【アビスパ福岡を分析するブログ】アビスパ福岡の鍵はやっぱり「サイドアタック」トリニータ大分戦から考える町田ゼルビア戦のポイント

スポンサーリンク

アビスパ復調の鍵はやっぱりサイドアタック

九州ダービーかつ、上位同士の対戦となる大分トリニータ戦。

アルビレックス新潟戦から連敗となると痛い一戦でしたが・・・。連敗。

松田が不在ということもあり、どういったフォーメーションを井原監督が採用してくるかも気になるところだったんですが。

久しぶりの3バックも不発。井原監督としては今シーズンは3バックでスタートしたかったみたいですが、篠原の怪我などで4バックスタート。

そのまま4バックでここまで来ているわけですが、井原監督が実現したかった3バックの形が見えた…のかな?

新戦力の獲得の発表がありましたが、今後どんなチームの形を模索しているのか。

個人的には今一度サイドアタックを考える必要があるんじゃないかなと思っていますが…。

町田戦のポイントも踏まえつつ、第20節トリニータ大分vsアビスパ福岡戦を振り返ってみたいと思います。

ひさしぶりの3バック

松田が累積警告のため不在。となると、3バックもあるかなと思っていましたが…。

ただ、ドゥドゥはワントップ的な中央のプレーはあまり得意ではないのか、大宮アルディージャ戦などの動きを見ていてもイマイチかなーという印象。

トゥーリオが去った以上、ワントップ、2シャドー的な配置にするにしても中央に置けるようなタイプの選手はアビスパ福岡には不在。

城後もワントップという感じの動きを見せることは少ないですしね…。

森本もそういったタイプじゃない。

もちろん、4-4-2での松田の定位置である左サイドに石津をそのまま配置することも考えられましたが、石津の守備を考えると攻撃力のある大分相手には怖いよなと。

逆に攻撃を考えると、新潟戦の様子を見ている限りだと「サイドアタック」に活路を見出すのも難しそうです。

ゴールに近い位置でポイントを作ってシュートへ持ち込むことを考えると、石津の力が必要となってきそうです。

この辺の事情をどう折り合いをつけてくるのかなと、いろいろ妄想していたのですが、井原監督が出した答えは「新布陣」。

新戦力を見越したフォーメーションなのか、松田不在の状況を打破するための対処療法なのか。

これは今後のシーズンの戦い方を左右する考え方とされるとちょっと不安な気もしますが、平尾をとユ・インスをウィングバックに配置するというのは井原監督なりにサイド攻撃を意識した布陣だっと思います。

ただ、試合開始直後からこの布陣の気になることがでてきます。

いつボールを奪うのか

3-5-2と言っていいのか、3-3-2-2 と言っていいのか、今シーズン一度も見せていないフォーメーションで大分戦に挑んできたアビスパ福岡。

守備時はほぼ確実に「5-3-2」の形で守備陣形を組んでいました。試合開始序盤にハイプレスを見せるという感じもなし。

5-3-2でリトリートして相手をある程度「受ける」形だったと見ています。

大分がボールを持つと、あっさり割り切ったように、5バックになります。

そして個人的に気になったのは、5-3-2の「3の横」。

ここにスペースができます。4-4-2であれば、ここには松田がいるわけですが。このエリアがぽっかり空きます。

4-4-2ではここがボールの奪いどころだったように思っていました。

この位置で相手がボールを持つと、FWやサイド、センターハーフといったところで相手を囲んで奪って縦にカウンターというのが「理想」的なアビスパ福岡のポジティブチェンジ。守備から攻撃へのスイッチが入る場所です。

しかし、この試合では5バックとなってスペースが空いてしまいます。

4-4-2と比べ、やや簡単にサイドにボールが入ります。ただ、後ろが5枚なのでボールを簡単に入れられることもなかったんですが…。

ただ、見ている感じだと枝村や石津はこのエリアで構えている選手にボールが入ると結構寄せるので…。基本的な考え方は4-4-2と同じ…。かもしれません。

それにしては寄せが甘い気もするけど…。

手前に井原監督がいますが、静観しています。これはこれである程度は意図通りだったのかもしれません。

しかし、ポジティブチェンジがうまく行かない…。

攻撃のチャンスと見ると、ほぼサイドバックとも言えそうなポジションのユ・インスが非常に長い距離を走ってきてポジションを高い位置に取ります。

とはいえ、あまり効果的なシーンは作れませんでした。

枝村がもっとフォローしてもいい気がしましたが…。守るにしても、攻め上がるにしても効果的な関係性は薄かったかなと。

ただ、このウィングバックとインサイドハーフの関係性は左の石津ー平尾にしても右のユー枝村ラインにしてもちょっと完成度が低い印象でした。

ポジションかぶるシーンもしばしばありましたし…。

ウィングバックにユ・インスと平尾を起用したのは、大分の3バックのサイドを使いたかったというのも、もちろんあったと思います。

合わせて松田がいないというチーム事情も大きかったと思います。

しかし、大分相手にぶつけるにはちょっと完成度が厳しかったかなという印象です。

個人的に非常に気になったシーン

失点直前のシーンなんですが。

ドゥドゥが左に流れてパスを受けます。

平尾が絡んで良い展開になりそうだったんですが、スルー。

平尾にパスできていれば、決定的なシーンだったかもしれません。

一方で石津はゴールエリアの角。個人的に推奨している「ポイント」のエリアへ侵入。

石津が出るなら期待するのはこのエリアでの仕事です。石津自身もこのエリアは好きなはず。

ここを起点にサイドを切り崩すというのもありだと思います。

ただ、なかなかうまくいかない。石津にボールが入っても次の展開が見えない。

このとき、相手のゴール前には大きなスペースがあります。

一度はパスを受けそこねた平尾ですが、このスペースに入っても面白かったんですが…。石津が動いたエリアに入ってきます。

平尾の意識としてはサイドでの組み立てが頭にあったのでしょう。

しかし、この動きがドゥドゥのパスコースを消してしまうことに。動くならもう少し早く動かないと、人が直線に並んでいてパスコースがありません。

結果、ドゥドゥはドリブルで粘ったものの、ボールロスト。ちょっとドゥドゥは疲れが溜まってるようにも見えたり。プレー中ややナーバスな印象を受けました。

シンプルに鈴木惇へ下げても良かったわけで。

そして、ボールロストからカウンターを受け、失点してしまいます。

ボールの奪われ方がよくなかったし、ドゥドゥのクオリティが下がっている感が心配です。

サイド攻撃をどうするの?

クロスを上げて長身のFWに合わせる。という形を作らなくてはならない。

とは、思いませんが…。

前回記事でもアビスパ福岡のサイドからの攻撃の薄さを心配しておりました。

【アビスパ福岡を分析するブログ】大分戦のポイントはサイドからのクロスとゴール前での「ひと手間」?アルビレックス新潟戦から感じたゴール前のあと一歩
チームの調子が悪いってわけじゃないと思いますが… なんだかんだ、敗戦してしまうとなかなか記事を書くテンションが上がってこない…。 ...

そんな中、サイドで攻撃の歯車が噛み合わないどころか、ボールロストから失点。

これはちょっと症状が重い気がしています。

昨年もサイドの起点の作り方でアビスパ福岡の攻めに疑問を感じたことがあったんですが。

井原監督、「もしかしてサイド攻撃を設計できないんでは疑惑」というのは今でも胸の奥底でかすかながら感じている疑惑ではあります。

逆に色々考えているものの、選手に落とし込めていないのか、それとも選手が実現できないような高度さがあるのか。

ただ、過去のアビスパ福岡での井原監督のサッカーを見る限りサイドから仕掛けて中で崩すよう形に力点を置く監督ではな気がしています。

今回の補強選手もちょっと解せなくて、なぜドゥドゥと同じようなタイプのFWを獲得したのか。

個人的にはサイドで形を作れないから、トゥーリオのような長身FWを入れてくると思ってました。

それならシンプルにクロスを上げるだけでも怖さが出てきます。しかし、現状の補強ではその形は考えていないのか…?

現状でも松田を下げて、そこへ新外国人を入れると言うならまだ理解できるのですが…。ただ、チームバランスを考えたときにそれが正解なのかは新戦力を見てみないとなんともです。

松田並に攻守に顔を出してくれるならありかもしれません。

または、なんだかんだユ・インスのパフォーマンスに不満があるのか。

個人的にはサイドできっちり相手に「怖さ」を感じてもらえないことには中でもゴールを奪うのはしんどくなる一方だと思われます。

このままではアビスパ福岡は、サイドの守備の優先順位を下げて中央をきっちり閉じてドゥドゥの個人技にやられさえしなければ、勝てるチームとなってしまいそうです。

そう鈴木惇のセットプレーという武器はありますが、コーナーキックはほとんど点につながっていません。

上背もないので、セットプレーに期待するものも難しいとなると、やっぱ背の高い選手が良かったんじゃない?と思うのですが。

あと、改善できるとするなら「サイドからのクロス」。

スピードスターを2枚並べて裏抜けを狙う。

というのはちょっと現実的ではないような気がしています。

そんな状況で町田戦をどう戦うべきなのか。

29日の段階で篠原に出場停止処分についての発表が出ましたが

町田戦の前に。非常に残念の一言です。

明治安田生命J2リーグ 第20節 大分トリニータ戦における篠原弘次郎選手の行為に対して、下記の通り、出場停止処分を決定しましたのでお知らせします。 今後、同様な行為が繰り返されぬよう、篠原選手に厳重注意を行うとともに全所

開幕前のサポーターズミーティングで鈴木部長が掲げた「審判・相手選手へのリスペクト」はどこへやら。

選手が自分で口にしたことじゃないのでしょうが、サポーターを集めて首脳陣が口にした以上、その重さは理解してほしいなと。

難しい試合で自分たちの思うようにことが進まなければ、フラストレーションが溜まるのは判るんですが…。

結果、自分たちを苦しめるだけですから。ほんとに。

苦しい展開が続くと、こうしたプレーが出てくるのは非常に残念です。

正直この状況で町田戦を落とすようなことがあれば、昨年同様チームが低空飛行に入り始めそうな予感がしてきているだけに町田戦は「大一番の予感」しかしません。

そして、この記事を書いているのは30日15時をまわっているのですが、外はまだ雷がなってる?さて、試合は開催できるのかな…。

天候不順となると、相手も同条件とはいえ、調子が落ち気味のアビスパ福岡としては試合展開が難しくしてしまいそうです。

このタイミングで今季好調の町田ゼルビア戦

正直この流れで町田戦を迎えたくなかったというのが正直なところです。

今季の町田は非常に厄介な相手です。

今季序盤に立て続けに町田の試合を見る機会がありましたが、非常面白いチームだと感じました。

以前からコンパクトな4-4-2で戦うチームでしたが、今季はその形がかなり本格化しています。

京都サンガもヴァンフォーレ甲府も町田戦でビルドアップをことごとく粉砕されて開幕直後からチームバランスを崩したんじゃないかと思うぐらいに、とにかく早いプレスに、組織的な守備はハマると対戦相手の攻撃リズムを木っ端微塵にしてきます。

個人的にはすごく好きなサッカースタイルだったりするのですが…。

1つ不安な点をあげるなら、非常に運動量が伴うスタイルを夏場の時期も維持できるのか。

という点は興味深いので、ここから町田の快進撃の真価が問われる時期だとも思っています。

非常にコンパクトに守るので、ポイントは「鈴木惇のサイドチェンジ」と、「ドゥドゥとユ・インスの裏抜け」がポイントになりそうだと考えています。

そして、サイドチェンジからの「サイドアタック」。

しか無いと思うんですが…。

極端なことを言えば、どんな形であれば点がとれれば良いのですが…。

このまま手をこまねいていえては、ほんとに昨年と同じようなシーズンの流れになりそうなだけに。

町田戦勝利は昇格への条件。と、いっても過言ではないかも…?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク