アビスパ福岡、天皇杯1回戦勝利に思う期待と不満

スポンサーリンク

天皇杯 1回戦 東海大学熊本に 3-0 で勝利

この日はタイミングよく、レベルファイブスタジアムに行く事が出来ました!

ただ、レギュラーシーズンではなく「天皇杯」。

昨年のプシュニク政権ではあんまり力入れている感じも無かったんですが・・・。

しかし今年は、チーム体制も整って来ているのでおそらく「結構レギュラークラス」の構成で望んでくるだろう。

と、予想していました。

対戦相手が「大学生」という事もあり、舐めてかかると痛い目に合いますが、今後のチーム強化を考えると、レギュラーシーズンでは試せない事を試すにはちょうど良い相手です。

そういったこともあり、普段とは違う取り組みもしてくるだろうなと。

ある意味レギュラーシーズン以上に井原監督の考えている事がわかる試合になるんじゃないかなと期待していました。

そして、新加入のモイゼス。間違いなく使ってくるはず。

ということで、この天皇杯1回戦の注目ポイントととしては、

  • DF システムの成熟
  • 新たな攻撃パターンのチャレンジ
  • モイゼスのプレー
  • これまで出場機会の少ない選手の活躍

というポイントを注目して観戦に行ってきました。

アビスパの出場選手

GK 神山
DF イ・グゥアンソン
DF 堤
DF 田村
MF 亀川
MF 三島
MF モイゼス
MF 鈴木惇
FW 酒井宜
FW ウェリントン
FW 坂田

2015-tennocup-avispa

ここは予想通り、モイゼス出てきました。

DF は 3 バック

個人的には4バックを予想していました。

ジュビロ戦、ファジアーノ戦で導入した 4バック。

ジュビロ戦ではハマりましたが、ファジアーノ戦では脆さを見せました(4バックの、というよりアビスパのという見方もできますが)。

今後 3 バックと使い分けるとしても、4バックは練度を上げておくべきだろうと。

左から、

亀川ー堤ー田村ー三島

という形を予想していました。

おそらく、三島を右の最終ラインに入れてどう動けるのかを見てくるのでは?

と、考えていたんですが予想は外れました。

左から、

田村ー堤ーイ・グゥアンソンの 3 バック。

2015-tennocup-avispa-3back

この先 4 バックは強化ポイントと思っていたんですが・・・。

ただ、この 3 バックにはもうちょっと別の意図もからんでいたようです。

まさかの 3 トップ

出場選手からもわかると思いますが、なんと 3 トップ。

亀川、三島を高い位置へ置いて 3 – 4 – 3。

まさか、3 トップでくるとは。

これまで守備から入っていたアビスパ福岡。

前線に3枚というのは、全く予想していませんでした。

しかし、よくよく考えてみると、確かに前線にタレントが多いのも事実。

アビスパの攻撃的な布陣というのはこれまでなし。

まさしく、新しい形と言えます。

非常に流動的な 3 トップ

最初はウェリントンを中心に、左に酒井、右に坂田。

という布陣だったんですが、この配置は非常に流動的に動いていまいした。

2015-tennocup-3top

坂田と、酒井が逆になったり、坂田、酒井が中央に入ったり。

ウェリントンがサイドに開くという展開もありました。

どうやら守備へプレスをかけた際のバランスや、セットプレーからの戻りのタイミングでポジションをみて入れ替えていたようです。

この日の狙いは DF ラインの裏

3人のポジションがめまぐるしく変わる形の 3 トップですが、いつも以上に狙っていたのは「DF の裏のスペース」。

坂田や、酒井がボールを貰いに下がると見せかけてウェリントンが飛び出す。

ウェリントンが下がると見せかけ、坂田が飛び出す。

といった、縦の関係性を強く意識していたように見えました。

酒井は、ポジションは変えるもののあまり裏への意識は高くなく、中央にもほとんど入りませんでした。

おそらく、坂田とウェリントンのサポートと、左サイドの起点という役割のほうが大きかったように思えます。

3トップ自体、今シーズンのアビスパには全くなかった動きかつ、これまで守備への意識が高かった井原監督の采配。

この日の布陣は、現在攻撃面でも試行錯誤が続いているように見えました。

ちょっと残念だった点

3 トップの試みはすごく興味深かったんですが。

サイドでポジションが被るのか、サイドで攻撃が行き詰まる事も多々・・・。

特に三島がボールをもって、坂田とモイゼスがフォローに来るも人の距離が近すぎて、横パスしか出来ない。

といった感じも。

もちろん、裏に抜けた場面もあり、先制点は三島のクロスから生まれました。

ただ、ちょっと手数をかけすぎている感があり本番では使うのは怖いかなーという感じもしました。

亀川サイドも同様で、酒井を基点に裏のスペースを亀川が狙いますが、効果的なパスは少なかったです。

強いぞ!モイゼス

期待の新外国人モイゼス。

2015-tennocup-moizes

ウェリントンと違って、日本でのプレー経験があるわけでもなく。

情報も少なく、ベールに包まれた存在です。

しかし、この日はフル出場、随所で「存在感」を発揮しまくり。

特に目立ったのは競り合いの強さ。

学生相手とはいえ、ボール奪取から奪った跡のキープからマイボールにするまでがとにかく強い。

対人が非常に強く、球際もガンガン行けます。

ブラジル人コンビとなるウェリントンとの関係性も良いみたいで、何度かウェリントンへスルーパスも供給。

細かいパス交換もできて、これは単なる守備の人じゃないぞと・・・。

この試合だけで言えば、鈴木惇の方がパスミス多いし、ボールにもからまないし、鈴木惇より良くないか?

なんて感じるぐらいでした・・・。

クロスに走りこんでダイレクトボレーを打つシーンもありましたが、身体の後ろ側に流れたボールを空中で身体をひねって、ゴール側へ蹴ってしまう身体能力・・・。

これは、あっさり末吉からポジション取ってしまうかもしれません。

とにかく存在感がアリました。

あえて気になった点を挙げるとすれば、後半途中から存在感が消えた事。

完全に勝ちの展開だっただけに、力をセーブしたんだと思いますが・・・。

スタミナ切れということは無いと思いつつも、時折見せる「ブラジル人らしい狡さ」も垣間見えました。

これが悪い方へ出なければ良いなとも。

試合出場の少ない選手のブレークは・・・

出場機会の少ない選手でこの日楽しみだったのは、三島と牛之濵。

シーズン前はサイドでちょこちょこ出場していた牛之濵ですが、リーグ戦はベンチに入らない事も多々。

この日も後半から亀川に代わって、左サイドで途中出場したものの。

ほとんどインパクトを与える事が出来ず。

ドリブルを仕掛けるも効果的な形が作れませんでした。

ちょっと、今のままだと厳しいかも。

アビスパファンには愛されている選手ですが、正直来シーズンの放出を心配してしまいました。

三島は精力的にアップダウンを繰り返していたものの

東海大学熊本が攻撃の形を作ったのが、左サイド。

つまり、三島のサイドで攻撃を許していました。

学生相手でも守備の軽さが・・・。

攻撃面でドリブル突破はさすがだなー。

と、思わせるシーンもあったんですが、特にポジションチェンジで坂田が同じサイドに入ったときの守備が全然でした・・・。

3 – 4 -3 でサイドが弱いというのは、ちょっとしんどいなーと。

モイゼスと比較してはダメなんですが、全然身体で当たって行けないというのは大きな課題なのかなと。

体格的には小柄な坂田でさえ、学生相手にフィジカルで押し込んでいたんですが、三島の場合、学生のフィジカルとそう代わらない感じが・・・。

中原秀はフリーキックからイ・グゥアンソンのゴールをアシストするも

出場時間が短かったこともありますが、これといったアピールができす・・・。

前回リーグ戦ではバランサーとして的確な動きを見せていたんですがちょっとプレー時間が短かったかもです。

2015-tennocup-avispa-nakaharasyu

平井が不在・・・

あとは、平井が出るかなーと思っていたんですが。

不在。

怪我ではないと思うんですが・・・。

シーズン前にはテストマッチで坂田と2トップで試されていたんですが。

しかし、プレシーズンの大分戦などはかなり出来が悪かった・・・。

それ以降井原監督の中で「戦力外」になりつつあるようにみえる平井。

2014年の補強としては、「良い選手が来てくれたなあー」と、感じていただけにちょっとさびしいです。

まだ27歳。老けこむにはまだ早すぎるとは思うんですが。

前線の選手が多くなり、チャンスもらえてないですね。

控え組にとってはアピールの場になると思ったんですが。日程的にもリーグの合間。

今後のことを考えれば、ある程度レギュラーチームで普段試せないことを試した方がよいという判断もあったんでしょうか。

十分なチャンスがあったとは言えなかったかもしれません。

また、完全にモイゼスに持って行かれましたね。

普段出場機会のない選手がもうちょっと出るかなとも思っていたので、このへんはちょっと残念でした。

3-0 で勝利したものの

いろいろな試みがあって、かなり面白く見れた試合だったんですが、かなり不満な点も。

3 – 0 で勝利しましたが、相手を崩してのゴールはなし。

1点目は、三島のクロスをオーバーヘッド気味にいって、空振りしたウェリントンからの酒井の押し込み。

ちょっと、ボールタッチが大きくなったんですが、東海大熊本の DF の詰めが甘くシュートまで行けました。

2点目は、東海大熊本の DF がボール処理にもたついたところを坂田がチェック。

こぼれたボールが酒井に転がって、2点目。

3点目は、崩したといえば、崩したんですが、完全にイ・グゥアンソンのフィジカルに学生が対応できず、簡単にヘディングさせてゴール。

と、おそらく J2 でもそうそう起こる形のゴールではありませんでした。

その他、崩してからのチャンスが無かったわけじゃないのですが、パスがアバウトすぎたり、シュート精度が悪かったり。

ちょっとピッチの芝が剥げていて、雨も降った後だったのでコンディションは悪かったと思いますが・・・。

それにしても、ゴール前フリーでシュートをほぼ真上に蹴り上げる鈴木惇。

完全に狙いすましたヘディングを外す酒井。

DF ラインの裏に抜け出し、GK と完全 1対1で外す中原貴。

と、攻撃面は非常にルーズ。

酒井は2得点したものの、学生相手でもポストプレーでのボールタッチがままならず・・・。

前線の基点としてはかなり低調でした。

鈴木惇がまったくらしくなく

鈴木惇がこの日絶不調。

パスミスが多く、らしくありませんでした。

フリーのシュートをとんでもない方向にけるわ、東海大熊本はセンターハーフに対してプレスを全くかけてこないことが多々あり、簡単に前を向かせてもらえたのですが。

前線とのリズムが合わないのが、なにか探りながらと行った感じで効果的なパスを出せたわけでもなく。

チェックが緩いところをドリブルで仕掛けることもなく。

DF とのパス交換でも距離感のあわないパスを出して堤を慌てさせたり。

中原秀と変わるまで良い所なし・・・。

正 GK 中村航は盤石?

この日は控えに回った中村航。

試合前、ハーフタイムのウォーミングアップでの動きがすごく元気そうだったのが印象的でした。

シュート練習のゴール前でも「俺がレギュラーだ」的な振る舞いが非常に板についてきて、初めて見た時の「線が細いかなー」という印象は皆無。

数年後代表の GK 務めるんじゃないですかね。

それくらい自身にあふれて見えました。

2015-tennocup-avispa-nakamurakou

今日は、久しぶりに先発の神山。

さすがにこの試合ピンチらしいピンチもなく。

目立つことはなったんですが、相変わらず蹴るボールがそのままタッチを割ってしまうプレーを連発・・・。

中村航からもう一回くらいレギュラー奪い返してくるかなーと、期待していたんですが・・・。

この日の感じでは、ちょっと厳しいかも・・・。

全体的にパフォーマンスは低いと言わざる得ない感じでした。

モイゼスの存在も含め、「フィジカル」で押切って勝ったような感じです。

慣れない 3 – 4 – 3 だったので、手探り感もあったとは思いますが、さてこの試みが今後どうやって活かされていくのでしょうか。

試合後、選手に声をかけて回る井原監督。

もうちょっと喝を入れてやってくれよ!

来場者数は 1500人くらいで全然少なかったですけど、観客席のため息の大きさは聞こえたでしょう。

かなり消化不良でした。

2015-tennocup-avispa-ihara

また、戦い方としては非常に興味深とはいえ、直近の試合で 4 – 4 – 2をベースとして戦っていたチームが、 大学生相手とはいえ 3 – 4 – 3 で挑んだ理由と、今後どう活かしていくのか正直想像もつきません。

次節の天皇杯二回戦は 9月5日に今季 2 勝を上げているジュビロ磐田戦。

そして、翌週はリーグ戦再開の讃岐戦へと続いていきます。

その中で自ずと答えは見えてくるかもしれません。

この試合が「実験的」と言ってもよい内容だっただけに、シーズン終盤どのようにアビスパが戦っていくのか、今後の井原監督の采配に注目したいところです。


サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク