【第6節】アビスパ福岡vsFC岐阜戦の結果分析

スポンサーリンク

難敵 FC 岐阜アウェー戦

開幕から調子の良かった FC 岐阜。

GK 川口や、DF 三都主などかつての日本代表のベテランを招集し、監督はラモス瑠偉。

kawaguchi-gifu

santosu-gifu

という怖いチームです。

さらに FW ナザリト。

ちょっと J2 には不釣り合いなFW。

もしかしたら、かつてのフッキ級の素材。

nazarito-gifu

この3試合勝ちがありませんが、攻撃力は開幕2試合で6得点、敗戦したモンテディオ戦でも2得点と破壊力があります。

福岡出身の選手 FC 岐阜 田中

FC 岐阜には福岡出身の選手もいます。

tanaka-gifu

遠くの地でがんばっている九州出身の選手。

ぜひがんばってほしいですね。

アビスパ福岡は守備的陣形?

avispa-gifu

桜が満開で、画面からも春陽気が伝わってくる岐阜メモリアルセンター長良川競技場。

アビスパ福岡は前節ベンチだったパク・ゴンが復活です。

前試合は、パク・ゴンなしでもボールまわしはある程度可能でした。

しかし、攻撃力のある FC 岐阜にはパク・ゴンの守備力は安心です。

あと、プニに変わって城後がワントップに。

前節、ちょっとプニの存在感がありませんでした。

また、このパターンはジュビロ磐田戦で採用したパターン。

攻撃のあるチームへの対策なのかもしれません。

前半は、ホームの FC 岐阜ペース

最初は主導権争いが続きましたが、徐々にFC 岐阜のペースに。

再三にわたって、DF ラインの裏に良いパスを出されてしまいます。

短くて速いパスで、どんどん出てくるのはとても去年、J2残留ギリギリとは思えないチーム力。

ナザリトの決定的なシーン。

fc-gifu

ちょっと審判との折り合いの悪い試合?

前半から、主審がゴールキックのやり直しを要求したり、リスタートを制したりと、ちょっと介入ぎみ。

さらに、岐阜 GK 川口が触ってないボールを触っていると判定したり、微妙な場面で逆の判定をしたりとちょっと選手と折り合いがつかない雰囲気でした。

微妙なやりとりで、三都主にイエローがでたり。この前にも触った触らないで、三都主は抗議してました。

前節、横浜 FC から神山様々

後半早々、ナザリトの強烈なヘディング。

しかし、神山がナイスセーブ。

前節の横浜 FC 戦でもナイスセーブありましたが、今日も神様、仏様、神山様状態。

fc-gifu-3

運動量と、状況判断が光る城後

後半10分過ぎ。

裏をとった城後のループシュート。

jogo-ura

裏への飛び出しですが、城後はこのプレーの一番最初。

ハーフウェイ付近でボールタッチしてるんですね。

gifu-jogo

このパスのあと、するすると、DFラインの裏へ。

この辺は上手いですね。

坂田の先制点

後半序盤は、FC 岐阜ペースだったんですけど、徐々に福岡ペースに。

FC 岐阜の運動量が落ち始めた感じです。

jogo-long-throw

ちょうど選手2人が後退した直後に、城後のロングスローから坂田がダイレクトで蹴り込みました。

城後と、坂田の喜びようだと結構練習したパターンっぽいすね。

城後のクリア

FC 岐阜の反撃。

ゴール前、神山がクリアできずにヘディングのボールが無人のゴールへ・・・。

というときに戻っていたのが城後。

jogo-clear

試合中盤から、中盤の位置(ボランチ?)でしたがよく戻っていた&よく走ります。

FC 岐阜の同点ゴール

santosu-goal

三都主落ち着いてよく見てます。

どこが空いているのか。

またそこに正確に蹴り込みます。

元日本代表伊達じゃないっす。

それでも終了間際の勝ち越し弾

2試合連続の終了間際の決勝ゴール。

今日は、石津でした。勝負強い。

gifu-ishidu-goal

なにかと目立たないと気が済まないイ・グゥアンソン

試合終了間際、イ・グゥアンソンにイエローカード・・・。

解説者や実況もよく状況が判りませんが、主審の許可無くピッチサイドの治療から、ピッチに入った・・・?

か、交代の指示を受けたのにプレーした?

ちょっとよくわかりませんが、イエローカード。

本人が悪いのかもよくわかりませんが、イ・グゥアンソンに触れない試合は無いっすね・・・。

今日は審判の仕切りがイマイチでした

試合後三都主が抗議していましたが、審判団の仕切りがイマイチ。

判定もスッキリしないことが多かったです。

次回はよろしくお願いしますよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク