アビスパ福岡、ジュビロ磐田にまさかの逆転負け。残留に向けて厳しい敗戦も、だからこそ選手には誇りをもって戦ってほしい。

スポンサーリンク

この戦いは未来へ続く戦いである

2 – 3 で敗戦したジュビロ磐田戦。

非常に痛い敗戦なのですが、この試合はアビスパの可能性と限界を示した試合でもあったんじゃなかなと思っています。

可能性がないわけではありませんが、非常に厳しくなってきたアビスパ福岡の J1 残留。

しかし、今シーズンの結果がどうであれ、これから先強くならなくてはならないアビスパ福岡。

そのためには、継続性が大事だと思うのですが…。

継続のためには、その先の目標となる「アビスパ福岡がこの先どういったサッカーを目指すか?」は非常に重要だと想われます。

J1 2nd シーズン第 10 節 アビスパ福岡 vs ジュビロ磐田戦から見える「未来」を少し考えてみたいと思います。

予想外だった 3 – 5 – 2

シーズン当初というか、J2 から主に使っていたフォーメーションなので、4 – 4 – 2 で隙ができてしまう以上、リトリートしてしまうのであれば 3 – 5 – 2 で良いじゃん。

というのは自然な考えなのですが。

ただ、個人的には予想外でした。

理由は 2 つ。

3 – 5 – 2 というか守備時に 5 – 4 – 1 になるこの形だと。

  • ビルドアップができない(ボールキープが極端にできない)
  • リトリートしすぎる(押し込まれっぱなし)

というのが課題になります。2 つと表現しましたが、連動した問題でもあります。

これを改善するために 4 – 4 – 2 へ移行し、陣形をコンパクトにして守備をして、選手同士が近い関係性の中でカウンターを狙うというのが今シーズンアビスパが長い時間かけてチャレンジした改善点だと思っていました。

なので、新潟戦、鹿島戦で露呈したサイドに振られた時にスペースを空けてしまうという課題をアンカーを置くことで解決する 4 – 1 – 4 – 1 なんてどうかなと。

弱者の戦略とは「頭を使うこと」ではないのか?アビスパ福岡の「勝つ気」がない「考えないサッカー」に喝
本気で勝ちたいのかやはり疑ってしまうレベル これは個人的な体験ですが。 スポーツをやっていた方は経験があると思うんですが。 ...

サイドのケアでスペースが空いてしまうなら、そこはアンカーを置いてカバーする選手を置く形ですね。

攻撃は犠牲になる面ありますが、もうそんなこと言っている余裕も無ければ改善する見込みも無いので。

守備面において、もっと現実的(泥臭い)手法を考えてみては?

というのが、新潟戦、鹿島戦をみて考えたことに基づいた発想でした。

まあ、これは完全に個人的な机上の空論であって。

実際、井原監督がどう考えたのかは全く判りませんが、3 – 5 – 2 を採用。

確かに、リトリートでガチガチに守る。という点でいえば、4 – 1 – 4 – 1 なんていうこれまでやったこともないシステムよりはるかに実績があります。

ただ、個人的には上記で挙げた 2 点がすごく気になっていました。

せっかく 4 – 4 – 2 である程度コンパクトな陣形で戦えるようにはなっていました。

しかし、3 – 5 – 2 は人数を最終ラインにかけられるものの、4 – 4 – 2 と比較して間延びしたり、前に出れなくなることが多かったのでむしろそちらの方が気になるわけで…。

4 – 4 – 2 の良さをある程度引き継ごうと思ったら、4 – 1 – 4 – 1 なのかなとも思ったんですが。

ただ、そんな杞憂もどこへやら。

この日のアビスパの 3 – 5 – 2 はまずまずの結果を残したと思います。

少なくとも今日の失点は リトリートしすぎた結果ではなかったはずです。

試合開始直後の疑問

最初の失点ですが、試合開始早々にアビスパ福岡は失点してしまいます。

これは、亀川のクリアミスといって良いでしょう。

アダイウトンのスピードにヤラれた感もありますが…。

よく、試合開始、終了間際の 5 分は大事と言いますが。

アビスパは試合開始直後から完全に押し込まれてしまいます。

ほとんどボールを持てない状況が試合開始から続きます。

シーズン当初、3 – 5 – 2 の時のパターンはビルドアップができなくても、前線でウェリントンに放り込んでしまうという形がありました。

しかし、この日はウェリントン不在。試合開始直後からボールが持てなかったのは、その影響もあったでしょう。

とはいえ、過去良かった試合を思い返してみると、試合開始からテンション高めに動いて良い形を作ることが多かったように思うんです。

夏場の時期を考慮してなのか判りませんが、スローな形で試合に入ったアビスパ福岡。

その結果ボールを持てないままクリアミスから失点。

得点確率の高い攻撃がカウンターしかないアビスパ福岡にとっては、どんな試合であっても相手より先に失点してしまうのは自分たちの試合運びを難しくしてしまいます。

試合開始早々失点してしまうのは、避けたかったと思うんですが…。

ゴール前でミスをしてしまうのも反省点であるものの、個人的にはもっとテンション高めに試合には入らなかったこと。

言い換えると、試合開始の 5 分をどうプレーしようとしたかに問題があったように思います。

リトリートでとりあえずしのごうという考えだったとしたら、ちょっと受け入れがたい気もしますが…。

仮にリトリート主体で行こうという作戦だったとしても、もっと前からプレスに出ていれば、結果クリアミスもなかったようにも思うんですが。

前半の入りの部分では個人的な「嫌な予感が的中していた」と言っても良いかもしれません…。

ようやく見えた井原監督の攻撃の形

失点してから、ようやくエンジンがかかることがあるアビスパ福岡。

もちろん、失点後テンションを上げないと、続けざまの失点なんてことにもなりかねないのですが。

失点後、攻撃に転じ始めたアビスパ福岡。その時、ようやく井原監督が理想としていた攻撃の形を見た気がします。

失点後の前半 12 分過ぎ。

右の駒野にボールが入った瞬間。

三門がパスコースを作るんですが、このとき三門は逆サイドをしきりに確認。

avispa-buildup

逆サイドに展開するのかなと思ったんですが、近くの DF をギリギリまで引きつけて…。

mikado-keep

DF を中継して、ダニルソンから逆サイドへ。

avispa-buidup

この形はずっと以前から、アビスパが試みていたビルドアップの形です。

ただ、上手く行くことが少なく…。

逆サイドに展開する前に、サイドで詰まったり。

中央に返したところで詰まって、結局ロングボールなど。

イマイチ、形にならなかったのですが。

ジュビロ戦上手く言ったのは、右に駒野が入ったのが大きかったように思います。

ボールを受けてちゃんと中央にパスを返せたり、相手を引き出してからパスを出したりと、中村北斗や實藤と比較すると随分スムーズだったように思います。

その後、三門ダニルソンがちゃんと繋いで逆サイドへ。

その間に亀川、為田が高いポジションを取って裏へ出る。

最後は、走りこんだ城後が決定的な場面を迎えます。

avispa-atack

このあと、同点弾が生まれるわけですが、この時も三門が中央でボールを拾って、カウンターからサイドで高い位置を獲った為田がジュビロの裏を取って城後へクロス。

avispa-goal

鹿島戦でも意識はされていたとは思うのですが、ようやく三門アビスパの攻撃の起点として稼働し始めたように見えました。

おそらく井原監督が理想としているのはこういった形なのでしょうか。

気のせいかもしれませんが、以前の柏レイソルの展開に近いような、そうでもないような…。

やっぱダニルソンの存在感は一味違う

怪我がちのダニルソン。

今シーズンフルで稼働してくれていればという思いもあるわけですが…。

やはり、出場した時の存在感はひと味違います。

為田のゴールのシーンの一つ前のプレー。

為田が自分でドリブルを仕掛けるも相手に囲まれ、ボールをロストするのですが。

こういうところに顔を出すのがダニルソン。

dani-press

こぼれ球をマイボールにしたところから金森のドリブル→三門のミドル→為田のゴール。

と、つながります。

後半になって、アビスパのボールキープに対してあまりジュビロ磐田が食いつかなくなり、前半のように相手の守備を引き付けつつ、ボールをサイドに展開してサイドアタックという形が作りにくくなったアビスパの攻撃。

シンプルなボールを入れたあとにこぼれたボールを拾える選手がいるというのは大きいです。

ダニルソンあっての為田の逆転ゴールだったと思います。

シーズン通してプレー出来ていれば…。

良い形で逆転したアビスパがなぜ逆転されたのか

ホームの試合で、失点してしまうも、逆転する展開。

さらに為田のバースデーゴールというおまけ付きだったアビスパ福岡。

普通、この流れなら勝つところでしょう。

ということなんですが、最終的に逆転されるという結果に。

なんでこんなことになるのでしょう。

答えはホント単純にミス。

ミスの連発が、この敗戦を招いたとしか言えません。

試合開始直後に亀川のクリアミスもありましたが、2 失点目は神山のファンブル。

あれは、抑えておくべきだったと思います。

そして最後の 3 失点目はアビスパ福岡の問題点が凝縮されていた気がします。

フリーキックからの失点ですが。

この時、アビスパの守備はどうなっていたんでしょう。

キム・ヒョヌンはマンツーマン気味にアダイウトンについてましたが…。

城後もサイドの選手についています。

折り返しのヘディングに入ったジェイに対しては冨安が明らかにマンツーマン。

亀川はパパドプーロスに付いているように見えます。

mantoman

濱田はスーペースへ走りこむ選手のマークを指示しているように見えます。

ここから推測するとアビスパの守備はマンツーマンのようです。

まず、最初のミスというか、ダメなところ。

簡単にジェイにマークを外される冨安。

ここであっさり外されたのは冨安の甘さでしょう。

しっかり体をつけられていれば、簡単にボールを折り返すことはできなかったはず。

tomiyasu

そして、次のポイントが、ゴールしたパパドプーロスを見ていた亀川。

最終的にゴールしたパパドプーロスは、サイドにボールが出た時点でフリーになっていました。

kamekawa

亀川が近くにいましたが、サイドへ流れるボールを見ていました。

おそらく、サイドにボールが流れた時点で、自分のマークのパパドプーロスがどこへ行ったか把握していない。

その結果、折り返したボールがそのパパドプーロスに入って、逆転ゴール。

avispa-lost

アビスパはウェリントンが先発しなくなり始めた時から、セットプレーの守備をゾーンからマンツーマンに切り替えています。

しかし、濱田もこの試合以外ではマークを外す、競り負ける。

この試合では亀川は完全なボールウォッチャーだし、冨安は簡単に振り切られると、全くいいところがありません。

最終的にはやはり「個の力」が足りない

今年を総括するにはまだ早いですが。

ここまでのアビスパを見てきて感じるのは、「何かを解決すると、何かが疎かになる」ということを繰り返しているように見えます。

3 – 5 – 2 から 4 – 4 – 2。

リトリートから、前目の守備。

ウェリントン頼みから、2 トップへの切り替え。

マンツーマンからゾーンへ。

何かを変えるたびに良くなることもあれば、悪くなることもある。

総合的にプラスになればまだ良いのですが、どうやっても何かがマイナス。

四角いお弁当箱に丸いフタをしているといった感じでしょうか。

四角に対して、丸を当てはめようとしてもどうしても隙間ができてしまうといった感じでしょうか。

四角を完全にフタをするためには、四角よりはるかに大きな「丸いフタ」が必要になります。

これが「個人の力」なのかもしれません。

アビスパにはこれが足りないからどうしても、穴ができてしまう。

こちらの書籍の中でアビスパでもコーチをしていた倉田安治氏の言葉で、

「球際の強さ」「判断の速さ」「切り替えの速さ」これをカバーできるシステムも、フォーメーションも存在しない。

という言葉があります。

ハリル風に言えば、「デュエル」かもしれませんし、ザック風に言えば、「インテンシティ」というところでしょうか。

どんなに、システムやフォーメーションで組織的に戦おうとしても、そこに「魂」がなければ、どんな形も成立しません。

冨安は若さと言えるかもしれません。元イングランド代表と対戦したことは貴重な体験だと思います。

亀川は厳しい言い方をすれば。

五輪から返ってきた時の挨拶で大きなことをいっていましたが、まさしくこれが「願望ばかりで、勝つ気がない」というやつです。

考えて(先を読んで)プレーしているとは思えないし、自分の責任範囲すら放棄しているようなプレーをしている時点で甘いとしか言いようがない。

最後まで五輪でもレギュラーを取れなかったのはこういう「なんとなくプレーしている」ところじゃないのかと。

良い物をもっているんですから、もっと戦えるはずだと思うんですが…。

もう 1 つ、いや、もう 2 つくらいレベルアップしないと A 代表は見えてこないでしょうし。

重要なのは継続性

今シーズンアビスパが残留するのは厳しいかもしれません。

もちろん、可能性がある限り闘いぬいてほしいことに変わりはありません。

しかし、J2 に落ちようが残留しようがアビスパ福岡はもっと強くなる必要があります。

そのためには、継続的な強化が必要だと思います。

この試合で見せた中盤を経由したサイド攻撃は、今シーズンずっとアビスパが取り組んでいた攻撃の形です。

今後、リトリートをもっと極めても良いと思います。

ただ、必要なのは、これらの形を実現するために「個が強くなる」ことは不可欠です。

選手を入れ替えることも必要かもしれませんが、「個を強くする」ためには、目指すシステムやフォーメションなど明確な方向性も必要だと思います。

闇雲に頑張ったって強くはならないでしょうから。

特に、アビスパに足らないのは、「先を読んだプレー」だと感じています。

この辺はダニルソンに学ぶことが多いように思います。ボールがこぼれるところに顔を出すダニルソンの読みに学ぶことは多いはず(ダニルソンが長嶋茂雄氏のような「天性のカン」のプレーヤーじゃなければ)。

J2 の成功と、現在の J1 での挑戦はまだ結果がでていませんが、仮に残留したとしても課題は多いでしょう。

そのなかで培ったもの、見つかった課題はぜひ来季へ。

来季だけといわずその先へつなげて欲しい。

そういう意味では井原監督には継続して欲しいですが…。

アビスパの経営の体制が刷新され、2 シーズンが終了しようとしていますが、改めてクラブとしてアビスパ福岡が試される時がきているようにも思います。

結果が出なければ、監督がすぐ切られてしまうのがサッカーの常ですが…。

正しい方向性にはクラブは投資をして欲しいとも思います。

積み上げがなければ、アビスパ福岡はいつまでもエレベータークラブで終わってしまいそうです。

競技は違いますけど、ホークスは王監督の長期政権の元強いチームへと生まれ変わりました。

川崎フロンターレも風間さんになって、成果がでるまでだいぶ時間がかかりました。

正しい方向性には、ぜひ長い時間を見て欲しい。

できれば井原監督には、アビスパでアーセン・ベンゲルのようになってほしいというのが個人的な希望だったり。

まだ、J1 で厳しい戦いが続いていますが、すべてが未来への教材だと思います。

残留は目の前にある目標ですが、アビスパの戦いは未来へ繋がる戦いだと信じたい。

だからこそ、選手には誇りを持って戦って欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク