【第7節】アビスパ福岡vsV・ファーレン長崎の分析・結果

スポンサーリンク

バトルオブ九州長崎編

V・ファーレン長崎戦をホームに迎えた第7節です。

早速スターティングメンバーです。

お。平井とプニの2トップ?

avispa-form

と、今期始めて平井とプニを同時に先発です。

長崎の3バックを意識した戦略なんでしょうか。

3バックのチームは、愛媛戦の時以来。

その分、アンカーのパク・ゴンがベンチです。

守備がちょっと手薄?な感じでしょうか。

V長崎は3バック

v-nagasaki-form

3-5-1っぽい布陣ですが、実質 3-4-3 のような形になっていました。

守備が手薄という予感があたったのか

前半早々コーナーキックから、失点。

この失点、直前にキーパーの神山が、フリーの選手を指摘しているのです。

avispa-kamiyama-1

この選手、長崎の奥埜(おくの)が先制手のシュートを放つ訳ですが。

さらにそのあと、城後も気がつく。

avispa-nagasaki-jogo

画面左にもう消えていますが、ショートコーナーのあと、ドンピシャフリーの奥埜にやられます。

ポジショニング的には、堤のマークする選手だったような・・・。

ちょっと、最初の失点から、守備が不安になる形に・・・。

立て続けに失点・・・2失点目も外の選手から

2失点目の直前のシーン。

カウンターの守備なんですが、外側に抜け出した長崎の CB の山口。

長崎の選手がオーバーラップが早い展開。

最終ラインに残ったアビスパの3選手が右に張ったFWをみて、CBはそちらへ。

右サイドのオ・チャンヒョンは、あがってくる選手をマークへ。完全に中央に取り込まれる形に。

avispa-nagasaki-2-dfline

DF 3人がアビスパから見て左を気にする一方で、長崎の DF 山口が猛然と逆サイドを駆け上がってきます。

この反対サイドにオーバラップした山口をフォローできず、やられてしまいます。

城後も戻ってくるんですが、山口の存在をほとんど把握していない感じ・・・。

大げさですが、今日の前半の長崎のカウンターは、ドルトムントのカウンターみたいな迫力でした。

え?背番号2番て。

2点目を決めた長崎の背番号2の山口。

なんと、このカウンターが始まるセンタリングのカットをした選手。

背番号2。

counter-start-nagasaki

ここで、カットしたのが山口。

このあと、猛然とダッシュしてアビスパゴール前まで走ります。

そしてゴール。

しかし、えらい飛ばすな V・長崎。

3点目はもう・・・

集中力切れてるとしか・・・。

GK 神山の隙をついたロングシュート。

ただ、反対サイドにフリーの選手が居たことが問題かも。

完全に DF の付いてない選手が・・・。

avispa-nagasaki-3

左サイドのV・長崎の野田が手をあげています。

誰がこの選手を見るのか判りませんが、ポジション的には城後?

神山がこのフリーの野田に気をとられているところ、ロングシュートで仕留められました。

もう大混乱

DFからのビルドアップの際に、中原にボールを渡さない。

高い DFライン の裏側への飛び出し。

この2点はどのチームもとってくる対アビスパ対策ですが・・・。

V・長崎は、どのチームよりも早く、それも複数人でこれを実行していたように見えます。

通常、裏を狙ってきても1人が抜け出すくらいですが、V・長崎は、2、3人で実行してきます。

とにかく走る。

アビスパの DF まったくついていけてません。

4失点目、マークは揃っていたけど・・・?

オフサイドトラップと思うんですが、画面中央でイ・グゥアンソン戻らず、マークを外します。

avispa-nagasaki-7-4

しかし、その向こうで阿部はマークに走ります。

イ・グゥアンソンが、マークを外したので阿部が焦ってフォロー。

しかし、相手は2人。

Gif 画像でも判りますが、ゴールエリア中央付近で阿部が右往左往。

どちらに付くのかあたふたしていると、そこにオフサイドトラップをかけ損ねたイ・グゥアンソンが戻ってくるんですが・・・。

ただ、直進して戻ってくるだけで、マークはアバウト。

阿部がマークしてると思ったんでしょうか・・・。

そもそもイ・グゥアンソンはどこを見て走っていたのでしょう・・・。

ボールしか見ていなかったような。

前節岐阜戦でも失点にならなかったものの、三島とイ・グゥアンソンで意思がズレるシーンがありました。

サイドバックとはいわず、DF ラインでの連携がイマイチ?なところが致命的な場面で出ました。

5失点目はコーナーキックから

これは、セットプレーからの失点で、特に目立ったミスは無かったかもしれませんが、集中力は無かったんではないかと。

結局前半、ホームで5失点・・・。

これはちょっとひどい。

問題点をあげるなら、前がかりで来る相手にどう対応するか決めていたのか

今回の問題点は、前がかりの相手にどう対応するか決めていなかった?

のかもしれません。

初戦の熊本戦でも前がかりでくる相手に後手になってしまいました。

その反省から、アンカーにパク・ゴンを入れて、裏への対応を厚くしていた。

と、見ていたのですが、今日はそのパク・ゴンがおらず。

まして、FW 平井、プニという2枚を初先発。

守備の面で軽さが出る要因が揃っていたような。

このところ負けなしで得意の九州勢。油断した?

このところ負けなし。かつ、昨年バトル オブ 九州で負けなしだったことで、油断しましたかね。

長崎の奇襲に足下完全にすくわれた格好でしょうか。

ピッチ上で修正をかけることができませんでした。

誰かを中原の後ろに置く。(個人的には城後を下げることができていれば)

といった、オプションを選択できていればもう少し安定した守備ができたんじゃないかなーと。

後半、長崎の運動量が低下

プランもあるでしょうが、カウンターの際にあがってくる選手が激減。

後半開始間際は、まだ、多くの選手がカウンターであがってきましたが、城後が最終ラインの DF をコントロールしてました。

だいぶ、アビスパにも攻めを組み立てる余裕ができました。

さすがに5点差。相手も守備に回ったと思いますが。

また、城後のポジションがボランチ付近に変更。

これを前半の早いうちにとれていれば・・・。

金森・石津のスピードは今後の希望

結果後半にアビスパは2点返します。

最初の1点は、金森のドリブル。

ペナルティエリア内で、ファールを受けて PK。

あいかわらず、坂田が蹴るので、怖いのですが・・・。

他に蹴る人、居ないのだろうか・・・。

2点目は石津の果敢なチェックから。

阿部 → 城後へのクロス。

こうした反撃ができただけでも、次につながりそうです。

右サイドの攻撃も三島で活性化

後半から、三島がオ・チョンヒョンにかわって右サイドへ。

右からの攻撃は安定しました。

最初からこの構成ができていれば・・・。

なぜ、プシュニク監督は FW 2枚のフォーメーションを試したんでしょうか・・・。

FW 2枚は「縦パスのターゲット」?

過去、中原経由でビルドアップがなかなかできないアビスパは、DF からの縦パスを使っていましたが、イマイチ精度は出ず。

基本、サイドへ展開しながらのビルドアップでした。

確かに、縦パスで前線に当てることができれば、攻撃のバリエーションは増えるのですが・・・。

プニがイマイチ、速いパスを足下に入れるのが下手・・・。

今後の構成は

どのチームも、高い DF ラインの裏。

中原へのビルドアップのパス

は必ず狙ってきます。

最近は、中原を経由しなくても縦パスも入るようになっていましたが、安定を求めるならパス先の FW を増やすより、アンカーに守備力のある選手を入れるべきかと。

パク・ゴンはそういった意味では最適ですが、攻撃に関する貢献があまり高くないというのがネックではあります。

パク・ゴンと比較すると、ちょっと軽量級ですが、武田とか使っても面白いとは思いますが・・・。

次節はカマタマーレ讃岐

次節はアウェーで、カマタマーレ讃岐戦です。

未だ未勝利の対戦相手。

ここは、アウェーとはいえ、勝ちをとりにいきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク