk

後半、予想通り?プニ登場

後半、攻撃的な選手を入れ替えてきたアビスパ。

森村 → 平井
酒井 → プノセバッチ
武田 → 光永

新人の光永、J2試合目です。左サイドで何度か、見せ場あったんですがまだまだ活躍とは言えない感じです。

予想通り、プノセバッチが出てきたんですが、イマイチ高さを活かす場面がなく。

平井も効果的な仕事はできてない感じでした。

後半、攻撃が停滞しましたが、裏へ抜ける選手が減るっているのかなというのが印象。

光永が入って、坂田がボランチに近い位置に下がったのも影響あるかと。

プニ、平井もそんなに裏に出るタイプじゃないので、その辺で停滞したかなーという感じです。

あと、何度か決定的な場面を作られたりで、守備も安泰とは言えないのかなと。

2-1 で勝利したものの、課題は変わらずというところでしょうか。

前半、後半で評価が分かれがちなアビスパ福岡

久しぶりの勝ちゲームなので、素直に喜びたいところですが。

相変わらず、前半、後半で調子がガラっと変わってしまうのが気になります。

さて、次回は5月18日(日)アウェーでいまだ連勝中の湘南戦です。

ここでアビスパが連勝止めたら、面白いんですけどねー。

京都、磐田と上位陣に負けてないワケですから、ジャイアントキリングをぜひ・・・?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク