久しぶりの日本代表戦を見て感じたアビスパ福岡との違い

スポンサーリンク

そりゃ日本代表とは大きな差があるとしか言えず

あまりサッカーの試合で「代表戦」というのはあまり見ません。

アビスパ福岡の試合は欠かさず見ているのですが、代表戦はなかなか見るに至らず。

なので、最近の日本代表の試合や場外で起きているゴタゴタはせいぜい Yahoo! ニュースで知っているくらいです。

ただ、今回は「本田、香川、岡崎」が先発から落ちる。

と、聞いていたので次の世代が台頭するきっかけになる試合かも知れない。

そう思って普段めったにしない「番組録画」を観戦してみました。

普段どうしてもアビスパ福岡の試合ばかりを見ているので、そこがベースとなるのですが。

日本代表とアビスパ福岡の違い

最近の試合は観ていないけど、香川、本田の動きが悪い。というのは何となく方々のニュースで知っていました。

メンバーが代わってどうなんだろうと思ったのですが、日本代表の前半は動きもスピーディーで躍動感もあり、気迫を感じました。

日本代表にも世代交代のタイミングが来ているんだなーと思いつつ、アビスパ福岡とココが違うなと個人的に感じたのは・・・。

球際の強さ(上手さ)

日本代表が「球際に弱い」と聞いたことはあれど、「球際に強い」というのはあまり聞いたことはないですが。

ただ、当たり前ながら日本を代表する選手たち。

アビスパ福岡と比較すると、この球際が強いというか、上手い。

「球際に強い」とか良くいわれますが、今回久しぶりに日本代表戦を見て実感できました。

また、「球際に強い」というと、個人的には「個の強さ」をイメージしていたんですが、チームとしても「球際に強い」という概念があるのかも。

そう感じました。

まず、足元にちゃんとボールを入れてくる。

最終ラインからのビルドアップの場面などですが、アビスパ基準で見ていると「パスコースがない」と、感じることがあるんですね。

あれ、森重はここからだれにパスすんだろう?ロングボール蹴るのかな?

と、思ってしまうんですが、それはアビスパ基準。ロングボールは蹴りません。

相手がある程度プレスして、パスコースがなくても狭い位置をグラウンダーで通すんですね。

また、それがちゃんと足元に入る。

もちろん、相手が近くにいるのですぐプレスを受けるんですが、パスの受け手も正確にトラップするし、相手にとられない。

それどころか、場合によっては、相手を交わして前を向いてしまう。

この辺は「技術」の差を感じました。まあ、当たり前だろうと言う話しなんですが。

そして久しぶりに見た代表選で感じたのは、「球際の強さ」というのは個人だけでなくチームとして「ボールを保持する」と言うことを考えると、パスを出す側も重要だよな。

ということを再認識しました。

いくらフィジカルが強かったり、ボディバランスがすごくても、雑なパスじゃ相手にとられてしまいますから。

もちろん、パスをもらう側、出す側の意思統一ということも重要だと思います。

そういう観点で見ると、やはり日本代表は格段に「球際が強い」というか「上手い」。

フォローが早い

球際が強いという話しにも繋がるかもしれませんが。

球際の強さというと、ボールこぼれてイーブンな状況になったとき、どれだけマイボールに出来るか。

という話しもあると思うんですが。

前半、自陣ゴール前で吉田が、ゴールラインギリギリでボールキープして酒井へパスしたシーンがあったんですが。

japan-1

このとき、酒井の周辺にフォローがなく、ボール自体もやや相手側に流れ気味。

アビスパ基準でみていると「あ、ボール取られる」という感覚なんですが。

と、思った瞬間久保がフォローに。

酒井は孤立することなく、パスという選択肢をとれるようになりました。

アビスパでいえば、城後の位置でしょうか。

右サイドで中村北斗が孤立気味になる事がしばしあるんですが。

右サイドは城後が前線に上がっているという攻撃の事情もあるのですが・・・。

アビスパ的な感覚でいくと、孤立無援になりがちなケースに、久保がサーッと戻ってきて驚きました。

japan-2

戦術の違いはあれど、危なくなりそうなシーンでのフォローは早い。

これまた酒井の所なんですが。

日本代表は、DF とボランチの間でボールを保持されると、すぐさまセンターバックが飛び出してボールホルダーをチェックします。

このとき、DF ラインに穴ができるのですが、ココをサイドバックが埋めるスピードも早い。

吉田が飛び出しても酒井がスッと詰める。

japan3

アビスパはこのあたりの守備の連動がルーズになりやすい。

ケースバイケースかもしれませんが、もう一枚の CB が詰めるのか、サイドが詰めるのか(シチュエーション的にはCBの事が多いようにも見えるんですが)はっきりしない事が多い。

結果、そこから致命的なプレーを相手に許してしまう。

それと比較し、日本代表の味方の空けたスペースを消すという動きの判断、スピードはアビスパとは段違い。

ただ、日本代表の守備はココがちょっとポイントなのかなと。

一試合見ただけなので、必ずそうとも限らないのですが。

CB の飛び出して守備をした場合など、空いたスペースをサイドバックがケアする約束事?があるようで。

サウジアラビアが中央に寄りがちだっったこともあるのか、長友、酒井が中に絞る事が多かった気がします。

中央に気が行き過ぎて、外が軽くなることも。

前半、相手のパスが中央に入ってから、外にパスという形で日本の守備陣が中央に寄ってしまって、サイドから良いクロスが入りました。

相手が触られたら、失点しかねないケース。

ただ、思ったのはどこかに人数をかければ、その逆は人が少なくなるわけで。

これはある程度仕方のないこともあるのですが、アビスパの守備はこれを全てカバーしようとしている傾向もあるのかなと。

もちろん、そんなことは考えていないと思いますが、個人レベルでの判断が徹底されていないのか、その場その場を何とか対応しようとした結果、すべて後手後手という風にもみえなくない。

日本代表のシーンでも、結果サイドが空いたのですが、中央には人数いるので、個の場合クロスやドリブル突破のタイミングで絶対ストップする。

という割切りがある程度チームで共通認識であるように見えました。

そこは仕方ないけど、ここで絶対競り勝つ。

という勝負どころを共有できていると表現したら伝わるでしょうか。

もちろん、世界基準で見ると、日本代表でもそこはまだ甘いのかも知れませんが。

アビスパは相手に形を作られると、そこからなし崩しに後手後手になる印象があります。

「こうなったら割切って対応する」。

という選手同士の認識ももしかしたら、大きな差なのかもしれません。

CB の質が高い

吉田選手などは、CB として批判の対象になることも多いですが。

とはいえ、海外でプレーする代表選手。

やはり、DFラインとボランチの間にボールが入ってきたときの対応は早い。

躊躇なく、DF ラインからでて相手にチェックをかけます。

ボランチもボランチで、CB のチェックと合わせ相手を挟みに行くので、人数かけて守備ができていました。

アビスパの場合、ここで CB がチェックをかけきれず、後退しかできない状況に陥ることも多い気がします。

また、かけたとしても、ボランチと連動しておらず単発だったり。

濱田は、シーズン後半のヴィッセル神戸戦、柏レイソル戦で「待つ守備」であっさりやられました。

そういった意味では、日本代表の CB はこの試合において後手にまわることは少なかったです。

センターバックが安定して守備できると、チーム自体がが安定しますね。

アビスパの補強ポイントは CB?

現状、アビスパ福岡の目立った補強の情報はありませんが、やはりセンターバックの補強は必須なんじゃないかなと。

特に井原監督継続のもと、「守備」を意識したチーム作りをするなら、間違いなく必須な気がします。

日本代表と比較すれば、全てにおいて物足りなく見えてしまうかもしれませんが、その中でも CB の動きは違いが大きかったように思います。

日本屈指の DF を呼ぶことは難しいかも知れませんが、外国人選手を入れることを考えても良いかも知れません。

とはいえ、限られた資金の中で補強するなら攻撃陣なのか。

もちろん、既存戦力をどれだけ維持できるかというのも J2 に降格したチームとしては気になるところですが。

ベトナム遠征も終わりそろそろ来期の話しが聞こえてくるでしょうか。

中原秀人、阿部巧の契約終了は寂しい限りですが。

来期をどう戦うのか。その青写真を見たいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク