ルヴァンカップ アビスパ福岡 vs FC 東京戦 2 試合にみるアビスパ福岡のステップアップ

スポンサーリンク

ルヴァンカップ FC 東京戦から次に活かせるものとは?

アビスパ福岡のクラブ史上初めてのカップ戦「ノックアウトステージ」進出。

クラブとしては歴史的な試合だったわけですが。

結果はトータルスコア 1 – 3 で準々決勝敗戦。

リーグ戦の状況が火の車だけに、リーグ戦とは関係ないとはいえ勝ってチームにとって良い状況を作りたかったところですが…。

アウェーで 1 – 1 で引き分けたメリットを活かすこともできませんでした。

課題はいまだに山積しているというのが実情のようですが…。

そんなルヴァンカップのホーム&アウェーの 2 試合をまとめて振り返ってみたいと思います。

出来は悪くなかった第 1 戦

まずは、第 1 戦。敵地で引き分けに持ち込めたことは非常に大きかったんですが…。

それ以上にチームとしての戦い方をまたひとつ前にすすめることができたというのが大きかったと思います。

ただ、点がなかなか取れなかったというのは大きな課題。

三島のゴールはファンとしては嬉しいビッグプレーでしたが、そう何度も期待できるプレーではないです。

その前になんだかの形でゴールを奪っておきたかったというのが井原監督の本音のような気もします。

この試合で良い出来だったのは、前線からのプレス。

完全にリトリートするアビスパの守備陣。パスを入れる隙を探していた FC東京。

下がってきたボランチにパスを預けようとしたところ。

5 – 4 – 1 でブロックを形成している状態から為田がチェックに飛び出したシーン。

avispa-press

流れからみて、パスコースはほぼサイドのプレーヤーのみ。

パスコースは限定されていたので、亀川が素早くチェック。

相手に自由にプレーさせず、最終的にボールがタッチを割ってアビスパボール。

これまで全く無かったわけではありませんが、このルヴァンカップの FC 東京戦でアビスパはこの数試合ほぼ放棄していたといっても良い「前からのプレス」を敢行。

相手がパスを入れてこない限り守備に行かないパターンが多かったのですが、この試合では前から守備を行っていました。

前の選手が動けば、後ろの選手も、その動きに対して連動する。

高い位置からプレスを仕掛けるという事に関しては上記の動きは、アビスパにとって理想の展開だっと思います。

FC 東京からの最終ラインからのパスが甘くなれば、すぐさま距離をつめてプレッシャーをかけて奪う。

avispa-check

これは終始チームとして徹底していたと思われます。

後半に入ってもこの守備は FC 東京からすると厄介だったはずです。

ボールを後ろに下げてたところを詰めてプレス。

avispa-press2

金森のコース切りから、城後がパスカットしたシーン。

直近のリーグ戦の試合では、アビスパはリトリートする一方で効果的なプレスができず。

また、リトリートする以上奪う位置が低すぎて攻撃に繋げられないという悪循環にありました。

しかし、この日はその悪循環を断ち切る動きができていたように思います。

実際、高い位置で奪ったあとは、攻撃も良い形で展開できていました(精度が伴わないという大問題は残りましたが)。

FC 東京にボールを持たれている感じはあったものの、「アビスパの型」に持ち込めていたところも多かったように思えたのですが。

後半あっさり失点

しかし、後半 GK からのゴールキックからあっさり失点してしまいます。

ゴールキックからの競り合いがこぼれて、FC 東京ボールに。

前田がボールを持って、シュートを選択。

この時逆サイドには、中島がいます。

ゴール前なので、正面に入っていた中村北斗が中島に対してマンマーク気味でついていても良かったとは思ったんですが。

最初は北斗の前にいた中島。

ボールがこぼれた段階では北斗も中島の位置を把握しています。動きとしても中島を意識しているように見えました。

hokuto-position

前田にボールが出ると、北斗はボールサイドをみる形に。

hokuto-position2

そこで一瞬、あらためて自分の周りを確認するんですが、背後を中島に取られているのは気がついていない?

おそらくですが、このタイミングで中島の位置を見失っています。

その結果、最終的に後ろから走ってくる中島に対して後手な対応となってしまいます。

これは、北斗が絡む失点パターンとしては典型。

自分とボールサイドの間に居ない選手。

つまり、自分の後方のケアが非常に甘いのが中村北斗の悪い癖だと思っています。

誰かが見ているはずと思っているのか、自分の後ろには誰も居ないはずと、認識しているのか判りませんが、とにかくボールサイドばかり見てしまうため、真後ろに配置した選手に全く気が付かず、隙の多い対応から危ない場面を招くことは多々。

実際、こうした失点を招くことが多い。

今シーズンも同じく FC 東京の平山にクロスボールに対して後方から走りこまれて、慌てて競るも、ほぼフリーでヘディングされてしまうことがありましたが。

もう、昨シーズンから何度も起きているシチュエーションですが、これはだれか注意する人はいないのでしょうか。

身体の向きをもっとゴールに対して平行にするとか、首を振る回数を増やす(後ろも見る)とか、注意ひとつで改善しそうな気もするんですが。

中島が後ろで構えていると判っていれば、ポジション的には有利な位置に居たはずなので、先にボールに触る事はできたと思うんですが。

チームが良い形を作れていただけに、非常に残念…。

目立つ最後のミス

相手にボールを渡す。

という戦術をとっている以上、自分たちにチャンスは早々やってこないわけですが。

ボールを味方の足元に確実に入れられるダニルソンのパス。

それをちゃんと止めて、相手を振りきってボールを運んだ冨安。

tomiyasu-buildup

アビスパ福岡にしては、精度の高いプレーだったんですが…。

hokuto-lost

若い選手がしっかり繋いだボールだけに、最後のクロスをベテランがこういうプレーで終わらせてしまうというのは、残念。

これだけではなく、最後の精度の部分をちゃんと高められていれば、もっと結果は違ったと思うんですが…。

北斗に限って言うと、右サイドにボールが入っても効果的な対応ができませんでした。

パスも安定しない。クロスも精度を欠く、仕掛けるワケでもない。

久しぶりの先発だったので、果敢に攻めて欲しかったですが。

この試合でアビスパはゴール前までボールを運ぶのですが、最後のフィニッシュに精度が足らず。

前半のうちに 1 点でも取れていれば展開違ったのかなと。

これは、第 2 戦目にも言えることなんですが、結局最後の精度が伴わないので、攻撃自体に「怖さ」がない。

おそらくこれは、対戦した相手の DF からすれば楽な相手だと思います。

多少、ゆるく対応しても決定的な形にはならないわけですから…。

中村北斗、城後が抜けてから展開がワイドに

第 1 戦で印象的だったのは、中村北斗に変わって下坂が入ってからのプレー。

その後、城後に変わって坂田が入り、サイドに金森が入って、そこへ三島。

三島は最終的には、同点弾を決めるわけですが、その前の下坂が入ったあたりからアビスパのパスがだいぶワイドになります。

下坂から逆サイドへ展開することもあれば、下坂が右のスペースへ走りこんで、そこに長いボールが入るという形が増えます。

1 つ理由として考えられるのは、城後の動き。

城後は一応、守備時にはサイドをケアしますが、上がるときはすでにサイドではなく、中央めがけてゴール前に上がっていきます。

まったく無いわけではなないですが、サイドのスペースには走ることは少ないです。

城後が中央まで上がるので、スペースはありそうなものですが、中村北斗はあまり上がりません。

個人的には、ゴール前でボールを失うと、城後の空けたスペースからカウンターを喰らう事もあるので、バランスを取っているのかなと。

思っていました。だから、アビスパ福岡の右サイドはそこまで積極的な動きがないと。

左サイドだと、亀川、為田、亀川がが深い位置まで上シーンは多いんですが、右サイドではほとんどありません。

しかし、この「呪縛」が解けてから、アビスパのパス回しは流れが良くなったというか、選択肢が増えたように思います。

左サイドからビルドアップした時に、サイドの選手が中央に切り込むという基本的な動きは変わりませんが、少なくともそのスペースを下坂が利用するようになりました。

avispa-sidechange

こういったシーンは、中村北斗の時はほとんどなかった展開。

劣勢の展開で途中で出場してきたサイドバックに求められる仕事の差もあるとは思いますが…。

ルヴァンカップ 2 戦目の試合中のコメント紹介で、右サイドで自分が孤立することを嘆く北斗のコメントがあったんですが。

下坂が入った時はサイドを使ったワイドな展開が機能していることを考えると…。

試合展開もあるとは思いますが、もっとやり方があるんじゃないかなと。

三島の同点弾は左からのクロスのこぼれ球を、冨安が拾ってから生まれたわけですが。

サイドをワイドに使えていなかったら、この展開にならなかったんじゃないかなーという気もします。

ゴールまでの流れも、一度右サイドでボールをキープして下坂が逆サイドへ。

そのボールをすぐにダニルソンが縦に入れて、亀川がアーリークロスを前線に。

こぼれたところを、三島がドリブルシュート。

と、その前の展開も非常に早かったのも FC 東京の DF 陣を押し込む要因になったと思います。

mishima-goal

引き分けで終えたアウェーゲームからホームでの決戦へ

ここからは、2 戦目の話が中心となります。

注目した点としては、前からのプレスがある程度上手く行った 第 1 戦をどう見ているか。

前回の戦いを受け井原監督が、どういった作戦で来るのか楽しみだったんですが。

個人的には、選手の入れ替えはあるものの、「システムはいじらない」。

という判断になるかなと予想していたんですが、なんと、ホーム戦はシステムを変えてきました。

なんと、4 – 1 – 4 – 1 を採用。

前回の試合では、守備ベースで言えば、5 – 4 – 1 の前へのプレスが結構上手く行っていたので、システムを変えるとは思っていませんでした。

弱者の戦略とは「頭を使うこと」ではないのか?アビスパ福岡の「勝つ気」がない「考えないサッカー」に喝
本気で勝ちたいのかやはり疑ってしまうレベル これは個人的な体験ですが。 スポーツをやっていた方は経験があると思うんですが。 ...

我ながら直近の試合を観る限り 4 – 4 – 2 でリトリートするなら、 4 – 1 – 4 – 1 で良くないか?

なんてことを提案していたんですが、前回の FC 東京戦の形がそう悪いようにも思えなかったので、これは逆に意外な展開に。

ただ、大きな狙いは変わっていないようです。

FC 東京がボールを下げたシーン。

avispa-check

いままでは、金森が単独で追うか、ボランチのどちらかが出てきて相手の最終ラインにプレッシャーをかけたりパスコースを切っていたのですが。もしくは、ボールを縦に入れてくるまで全く反応しないか。

この日の試合は、末吉と冨安が積極的に前に出て、高い位置からプレッシャーをかけていくのが狙いのようです。

イメージとしては、ルヴァンカップ 第 1 戦目より、前でのプレッシャーを強めにしている感じです。

やはり、前回の試合で「前からのプレス」には井原監督としても手応えがあったのだと思います。

ただ、どうしても点を取らなくてはならない FC 東京が前半から飛ばし気味。

アビスパとしては、第 1 戦より押し込まれ気味の展開。前回よりボールホルダーに積極的に寄せられない状況に。

前節では最終ラインからボランチへのパスのところを狙われたいた FC 東京もそこは対策を考えていたと思われます。

ボールを受ける位置も無理にアビスパの自陣に入らず、リトリートしているアビスパの手前にボランチが入ってからビルドアップ。

そこから一旦外へパスをサイドへ振って、リターンをまた素早く展開。

このへんは、FC 東京の中島が低い位置や、サイドの狭い位置でも確実にボールを裁くので、アビスパとしても捕まえずらい。

U-23 の 10 番は伊達じゃないということでしょう。

第 1 戦より、パスのリズムも早く、ボランチもほとんどワンタッチでさばくのでアビスパはいまいち詰め切れず、ディフェンスラインが下がる一方の展開に。

この辺はFC 東京のボランチに 10 番梶山が復帰したのも大きいかもしれません。

最初の失点

押され気味だなーと思っていたら。

前半 30 分失点。

クリアしたこぼれ球を拾われ、ミドルシュートを突き刺されてしまうわけですが…。

ここでは、アビスパの改善と、その弊害が同時にあったようにも思います。

まず、クロスを上げられる直前の形。

アビスパの左サイドから攻撃されるのですが、ニアサイド側にスペースを空けてしまいます。

これは、アビスパの 4 バック時によく起きる現象。

このタイミングでここを狙う相手選手はいないのですが、直近の試合ではここにショートパスを入れられて完全に崩されるシーンが多々。

そこを埋めるための、5 – 4 – 1 だったわけですが。

4 – 1 – 4 – 1 ではダニルソンがこのスペースに戻ります。

avispa-line

中央、丸の部分にダニルソン。

さらに飛び出していた亀川もスペースの部分に帰陣。

そして、さらには冨安、城後と言ったところまでがエリアに帰陣。

その結果、セカンドボールに対応するための人数が足らない事態に。

元アビスパ福岡監督でもある松田浩氏曰く、

ポケット、ポイント、D でいうところの「D」。

ペナルティーアークの部分ですね。ここをケアする選手が末吉だけに。

avispa-clear

城後がクリアするタイミングで、エリア内に 7 人も選手が入った状態に。

avispa-df

チェックに行った末吉がかわされたんですが、次に出てくる選手が誰もおらず。

ボールフォルダーは完全にフリー。

fctokyo-goal

その結果、失点と。

シュートもココしか無いという場所に飛んでいるので、その上手さを褒める事もできますが。

4 – 1 – 4 – 1 でアンカーがラインに吸収されると、5 – 4 – 1 とほぼ変わらないのですが、そのときセンターハーフは何をすべきか?

と、なるのですが、相手が人数かけて攻め込んできているのなら別かもしれませんが、このタイミングではクリアボールを予測した位置にポジショニングしてセカンドボールをひろうか。

相手にボールを取られても、すぐさまチェックに行ってフリーにしないこと。

だと思うのですが。ここは冨安が相手につきすぎて、バランスを崩したようにも見えます。

相手はゴール前に 3 人くらいしか入っていないので、その倍以上の 7 人が戻る前に「次の展開」を予測して動いていれば、もしかしたら防げていたかもしれません。

守備に意識が向く事は悪くはないと思うんですが、「とにかくゴール前を固める」という安易な形でプレーしてなかったでしょうか。

冨安は新潟戦でもマンツーマン気味で相手について、守備のバランスを崩すところがありましたが…。

守備でどういった指示が出ているかにもよりますが、周りを見て状況判断するというのはまだ得意じゃないのかもしれません…。

ちょっと猪突猛進タイプなのかも。

2 失点目も冨安絡みだったのですが…。

avispa-lost

ワンツーマンで守っている以上、競り合いに負けると失点してしまうわけで。

チームが厳しい状態で 17 歳の選手に責任を押し付けるのはどうかと思いますが、ちょっとミス(特にポジションの悪さ)が目立ってきているんではないかと…。

ダニルソンのパスミスの多さ

ミスで言うと、気になったのはダニルソンのパスミスの多さ。

パスミスだけでなく、ちょいちょい自陣深い位置でボールロストしたりするので、怖いのですが。

アビスパの 2 失点目はダニルソンのパスミスから始まっています。

dani-pass

狭い場所を狙ったんだとは思うんですが、ただ、そのタイミングでそこを狙うべきだったのかと。

見ていても、「ん?」というタイミングで出すことがあるのが謎。

感覚が戻ってないのか、衰えなのか…。

自分で取り戻しに行ったんですが、ファール。

そのフリーキックから失点してしまいます。怪我で離脱している事が多い中、コンディションは 100 % でないのかもしれませんが、なんだかんだ後半のビルドアップを牽引していたのはダニルソン。

守備時にボール付近に顔を出す存在感は抜群なだけに、もう少しピリッとしてくれると嬉しいんですが…。

結局埋まらない不足部分

以前、アビスパ福岡の状況を四角い箱に丸いフタでフタをしようとしているようだ。

と、表現したのですが、今日の試合でそのイメージは更に強まりました。

4 – 1 – 4 – 1 は井原監督の中でもチャレンジだったと思うんですが、サイドのスライドの穴を埋めると、今度はセカンドボールがルーズになる。

という形から失点。もっとパシッとハマっていれば、リーグ戦からの弾みにもなったと思うんですが。

結局、後半途中に坂田を投入し末吉を下げ、4 – 1 – 4 – 1 を諦めます。

試合展開もありますが、途中で諦めてしまったのもなんだか中途半端な気も・・・。

ただ、確かにそこから左サイドが活性化しました。

結局、精度が悪いというのは相変わらず。

また、左からクロスを上げるにしても中央に高さがないので、低いボールばかり。

ウェリントンが入ると、それはそれで、前線の動きが少なくなる傾向にはあるので一概には言えませんが…。

こうなってくるとウェリントンの不在が非常に痛い。

5 – 4 – 1 の状態から、サイドに人数をかけている以上、クロスの時にゴール前に詰めているのはせいぜい、ワントップとワンシャドーくらい。

もう少し、前に人数かけられたら良いのですが、そうすると今度は守備が…。

何かが埋まれば、どこかが足りない。

現状のアビスパ福岡の限界を感じた一戦だったかもしれません。

ここからリーグ戦に何を活かすのか

個人的には、5 – 4 – 1 だろうが、4 – 1 – 4 -1 でもよいのですが、前から捕まえに行くというスタイルは捨ててほしくないなと。

最終ラインの押上もちゃんと連動していたので、これまでのアビスパより遥かにシステムの部分は良かったように思います。

もちろん、100 点満点じゃないとは思いますが…。

2戦目では、相手の素早いパス回しに捕まえきれなかったところもありますが、今ならリトリートからゴール前に運ぶ能力はあります。

状況によっては、リトリートしきってしまうというある程度割りきるしか無い場面もあるかもしれません。

ずっと同じペースに見えるアビスパの攻め

以前は試合開始直後は結構、フルスロットルでゲームに入る事もあったと思うんですが。

ここ最近リトリートで試合に入るせいか、アビスパは失点しないとギアチェンジできないような…。

例えばですが、試合開始の 5 分。終了間際の 5 分。相手がペースを落としたときなど。

もっと細かく言えば、味方がフリーで前を見た瞬間とか。

もっとギアチェンジをこまめにできると違うかなと思ったり。

試合の運び方やプレーのスピードが一辺倒に見えるので、もっとメリハリを付けるというか、「ここぞ!」っていうときの迫力というか。

野球の試合は試合展開がはっきりしているので判りやすいんですが、「マー君」がよく日本に居るときにピンチになると、「ギアチェンジ」していました。

あれって野手もだいたい「ここだな」と、判るものです。

メジャーリーグだと、お客さんからもそういったタイミングで拍手がおきることもあります。

試合のターニングポイントだなというのがあるわけです。

おそらくサッカーにもそういう瞬間があると思うんですが…。

アビスパはそういう「流れ」を、傍観しているというか。

押し込まれているときに、「ここ凌ぐぞ!」という迫力が希薄というんでしょうか。

サッカーの流れをつかみきれないというか。

これは、ひいては日本代表にも言えそうな事なんですが…。

香川はこのポイントを海外で人伝いに感じてプレーしているんだと個人的には見ています。

だから、日本代表に入ったときに輝けないと思っています。

自分で、「ここだ!」というポイントを見いだせないから、プレーの波もはげしい。

日本代表もそういったプレーができる絶対数が少ないから、「ここぞ」というプレーに結びつかない。

というのが、個人的な見解です。

本田はそういった意味では、流れを作り出すのが上手いと思います。

その辺を日本がひもとくには、「歴史」も重要なのかなと思ったりもしています。

あと、ゴール裏のサポーターの中にはこのタイミングを見分ける「試合カン」を持っている人が多いんじゃないかなと思います。

いいタイミングで、盛り上がる応援歌とか入れてきたりしますよね。

あの感じです。

もちろん、選手はそれを聞いてからでは遅い訳で。

「ここぞ!」というとき、真っ先にどうプレーできるかが重要なんですが。

ここには、「組織的な戦術」というより「個人戦術」というのも非常に重要になってきそうですが。

それはまた追々記事にできたらなと。

個人的には、サッカー観戦においてこの「流れ」をリアルタイムで読めるぐらいになりたいというのが目標だったりします。

まだまだ勉強不足ですが…。

そこはアビスパと一緒にステップアップできればなと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク