【アビスパ福岡を分析するブログ】「オレがオレが」が消えて交通整理?チームバランスを崩していたのは過剰なチーム内競争?【第9節】アビスパ福岡 vs レノファ山口戦レビュー

スポンサーリンク

アビスパ福岡のバランスが驚くほど良くなった要因は「我」が減ったから?

開幕戦、そして第2節の京都戦の前半戦までアビスパ福岡は良い形を作っていました。

京都戦の後半からこれはどうなのという状況に陥ってからチーム内が驚くほど噛み合わなくなってしまいました。

そして、その後はその時の調子はどこへいったやら。

なかなかチームのバランスも揃わなければ、ゴール前に侵入できてもゴールに結びつかない。

一方、開幕からサプライズと言っても良い好調さを見せているレノファ山口戦。

監督は今何かと話題のJFAにおいて技術委員長を務めていた霜田さん。技術委員長は伊達ではないということでしょう。

霜田さんてメガネかけてる印象あったんですけど、メガネしてないですね。それこそ伊達眼鏡か?なんてくだらなことを思いついたことは、心のうちに秘めておきたいと思います。

前線からのプレスと昨年東京ヴェルディから移籍してきた高木大輔、浦和からの期限移籍でやってきたオナイウ阿道。一昨年横浜FCからやってきた小野瀬の3トップの攻撃力は脅威です。

さらにこの日の雨と強い風。

対応を間違えると痛い目を見てしまいそうな予感もしていましたが…。

逆にしっかり叩ければ、チームとしては非常に良い方向に向かいそうなという「伸るか反るか」な対戦になりそう…。

そんな悲喜こもごもな予感とともに迎えた第9節アビスパ福岡 vs レノファ山口戦。

2−0で勝利しましたが、ようやく調子出てきたと考えてよいのか。

そこを考えながら振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡フォーメーション

この日も4バックのアビスパ福岡。ただ、ようやくと言っていいのかメンバーをいじってきた井原監督。

センターハーフに山瀬でも城後でもなく枝村を配置してきました。

これは十分に考えられる形だったんですが、枝村の調整遅れもあってようやく実現しました。

そして、ユ・インスも先発に復帰。個人的にはこちらのほうがアビスパ福岡にとっては朗報なのじゃないかなと。

さらに石津が先発からベンチへ下がったこと。大宮戦でも一応指摘していたんですが、アビスパ福岡の攻撃が「押し込みきれない」のは鈴木惇と石津のところでもたつくことが原因だと考えていました。

特に相手のゴール前に近いところでボールが入ったときにこの2人が決定的な仕事が出来ないことがアビスパ福岡の攻撃をもたつかせていると。

これは石津、鈴木惇へボールが入ったときに2人のミスもありますが、チームとして狙いが見えてこない。

ボールはある程度運べているのに決定的な形を作れない。この問題を解決するには、攻撃において選手の役割を整理した方が良いと思っていましたが…。

一応、今季は石津と開幕からずっと評価をしなかったですが、鈴木惇には開幕前から期待していました。

石津のベンチは残念ではあるのですが…。それはそれでハマった感がありました。

石津と鈴木惇の攻撃的な役割が被っていた?

正直、この考え方はレノファ戦を見るまでまったく考えていなかったのですが。

鈴木惇と石津の攻撃における役割がもしかしたら被っていたのかもしれません。

大宮でのワンシーンを前回に引き続き参考例として使っていますが、個人的にはアビスパ福岡の攻撃の問題点がよく出ているシーンだと思っています。

まず何が問題かと言うと、石津がこの位置でボールを持っても全然怖くないということです。

もちろん、石津も前でボールを持てるのなら持ってるわ!と言うかもしれませんが、特にドゥドゥがワントップになった場合、上記写真の赤い丸の位置にポジショニングするプレーヤーが必要でした。

しかし、大宮戦では誰もいない。本来であれば石津は後方ではなく赤い枠に入っていくべきだと思うのですが…。

ただ、そのプレーを求めるとするなら、ずっと、ユ・インスの仕事だと思っていました。

さらにこのシーンで、付け加えるのであれば石津の左横には鈴木惇がいます。ここでボールを持ってパスコースを探すのは石津じゃなくて、鈴木惇の方が適任だと思います。

この写真のシーンで逆サイドを輪湖が上がっているのですが、パスコースがなかったとしても鈴木惇なら、輪湖を狙える可能性があったのかなと。石津よりはパスのレンジが広がります。

特に相手DFが完全に後ろへ下がっているのだから、石津がここでボールを持ってパスコースを探していてはやっぱりダメなんです。

ゴール前でスペースを狙わないとドゥドゥは孤立するばかりです。

大宮戦で石津を「仕事をしているフリをする」と批判しましたが、具体的にはこの辺です。

【大宮アルディージャ戦】

【アビスパ福岡を分析するブログ】あっさり「井原退陣論」に言及してみる。第6節大宮アルディージャvsアビスパ福岡戦
分析するようなことがないって言いたくなることも まあ、そんな試合があってもよいのかなと思うんですが。「言うことなし」というと日本語とし...

石津の良いところでも悪いところでもあるのですが、それは「幅広いプレーできる」ことです。

石津はそれなりに前線の仕事を幅広くこなします。もしかしたら、幅広くボールに関わってゲームを動かせとベンチから言われていたかもしれません。

しかし、石津はゴールを取ってナンボの選手だと思います。

ならば、いくらスペースがあるからと言って、ボールが触れるからと言って簡単に下がってはダメな気がしています。それが点を取るために相手を欺くための作戦としての「下がる」なら良いのですが…。

やや低い位置でボールを持ってパスコースを探してなんとかしよう。そう考えてプレーするのは個人的には石津の価値を下げてしまう気がしてならないのです。

井原監督はやや低い位置でも存在感を出してもらいたいのかもしれませんが、今のままでは下がったプレーを点を取れない言い訳にしているように見えてしまうのです。

場合によってはスペースのなさそうなところでも突っ込んで行くのがFWというか点を取るものの覚悟ってものじゃないのかなと。

中途半端に下がってボールを触るから前線での攻撃の機能不全が起こっていたのかもしれません。

これはレノファ戦の後半終了間際のシーンなので、序盤、中盤のシーンと単純比較は出来ないのですが。

ドゥドゥがサイドに流れてボールをキープするのですが、イ・ユンスがいないと完全に孤立します。この試合ではユ・インスが常に前線に入り込んでドゥドゥの近くでプレーしていましたが、ユ・インスがベンチに下がるとフォローがいなくなります。

個人的にはこのシーンで石津にドゥドゥの近くでプレーしてほしいと思っているんですが…。プレースタイルが違うか。

実際このとき石津は逆サイドから、フォローした實藤が中央に流れるタイミングで中央へカットインしてきますが…。

石津が入るのは赤い円のココなんじゃないかなと。現状の青い円の中にいる必要性はどれだけあるのだろうかと。

1列後ろにいても、決定的なパスを出せるわけじゃないし…。ここは鈴木惇でも良いわけです。

終了間際の時間帯では鈴木惇は守備を意識してか、この形で高い位置まで上がってきませんでした。

ただ、石津の動きを見る限り、これまで鈴木惇が攻撃的になれなかったのは、このへんの動きが被ることが原因じゃないのだろうかと。

ゴール前に人数をかける

そうした石津の動きとは逆に。この試合でこれまでの試合と違ったのは前線への人数のかけ方。

ユ・インスが入ったおかげでドゥドゥが孤立しなくなりました。

前半始まってすぐですが、森本がポストで落としたボールを鈴木惇が山なりのパスをゴール前に入れたシーン。

このとき、松田、イ・ユンス、ドゥドゥがゴール前に走り込めている形が重要だと思っています。

松田が重宝されているのはこれが理由かと。個人的には松田である必要は無いと思っていますが…。逆にエウレーじゃない理由もこれかなと。

ゴール前に入り込むのは松田が巧い。

とはいえ、松田はあくまで遠い位置からゴール前に顔を出します。大宮戦のように状況によってはアプローチできないことも。結果ドゥドゥしかゴール前におらず。大宮戦は後半森本が入ってからまだ良くなりますが、攻撃に厚さが持てませんでした…。

そういった意味では栃木戦も序盤の入り方は良かったんですけどね。途中で完全に試合が壊れたので判断難しいですが…。

先にも話しましたが、中央だけでなくドゥドゥがサイドに流れたケースもドゥドゥが孤立しやすい。

しかし、レノファ山口戦ではドゥドゥがサイドで囲まれても、ユ・インスがフォロー。

この形がユ・インス不在の場合になかなか出来なかった。

アビスパ福岡の前線は流動的に動くのですが、石津と松田が入るとドゥドゥがサイドに流れたときに両者が中央に入りがちです。サイドのフォローはウィングバックないし、サイドバックが上がってくるまでドゥドゥは完全に単騎での勝負を強いられてしまいます。うしろが上がるのにはどうしたって時間がかかります。特にタテに早い展開になると素早いフォローはまず難しい。

しかし、ユ・インスがサイドからアプローチする場合は近くでプレーできるのでバランスがいい。

中央は松田と、森本。そして、中盤は下がり気味のところは鈴木惇に任せてしまえば良い。

残念ですが、石津が不在によってむしろ攻撃に関しては役割がしっかり出来ていたことが非常に良かったんじゃないかなと。

守備に関して

横浜FC戦で気になっていたのが、センターバックとサイドバックの間にできるスペースの対応。

個人的にはボールサイドに人がスライドすべきだと思っていましたが、この点が改善されていしました。

また、枝村が良い形でスペースを消していたように思います。

レノファのサイドチェンジで横に揺さぶられたシーン。

駒野と、ユ・インスがケアに走るのですが、中央のオナイウを見ている篠原は中央に残ります。

その結果、センターバックとサイドバックの間にスペースが出来ます。

そこを山口の選手が狙って走っていたので嫌な予感もしなくはないシーンではあったんですが。

中央それも逆サイド側にいた枝村がここから走って戻ってきます。

また、サイドにボールが入ったタイミングで篠原も一度ついていたオナイウのマークを捨てて、チェックに行った駒野のスペース側へ詰め、代わりに岩下がオナイウを見る位置へ。

そしてセンターバックが右サイドにずれた分、鈴木惇が最終ラインに入り、更にその外に松田も戻っている。

横浜FC戦では最終ラインにこの動きが見られませんでした。

他の選手も連動する意識は薄かったようで、特に松田あたりはぼんやりと逆サイドで攻撃のことしか考えていないようなポジショニングに終始。

とても組織的な守りじゃないと思っていたんですが、この日は違っていました。

もしかしたら、山口の3トップの攻撃力を警戒しての動きだったかもしれませんが、なんで横浜FC戦でこの動きが出来ないのかと。岩下不在だけが原因とは思えませんけど。

上記のシーンではこのあと相手がこぼしたボールを枝村が拾ってカウンターまで持って行けました。

守備が改善され攻撃にもスムーズになったと思います。相手にボールを持ち込まれてもすぐポジティブチェンジ出来たのが結果、良い攻撃のリズムに繋がったと思われます。

攻守ともに横浜FC戦にくらべ非常に連携性の高い動きだったと思われます。

中央で動かないオナイウは怖くない

普段のレノファ山口の試合をチェックできていないのでこの日の動きが前節までとどう違うのかはちょっとわからないのですが…。

篠原、岩下にとってはオナイウはそう怖くないFWでした。そう言い切ってしまうと語弊も多いですけど。

今シーズンすでに6得点をあげているオナイウ。怖くないなんてことはないんですが、前半はほぼ中央に張ったまま動きません。本人がそういうタイプなのか、レノファ山口の戦術上そうなっているのかわかりませんが、サイドの高木、小野瀬とポジションを変えることもなければ、中盤まで下がってきてボールをさばくこともしません。

このタイプには篠原は強いと見ています。これは昨年のアビスパ福岡の対ウェリントンでも証明済み。

逆に、大宮のシモビッチや横浜のイバのようにフィジカルありながらも動いてポジショニングで勝負を仕掛けてくるFWのほうが距離を取られることが多いのでこのタイプの方が危うい。

岩下にしても似た感があります。京都戦ではポジションを上手く取ってくるレンゾ・ロペスにかわされてましたが…。

しかし、少なくともこの試合では動くタイプじゃないオナイウに入るボールは篠原、岩下がほぼシャットアウト。

前半山口に攻撃面で良い形をほとんど作らせなかった1つの要因と言えそうです。

後半になってオナイウは下がってボールをもらうような動きを見せますが、時すでに遅し。この動きを前半からされていたらアビスパ福岡としても困ったシーンが増えたとは思うんですが…。

この動きについては、のちほど詳しく。

黒子の枝村

三門が去ったあとのボランチの代役はやはり枝村だったということでしょうか。

プレースタイルは三門とは違うと思いますが。この日はつなぎ役として良い動きをしていたと思います。

前線でボールを拾えばすぐさまパス。

味方からボールがきてもワンタッチでつなぐ。

味方がドリブルで攻め上がれば、後ろをケアし、スペースがあると見れば入り込む。

と、「自分が決めてやる!」という感はまったくなくボールをつなぐ黒子の動きをしていました。

ドゥドゥがサイドに流れてキープすると、内側に出来たスペースへ枝村が侵入。

昨年は三門がよく侵入していたスペース。石津もよく狙っていたのですが、今季はこのエリアに侵入したケースはあまり見てない気がします。

この動きを見ていると、三門の後釜は枝村なんだろうなと。

ただ、枝村がいいのはここから、「ガツガツ」してこないところです。

ドゥドゥからパスをもらって、シンプルにワンタッチで輪湖へ。輪湖のクロスは最終的にコーナーキックになりました。

このシーンだけでなく、枝村がゴール前でボールに触れるとワンタッチで処理することが非常に多かったですが、個人的には非常に新鮮にみえました。

よくよく考えてみると、山瀬にしても城後にしても石津にしても、松田にしても。

プレーが非常に「俺が俺が」な感じがします。

それは、プロの心構えとして悪くはないと思うのですが、この日の枝村のプレーを見ると、これまでのメンバーは非常に「ガツガツするタイプ」と感じました。

周りを見ていないというわけじゃないとは思いますが、「ゴール前でボールを持ったら即シュート」「ゴール前でスペースを見つけたらすぐさま勝負」というアプローチはやや単純すぎたと言えるかもしれません。

積極性はありましたが、強引な展開も多かったかも。

確かに選手間のレギュラー競争は激しいと思いますのでアピールは必要だと思いますが、アビスパに欠けていたのは枝村のような黒子役をしっかりこなせる人だったのかもしれないなと感じさせられました。

相手とのボールの奪い合いになっても、いいところで枝村がフォローにいたりと、目立ちはしないんですがよくよく見ているとポイントで顔を出す枝村。

パスカットも多いです。ウォン・ドゥジェのような肉弾戦は求められませんが総合的に見るとウォン・ドゥジェとは全く違う魅力があります。

正直、枝村の使い道があるのかなと懐疑的に見ていましたが、この日のプレーを見ていると状況次第ではウォン・ドゥジェと悩む存在になりました。

鈴木惇が2得点

これまで鈴木惇には高い評価をしてこなかったんですが、理由は攻撃面での貢献が少なかったから。

この日は直接フリーキックとゴール前のルーズボールを拾ってのミドルで2得点。

フリーキックはようやくらしさが出た感じですが、ミドルシュートのゴールはチームとして役割が整理されたからかもしれません。これは先程石津との関係性の中でお話した通り。

開幕から鈴木惇に関して不満に感じていたのは攻撃面での積極性の少なさ。

もともと守備の軽さは判っているので、攻撃面で活躍してこその鈴木惇だと思っているんですが、なかなか流れの中で良い形が作れず。

どうもバランスをとるような動きに終止しているので、それだったら鈴木惇が出ている意味がないと思っていました。

出来過ぎた感もりますがようやく攻撃面で鈴木惇の良さが出た気がします。

ただ、鈴木惇が「バランスを取る形」に終止していたように見えたのは、石津、山瀬とのバランスの問題なのかなと。

石津に関しては前線に出張っているときはそこまで無いのかもですが、石津が下がりだしてボールに触れ始めると鈴木惇が上がるスペースを制限していたのかもしれません。

山瀬にしても守備より攻撃が売りの選手。

ゴール前のこぼれ球は積極的に狙っています。

こうした「前線」の選手が入ると、鈴木惇が攻守のバランスを見る必要も増え、なかなか前に出れなかったというのが実情だったのかもしれません。

この日は、攻撃もそうですが、守備でもいつもより積極的に前目にプレーできていました。

守備でも積極的に前からプレッシャーに行き、ボールが奪えればそのまま積極的に攻撃に絡んでいけました。枝村がバランスをとってくれるため、鈴木惇としてもやりやすい形だったんじゃないでしょうか。

ウォン・ドゥジェもどちらかというと守備的ですが、相性と言うより枝村のバランスを取るスタイルは、ウォン・ドゥジェより鈴木惇はやりやすそうな印象でした。

ただ守備に関しては…

せっかく2得点したヒーローですし、守備は軽いというのはもうわかりきったことなので、指摘するのも野暮なのかもしれませんが。

またすべてが鈴木惇のせいというわけでもないので、それはそれでとばっちりですが。

もし、この形を前半からレノファ山口が仕掛けてきていたらと考えると少し怖いのであえて取り上げてみたいと思います。

後半山口の大崎のクロスバー直撃のミドルの直前のシーンなのですが。

後半オナイウは前半と違い、ボールを受けに下がるような動きを見せ始めます。山口の左サイド側でボールを受けに下がり始めるのですが、この動きは逆サイドで人数を余らせるブラフだったと思われます。

このとき、オナイウには鈴木惇がついていました。

実際オナイウへボールは入ることなく、逆サイドで展開。

その時も鈴木惇は下がってきていたオナイウを警戒。このあともう一回オナイウはアップダウンをするのですが、最終的に鈴木惇は再びポジションを上げるオナイウをDFにマークを引き渡します。

一瞬ですが、DF側にその指示をしたと思われるシーンがDAZNでも確認できました。しかし、このとき逆サイドのインサイドハーフ7番の大崎が鈴木惇の前を走っていきます。

おそらく最終ラインもオナイウを捕まえることに気を取られ、7番の動きを把握できなかったと思われます。

このとき、4-3-3のフォーメーションの中盤の「3」が右へ寄ります。左のインサイドハーフが完全に逆サイドに流れます。

このとき、鈴木惇が7番大崎を捕まえに行っても良かったとは思うのですが…。

実際捕まえに行けた時間はあったし、鈴木惇はオナイウを離した時点で動きが止まっていました。内側へリターンパスが出た瞬間の鈴木惇の位置。

数歩移動しただけで、中途半端な位置取り。4-4-3の中盤「3」の底にいたアンカーの三幸もフリーだったのでそちらも気になったのかもしれませんが…。

人数かけられていたので、もっと下がったポジションを取るべきだったかなと。

どちらにプレッシャーかけるにしても距離があったため動きづらかったのかもですが、大崎のシュートにもチェックが間に合わずあわやのシュートを打たれてしまいます。

オナイウをしっかり見るまでは非常に良かったんですが、オナイウを離したあと守備で良いポジショニングができませんでした。山口の流れの作り方が上手かったとも言えないくないですが…。

あのクロスバー直撃のミドルが決まっていたら、この試合どう転ぶか正直わからなかった気も…。

細かいところではありますが、こういうのを一瞬の油断というのだと思いますよ…。

今度は左サイドに展開されたときですが、鈴木惇がボールを見ながらジョグで戻っているせいか、すぐ裏に入り込むインサイドハーフの大崎を捕まえきれず。

ここから基点を作られてゴール前に侵入されてしまいます。

もうちょっと周囲を確認できれば気がつけたと思うのですが…。

後半60分を過ぎて疲れの出てくる時間帯なので集中力がやや落ちていたか。立て続けに鈴木惇のところでいい形を作られたシーンでした。

ちなみにこのあと、鈴木惇は相手の後ろからプレーし、相手がゴールエリア内で倒れる(PKにはならず)→クリアを相手に当てて、ゴール前にボールがこぼれる。

と、危ういプレーを続けてしまいます。

せっかくいいシュート決めたあとだったので、手放しで喜びたかったですが…。このあと、山瀬が投入されるのでてっきり鈴木惇と交代だと思いました。

実際は森本と交代。そのあとも、鈴木惇は相手の後ろから守備に入ってしまうケースが見られました。前半はまだ前から守備を仕掛けられていたので体力面的なところかなとは思うんですが…。

井原監督的には前線からのプレスが弱くなったという判断だったので、森本と山瀬を交代したのだと思います。確かに前半より後ろのビルドアップを楽にやられていた面もあったので、鈴木惇だけを責めるわけにもいかないかもですが…。

守備が苦手なのは承知の上だとしても、もう少し守備で気が利いているところを見せてくれると安心できるんですけどね…。

とはいえ、攻撃面で良い形が出てきたのは非常に良かったと思います。鈴木惇の売りはどう考えたって攻撃なんですから。

最後簡単に終わらせますが、一言。

ドゥドゥは1点は取っておくべき。

鈴木惇の活躍は今後チームが上向く上で非常に良かったなと。ただ、今後石津がもう一度先発で出てきたときに良い形ができると良いのですが…。このままだと石津は結局昨年から進歩ないじゃん。となりかねない…。

石津にとっては正念場かと。

次節どうなるか判りませんが、この調子を見ると怪我などのトラブルが無い限りはメンバーは継続で良いと思います。

あとは、継続性ですかね。

次節の千葉は昨年から引き続きハイラインを武器に挑んでくると思われます。ドゥドゥとユ・インスのスピードが効果的なはずです。

もちろん、千葉もそのへんは重々も承知だと思いますけど。

思いの外シンプルなロングボールでカウンターを狙ってくる傾向のある千葉としては逆にアビスパがボールロストから前目でプレスをかけてきたときが狙いめだと考えているかもしれません。

最終ライン裏に長いパスが出たところからの「よーい、ドン!」で肉弾戦の予感もしますが…。レノファ山口戦の良いリズムは継続したいですね。

アビスパ福岡は今季一人がオラつくと複数人がオラつく傾向があるので、冷静な試合運びを見せてほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク