AC ミランの日本人トレーナー遠藤友則さんのブログに思うアビスパ福岡の医療体制とクラブの未来

スポンサーリンク

AC ミランを支える日本人トレーナー遠藤友則さん

以前からAC ミランのトレーナーで日本人の方が活躍されているというのはなんとなく知っていました。

「へー」とは思ったものの。

あまり興味深くそのことを掘り下げてはいませんでした。

しかし、この度本を出されるということで、良い機会なので是非一読したいなと。

ちなみにですが以前、遠藤さんを題材にした本というのは出版されています。

こちらは別の方が遠藤さんのことを書かれたものです。

私、親族に理学療法士がいたりして、スポーツトレーナーという存在にちょっと興味があります。

今回出版される本のタイトルは「考える力」ということで、「スポーツトレーナー」というお仕事とは直接関係はなさそうです。

しかし、一流の選手をずっとそばで見ていた方の視点にはすごく面白そうです。

おそらくスポーツ関係だけでなく、ビジネスマンにも役立つ内容だと思われます。

また、遠藤さんはブログも執筆されています。

【遠藤さんのブログ】
tomendo0001

今回本を購入(発売日は4月27日。kindle で予約)したこともあり、ブログも拝見させていただきました。

J の医療体制

全部に目を通す時間はなかったので最初を読んだだけですが、私が記事には直近で清水エスパレスで遠藤さんが医療チームを作った際のお話が書かれていました。

まだJリーグ創世記の頃のお話らしく、専属の医療スタッフがいるクラブが読売クラブくらいといった話が書かれています。

読売クラブというと、現在の東京ヴェルディですね。

【遠藤さんの記事】
チームドクターの仕事

この記事の中で遠藤さんが気にされているのが、現在の J リーグの医療チームの状況。

私も近年アビスパの試合を追いかけていますが、医療チームのことを気にしたことはありませんでした。

そう言われてみると、いくらファンのチームだといってもなかなか医療体制やそのスタッフまで知らないですよね・・・。

アビスパの医療体制ってどうなっているのだろう。

スポーツドクターや、チームのトレーナーと行った方は裏方の存在です。

ファンと触れ合う機会はそうそうありません。

また、そこまで興味をもつファンも少ないでしょう。

ただ、サッカーに限らずスポーツは怪我がつきもの。

地元のクラブチームには地元の医療関係者からの手厚いフォローがあってほしい。

と、思いたいところですが。

実際はどうなんでしょう?

アビスパのスポンサーには福岡整形外科病院が

何かサイトに書いてあるかなと調べてみたところ、医療スタッフについては特に言及はないようです。

ただ、スポンサーに病院があるんですね。

福岡整形外科病院

【アビスパのスポンサー】

アビスパ福岡公式サイト。試合レポート、プロフィール、スケジュール、チケット情報。

スポンサーと聞くと、「資金を出資してくれる存在」と取ってしまいますが・・・。

実際は、どうなんでしょう。

お金だけではなく、医療という形で何か提供されていたりもするんでしょうか。

遠藤さんのブログには、清水エスパルスは地元の病院と連携して医療体制を整えたとありました。

Jリーグのチームで資金が潤沢なチームはそうそうありません。

まして アビスパ福岡は J2 です。

とはいえお金だけでなく、技術やサービスを提供してくれるスポンサーがあっても良い気がします。

サッカークラブと地元の繋がりって?

遠藤さんのブログの中で清水エスパルスが充実した医療体制をとれたのは、地元の病院の方が「俺らの街のサッカークラブ 清水エスパルス」の意識で対応してくれていたからと書かれています。

やはり地元で愛されているというのは、クラブチームにとって大事なことですよね。

アビスパはそういった意味では何度も地元に助けてもらいました。

あまりにも何度も助けないといけないため、地元の有力企業から愛想つかされている面もあります。

しかし、昨年のように「捨てるかみあれば、拾う神あり」ではないですが救いの手を差し伸べてくれる企業があるのも事実。

アビスパは応援してもらうだけでなく、何よりも「恩返し」しなくてはならないはず。

だんだん、話が医療から地元のサポートへ話がシフトしていますが・・・。

アビスパは今後こうした支援に対して、どういった「恩返し」を考えているのでしょうか。

地元のつながりを説明するフォーラムとか?

現在のスポンサーになって頂いている企業にはおそらく様々な「アビスパへ出資することのメリット」が説明されていることでしょう。

もちろん、そうしたことはフロントが支援を取り付ける中で、最重要課題だったりすると思います。

しかし、ファンにそうした「今後のアビスパ福岡」を語ってもらう機会があっても良いのでは?

とも思います。

そういったイベントはアビスパ福岡はやってないのでしょうか。

まあ、需要がないのかもしれませんが・・・。

地元経済への貢献やら、地域ボランティアやら、おそらくアビスパ福岡が今後存続していく上で「ビジョン」があると思います。

せっかく新社長も就任された事ですし、そういった事をファンに向けて話す場があっても良いような。

あ。もしかして、もうどこかであったりしたんでしょうか。

まだということなら、どうでしょう?広報の方。

やっていないのであれば、開催して欲しいです。

現在スポンサーも増えて、資金に余裕はできたと思います。

もちろん、その恩に報いることも重要だと思います。

ただ、未来のことも考える必要があると思います。

これから先アビスパ福岡というサッカーチームが福岡市にあり続けることの意義とは?

これを今サポーターで明確に語れる人はいないんじゃないかと。

地元に根付くためには、「J1へ行けばそれでいい」ということではないと思います。

もちろん、J1 昇格したり、いつか J1 でも優勝争いできる存在になれば地元での注目度は上がると思います。

そっぽを向かれた企業もまた振り向いてくれるかもしれません。

しかし、現代のスポーツチームが後地元から愛されるためにはそれだけではダメな気がします。

もちろん僅かな要因にしか過ぎませんが、「地元のファンと未来を共有できる」というのはクラブチームにとってプラスだと思いますが・・・。

プレス向けではなくファンへ向けて話してもらえる場があるなら、私は参加したいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク