春はもう少し先?J2第3節アビスパ福岡 vs 京都サンガにみたアビスパ福岡の課題

スポンサーリンク

勝利までもうしばらく耐える日々は続きそう?

京都サンガに0-1で敗戦。

ということで開幕から3試合勝利なしとなってしまったアビスパ福岡。

まあ、前線のタレント不足は否めないかもしれません…。

とはいえ、試合内容としては京都サンガがしかけてきた「アビスパ潰し」がきれいにハマった感もあるのかなと思っています。

一方で、そうしたアビスパの特徴を消しに来る相手に対してまったくその他の手段を持っていないことが露呈した試合だったようにも思えます。

ペッキアさんのやろうとしていることはわからなくはないのですが。

ペッキアさんの考えを頭で理解したとして。
と実際ピッチで実現し、かつ勝利するというプロセスに落とし込んだときに、今の選手と監督の見ている現実にだいぶ乖離があるんじゃないかなという不安も。

ここは欧州ではない、日本の2部リーグだ。

というのをペッキアさんはある意味、そのことを理解されていないと思います。

しかし、理解していないことが悪いとは思わないです。
むしろ、個人的には理解していない方が良いとすら思っています。

ただ、その良さを理解するためには、だいぶ長い話になりそうな気がしています。

そんなアビスパ福岡vs京都サンガ戦を振り返ってみたいと思います。

ビルドアップに変化?

長崎戦の反省点を挙げるとしたら、やはり決めきれなかった攻撃面の反省点は多く上がると思われます。

その反省点からの対策なのか。どうかはわかりませんが。

京都サンガ戦のアビスパはちょっとやり方を変えてきたように思います。

まずはビルドアップ。

この日は三國が不在だったこともあるかもしれませんが、長崎戦では高い位置を取っていた輪湖が低い位置でボールを触るようになっていました。

逆に、この日高い位置を取ろうとしていたのは右サイドの石原。

攻撃においては、右の石原を活かそうとしていたようです。

上の画像は後方からのビルドアップのシーンですが、輪湖はあまり上がっては行きません。
代わりに、石原がサーッと高い位置へ移動する形というのが目立ったように思います。

とはいえ、輪湖がずっと低い位置を取るかというとそういうわけでもないです。

石原を活かしつつ、輪湖もチャンスを伺うスタイルは長崎戦の輪湖優先のスタイルと比べるとだいぶバランスをみた攻め上がりをやっていこうとしているようにみえました。

攻めるサイドで変わる?前線の配置

とりあえず、ビルドアップの形を紹介しましたが、今回このビルドアップと連携していたのが前の選手の動きだったように思います。

ポイントになったのは城後だったんじゃないかなと。

試合当日は時間の関係で前半だけを地上波の放送で観戦しました。

そのとき、しきりに実況も解説として来ていた坂田も

「アビスパ福岡の前線は流動的」

との説明を繰り返していました。

確かにアビスパ福岡の前線は、人の配置が違うこともあったんですが、よくよく見ると、パターンは2パターンだけだったと思います。そのパターンは、

城後が右か、左か(松田が左か、右か)。

の2つだけだったと思います。

一瞬城後が石津と代わって前線にいたこともありますが、これはあくまで守備やらの流れで位置を変えていたくらいで、城後と松田の役割はほぼサイドでの動きだったと思います。

試合開始から、前半の20分位まで右サイドにいた城後ですが、前半終了まで城後は左に移ります。この配置において、なんだかの指示があったかどうかはわかりませんが、個人的に城後がサイドにいたほうが、アビスパ福岡のビルドアップが安定したように思います。

特に石原との相性はいいんじゃないかなと思っています。石原が上がったあとのスペースをカバーしつつ、チャンスと見れば自らも前線に顔をだす。
といった動きを行う上では、輪湖より石原のほうが合っているような気がしました。
後方からボールを受けるのに下がってくるタイミングも松田より、城後の方が熟れている気がします。
猪突猛進な感じでポジションを上げる石原と、前でプレーしたがる松田の組み合わせより、比較的バランスを見てプレーできる城後。という感じです。
後半城後は右に戻ってプレーしている ので (木戸と代わるまで)、ペッキアさん的にもそう見えたのかな・・・?と思ってみたり。

実際、前半に城後が右から左に移ると右のバランスが崩れてそこから京都に流れが行ったように、私にはみえました。

右サイドの話をしつつ、下記画像は左サイドのシーンですが。

ほぼ最終ラインと同じくらいの高さまで下がってボールを受けることもしてくれるので、ビルドアップとしてはリスクも少なく、安定します。
この試合では時折、最終ラインからボールの出しどころがなくなって、ロングボールを蹴る。なんてシーンもありましたが、この前と後ろのパスを繋ぐ役割を上手くこなしていたのが城後だったのかなと。

井原監督の更に前、プシュニク前監督がサイドバックへのコンバートを勧めたこともあるといいますが、サイドの動きは確かに高いセンスを感じます。

ビルドアップから、前線の動きは全体的には大きな違いはないですが、ディテールで見るとちょっと長崎戦とはやり方が違うのかな?
と、感じました。

アビスパ福岡の攻撃はなぜ上手く行かなかったのか

攻撃に関しては、そもそもFW適任者の不在。
という話もあるかとは思います。

ただ、この日は京都サンガも守備において、思い切った対応を見せていたんではないかと思っています。アビスパとしては、そこにハマった感もあるのかも。

京都は守備のタイミングで、前線の13番宮吉だけを残し、ほぼ全員がリトリートしてきました。

配置で行くと、5-4-1のような守備陣形をとっていました。

「守備に人数をかけてきた」

わけですが、ただ人数をかけてきたわけではなく。例えば下のシーン。

アビスパ福岡がボールを押し上げようとしているシーンですが、京都は最終ラインはほぼマンツーマンに近い形で人を捕まえに来ます。

また、サイドのボールの受け手にも人が張り付いてきます。このシーンでは2人がチェックに来ています。京都はこのサイドの守備にかなり気を使っていたと思います。

アビスパがサイドで起点を作ってくることを確実に潰しに来た。という印象でした。

さらに、例えアビスパに攻撃を仕掛けられたとしても


最終ラインの中央3人だけは絶対に人を離さないという徹底した守備意識が非常に高かったと思います。この守備網を壊すだけの攻撃力は残念がらこの日のアビスパ福岡にはなかったかなと思います。

アビスパ福岡の「局面」を潰す

前節の長崎戦で今季のアビスパ福岡は「局面」をどう打開するかがポイントなのかもしれない。的な記事を書きました。

京都サンガ戦までに抑えておきたい?V・ファーレン長崎戦の課題と希望
長崎戦で見えた課題と希望 さて。3月2日、アビスパ福岡ホーム開幕戦。相手は長崎。 つまり九州ダービーということで、サポーターとしては是が非で...

守備でも攻撃でも局地的に「数的優位」を作ってボールを奪ったり、攻撃をつないだりしていくことが今季のアビスパ福岡には重要な要素だと思っているのですが。

そのやりたい形を京都サンガになかなか作らせてもらえませんでした。

サイドにボールが入ると、すぐに複数人数がボールへプレスをかけてくるため、数的優位を活かす前に潰されるシーンも目立ちました。京都はこの戦術がハマったように思います。

京都サンガの思い切った戦略は確かに良かった。
見ていてヤラれた。と、思いました。

しかし、あえて言いたいのは、この日のアビスパ福岡は本当に自分たちがやろうとしているサッカーができていたのか。

という点は問いたい。

これは長崎戦で使った画像ですが、アビスパ福岡が作るべきはこの2枚の三角形だと思っています。ボールホルダーを中心に、3人が配置されるこの形です。

京都戦ではどうだったのか。

先ほどと同じ画像ですが。


三角が1枚。こういうシーンが多かった気がします。

上の画像はフォローが全く足りずにボールホルダーが孤立。

石津は中央でジョグしてないで、赤丸のスペースにポジションすべきだったような・・・。

下の画像のシーンも京都サンガの守備の出足は鋭く人が密集します。しかし、その分、黄色い丸の広大なスペースが空くケースも。

ここに入りこんでくるアビスパのプレーヤーがいない。

あとひとつ、パスコースを作れていれば、スコーンと抜けそうなシーンはあったと思うんですが・・・。

京都の守備の気迫に押されたのか(それはそれで問題だけど)、選手感の距離があと一歩、いや、あと一人足らないケースが多かったように思います。

ハーフタイム コメント
ファビオ ペッキア監督(福岡)
・まだ眠ってるのか? 目を覚ませ!
・前半は忘れて、後半しっかりリスタートしよう
・ボールをシンプルに動かそう#avispa— アビスパ福岡 (@AvispaF) 2019年3月9日

前半終わってのペッキア監督のコメントですが。

眠っているのか!?

はこの長崎戦ではできていたことが、京都サンガ戦ではできなくなっていることへの激だったんじゃないかなと。

攻撃の不具合は、守備の不具合

その逆もまた然りなのですが。

この日アビスパ福岡は攻撃において、数的優位を作ることができません。

それはそのまま、ボールロストしたあとの守備にも響きます。

相手のパスコースを消しきれないので、ボールを繋がれて相手は攻撃に移ってしまいます。

後半に入ってやや改善も見れたようにも思えたのですが…。

後半は体力的な事情もあるとは思いますが、なかなかハマらない前の守備に無理に行かず、ある程度ボールを相手に持たせてややリトリートするシーンが増えました。特に木戸が入ってからそうなったような。

その結果ボールを奪ってカウンター的に仕掛けていくシーンから石津が倒されて、フリーキックという形も作れましたが…。

ビルドアップのボールをロストしてから、失点。これってアビスパ福岡がやりたい形じゃないんかーい。

松田の中途半端なプレーからのロストにも見えるんですが・・・。

その前に石原からのパスを受けたウォンが、松田に預けたあと、サーッとポジションを上げてしまったたために、松田はパスコースを失う形に…。

相手に詰められ、味方から見捨てられる松田の図の出来上がりです。

これは、なんかどこかでみたことがあるなぁ。

長崎戦で城後が、攻撃を考えるあまりに、同じような状況を作っています。

このときは、カウンター受けるだけで終わりましたが、自陣でやると致命傷です。

キッチリポイントを作ってパスコースを複数作らなくては、アビスパ福岡の攻撃(ボール運び)は詰みます。多分。

後半70分くらいの出来事でしたが、まだ焦る時間でもなかったと思うんですが…。

戦術が浸透していないのか。
単純な凡ミスなのか。
それともそもそもウォンの動きが正であって、処理しきれない松田の問題なのか(個人的にはそれは無慈悲すぎる気が)。

チーム的にどういう反省がなされているかわかりませんが、似たような?ミスが繰り返されているところを見ると、戦術的な浸透具合の問題でしょうか…。

個人的見解ですけどね…。

ブレイクスルーはあるのか?

時間かかりそうだなー。

それしか感想がありません。

ヤン ドンヒョン 選手 セレッソ大阪より完全移籍加入のお知らせ | アビスパ福岡公式サイト | AVISPA FUKUOKA Official Website https://t.co/3KUCRhfn6y #avispa— アビスパ福岡 (@AvispaF) 2019年3月11日

新たな前線の選手を獲得しましたが、果たしてそういう問題なのかなと。

確かに前線の迫力は不足していますけど、ポストプレーヤーが入ってどう改善するのでしょうか?

前述しましたが、京都戦ではサイドで起点ができた際に「三角形」を作る場面でフォローが足りないケースが目立ちました。もしかしたら、ヤンがその最終ピースを埋めてくれる存在になれるかもしれません。

この試合ベンチ入りしながらも、出場しなかったミコルタも気になるところですが、ペッキアさんはどんな絵を思い描いているのでしょうか。

もしかしたら、パツーンと、何かの拍子に歯車が噛み合い出すことも、あるのかもしれませんが…。

個人的には、もう少し「ブレイクスルー」を待つ日々が続きそうな予感がしています。

次節アウェーにてファジアーノ岡山戦。
勝つことで上手くいくこともあるでしょう。内容はともかく、そろそろ勝っておきたいです…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク