【アビスパ福岡を分析するブログ】アビスパ福岡の失点は「スカウティング不足」?ちょっと不思議な京都レンゾ・ロペスへの対応 第2節アビスパ福岡vs京都サンガ

スポンサーリンク

実は心配だった守備陣が…

記事を見ていただいている皆様毎回ありがとうございます。今期もできれば休まず記事を更新していこうと思っていますが。

次節直前になってようやく京都戦のおさらいです。個人的には開幕から厳しい戦いが続いております。

さっそくではありますが。

前回の記事を見ていただいた方であれば、覚えてくださっているかもしれませんが…。

開幕戦勝利において、完封したもののDF陣にさして高い評価をしていなかったことをご記憶していただいているかと思います。

【2018年開幕戦 岐阜FC戦】

【アビスパ福岡を分析してみるブログ】井原監督の開幕戦勝てないジンクスに終止符!やっぱり開幕勝つと安堵感が違う!!【第1節】アビスパ福岡vs岐阜FC
開幕戦勝利ということでまずはひと安心 2018年シーズン J2 開幕戦を2-0の勝利で飾ったアビスパ福岡。 井原監督就任以降、過...

前回、ちょっと触れていますが正直DFにはあまり良い印象を抱いておらず。

特に岐阜のフィニッシュの場面において寄せが甘かったのが気になっていたのですが。

試合の流れ的なものもあるとは思いますが、それが今回良くない形で露呈したんじゃないかなと思っています。

京都戦も大丈夫か?と、思うシーンもあったのでその辺を振り返りながら引き分けてしまった開幕第2戦のアビスパ福岡 vs 京都サンガの一戦を振り返ってみたいと思います。

今回も超個人的な選手評価

ちなみにですが、評価基準は10点評価です。

まあ、最低限の仕事ができたと思ったら 5.0 という基準で考えています。

ただ、某国のガゼッタ紙の評価と同じで10点はほぼ出ないと思います。つまり「辛目」ということですね…。

  • GK 4.5 杉山
    相手FWのプレスにロングフィードをブロックされる。転がり方で次第では即失点のシーン。開幕戦からキックが不安。
  • DF 4.0 岩下
    レンゾ・ロペスへの対応がちょっと残念。DFの寄せも甘い気が
  • DF 4.5 堤 
    通常のプレーではレンゾ・ロペスに寄せて対応していたけど…。2失点目で完全にボールウォッチャー
  • DF 5.5 駒野
    前節と比較し、確実に前に出るタイミングをチーム内で確立している。そこは流石の一言。
  • DF 6.0 輪湖
    ビルドアップの最大の功労者。
  • MF 5.5 ウォン
    守備的なポジションを忠実にこなしていた。攻撃よりのスタイルの縁の下の力持ち。やや危うい横パスが怖い
  • MF 4.0 鈴木
    積極性は前節より出ていたんですが…。決定機を外す、前からのプレスの判断の悪さ、弱い守備と問題が起こるところに鈴木あり
  • MF 6.0 松田
    クロスへの飛び込みのタイミングやプレーの安定感は文句なし。
  • MF 5.0 城後
    ドゥドゥの負傷から投入も…。ゴール前惜しいところもありました。とりあえず及第点ですが、今のチームだとスピードの無さが目立つ
  • MF – エウレー
    プレー時間が短く評価できず(妙なイエローのもらい方はいただけない)
  • FW 5.0 石津
    攻撃にポジティブチェンジした後の役割をしっかり担っていたものの、簡単に転ばないでほしい。この日の審判廣瀬さんには見透かされてました
  • FW 6.0 ドゥドゥ
    攻撃陣を引っ張る活躍に待望の得点も。ただ、ケガだけは勘弁して
  • FW 5.5 森本
    オウンゴールにつながる守備とシュート。守備も献身的にこなし安定感が高いのがなによりポストでもうちょっと頑張って欲しい
  • FW – トゥーリオ
    トゥーリオを知るには時間が短すぎたかも

アビスパ福岡のスターティングメンバー

前回に引き続き、4-4-2 を継続。

ミラーゲームの形をとってきた井原監督。前節も形としては悪くなかったので、ここは継続性も含め4-4-2のチョイスはある程度予想できたのかなと。

井原監督はミラーに持ち込める時にはミラーにする傾向はあると思います。

前線には石津でなく、森本。こちら個人的には守備面で石津より遥かに良い。と、見たのですが…。この試合ではもっと別の狙いがあっての森本だったようです。その点についてはのちほど。

相棒にはドゥドゥ。中盤は左から、石津、鈴木惇、ウォン、松田。

最終ラインは左から輪湖、堤、岩下、駒野です。

キャプテンは鈴木惇から石津へ。キャプテンローテーション

キャプテンマークが鈴木惇から石津へ移動。なるほど。今期のキャプテンは試合ごとに代わるんですね。

個人的には良いと思います。もうメンバーも違うのであてはまりませんが、アビスパ福岡はかつてどこか他人事なプレーをすると感じることもあったので…。

みんなで責任もってやっていくためにということであれば、良いんじゃないでしょうか。

昔、1995年頃だったと思いますが、ファーガソン時代のマンチェスターUが試合ごとでコロコロキャプテンを変えていたような話を聞いたことがあります。ターンオーバーの影響だったりケガだったりと思いますが。

よくよく考えてみたら、まだピーター・シュマイケルとかエリック・カントナがいる頃だったか…。20年以上も前なのか…。もはや古典になりつつある感も…。

そういうレジェントたちが集まったチームでは全員とは言わなくても、キャプテンとして振舞える心構えを持つプレーヤーが多いんでしょうね。強いチームとしての条件なのかもしれません。

もちろん、こうしたことをしなくても自然にそういった気持ちを持ってくれると良いですけどね。

ちなみに鈴木惇は前節にくらべて非常にチャレンジが多くなりました。まあ、そのチャレンジが危うい場面もあったんですが…。

自分自身の攻撃参加もそうですが、積極的な縦パスが前節と比べても増えたと思います。

ようやく鈴木惇らしさが出たと思います。なら評価を上げても良いと思うんですが…。なんでしょうね…。なんか悪いところだけが目立つんですよね…。

ただ、その陰には森本の存在があったのかも。

ドゥドゥと石津では出せない縦パス?

これは鈴木惇に限らず、岩下にも同じことが言えるのですが、積極的な縦パスを入れることが前節の岐阜戦では少なかったですし、パスを狙っていた岩下はその精度を欠いていました。この辺は前節の不満な点にもなっていたんですが、この試合では森本のポストプレーで縦パスを呼び込んでいました。

画像がブレていますが、最終ラインの岩下から森本へ縦パスが入ったタイミング。前線の森本が、トップ下の位置にいる石津のところまで下がってボールを受けています。

森本はこのプレーを意識して居たと思われます。

どうやら、石津とドゥドゥのコンビではこの引き出しがないのかもしれません。ドゥドゥはサイドに開いて裏を狙いながらもらうのが好きみたいですし。

石津は相手を背負うと弱い印象もあるので(ファールにならないと打開できない)。

開幕戦でFWにこうしたポストプレーの動きを要求していたか判りませんが、京都戦の森本のような動きがでてくると、鈴木惇と岩下の縦パスは活きてきます。

さすがにウェリントンほど収めてはくれませんが、これはこれで重要だと思います。

ボールが収まって、石津につながれば、攻撃の展開が見えてきますし。

またこの形になるとアビスパ福岡の攻撃の「ギアチェンジ」のタイミングのひとつでもあったようです。

とはいえ、一応付け加えておくと

森本のポストプレーという狙いは悪くなかったですが、森本が思ったようにボールを収められないので、そこはマイナス。

攻撃意識の高かった鈴木惇は森本の体制が悪いのに上がってしまってあわや後ろはDFラインのみの状況で相手に前を向かれそうになることも…。

森本がボールを収めきれていないのに、鈴木惇が高い位置を取ろうとしたために、ウォンの前に京都4人が並ぶ形に。

ウォンがかわされてしまえば、DFラインの前に京都4人が入り込みかねない状況でした。

相手がボールの処理にもたついてくれたことと、森本が素早く戻ったおかげでウォンとボールホルダーを挟み込めましたが…。完璧なカウンターを喰らってもおかしくなかったシーン。

このポストプレーに関してはトゥーリオのプレーを見てみたいですね…。

前から守備に行くのは良いが…

今年のアビスパ福岡の特徴として、高い位置から昨年より明らかに積極的に守備に出ます。

ドゥドゥのプレースタイルとも合うのかもしれません。開幕戦でもドゥドゥが高い位置でボールをひっかけて攻撃に転じる場面もありました。

個人的には非常に良い傾向だなと思っているんですが…。

ただ、「前から行くか、行かないのか」のチーム全体としての判断がまだ甘いのかなーと。

ドゥドゥは特にですが、相手の最終ラインがパスを回すところを狙っています。なので積極的に相手のボール回しに突っかけていきます。

これは良いのですが…。しかし、その後、相手をある程度押し込めない状況であれば、FWより後ろが無理に突っ込むのは危険だと思います…。

ドゥドゥがGKにプレスをかけたのですが、単独。GKは多くのパス選択がありましたし、簡単に中央にパスを通されてしまいます。

個人的な観戦経験ですが、GKにプレスに行ったときは精度の悪いロングフィードを蹴らせるか、サイドにパスさせるのを狙うのが、セオリーだと思っています。

もちろん、奪えたらベストですが、精度の悪フィードはマイボールにできる可能性が高いですし、サイドにパスを出させればライン際で追い詰めることができる。

という考えです。ケースとしてはこんな感じ。

先日のバルセロナvsアトレティコマドリードで、アトレティコマドリードが前からプレスをかけたシーン。

GKにプレッシャーをかけつつ、パスコースを潰す。GKとしては、右側からプレッシャーをかけられているので、右側にいる選手にはパスしづらい。

パスコースを塞がれている選手もパスしづらい。自陣だけに敵が近くにいる選手もパスしづらい。

前線に長いフィードを蹴るか、やや遠いけど、サイドのフリーの選手へやや長めのパスを出すことになります。このケースでは左サイドがフリーだったので、実際このあと左サイドのフリーの選手へパスは渡るのですが…。

何が言いたいかといいますと、前線からプレスする側としては「パスコースに入る」「ボールの受け手を捕まえる」ということが出来ていなくては、簡単にパスを出されてしまうということです。

つまり、完全に相手を捕まえきれていないのに鈴木惇はなぜ慌てて相手にプレスに行ったのかなというのが疑問。

プレスはほぼ意味なく、簡単にパスを通され鈴木惇ががら空きにしたところから京都サンガの攻撃がスタート。相手のビルドアップなのになぜかカウンターを受ける羽目に。

今回の失点はカウンターからではないのですが、これはいずれ失点を招いてもおかしくないかと…。

DAZNの解説では鈴木惇は「大分のときに片野坂監督から、守備について細かく指導を受けた」という紹介がありましたが…。

鈴木惇に限らず、前からの守備はとても良いとは思うのですが、もうちょっと精度を上げていく必要がありそうです。

とはいえ、前半はほぼパーフェクトの出来

ちょっと、哲学的な解釈のお話になりますが。

アビスパ福岡のサンガ戦の問題点は前半の出来がほぼパーフェクトの展開に持ち込めたこと。だったのではないかと思います。

試合の入りではサイドを簡単に使われたり、不用意に相手に攻撃チャンスを与えていたのですが、時間が立つにつれ京都サンガの攻撃を中盤でことごとく潰していました。

そこからの攻撃がハマっての前半2-0。もちろん、自陣からのビルドアップも昨年とは比べ物にならない安定感。

ドゥドゥのオーバーヘッド気味のボレーゴールの直前のシーンですが。

輪湖がスルスルと、左サイドを上がってボールを運びます。

この日、最終ラインのパス回しでもそうですが。輪湖は多少相手に距離を詰められてもスルスルとドリブルでかわしてボールを運んでしまいます。

ビルドアップでやや手詰まりになりそうになると、輪湖が相手をかわしてくれるので、非常に見ていて安心できます。

昨年だと亀川が相手に距離を詰められてしまうと危うかっただけにこれは大きな違いです。

いや、本当によく来てくれたなこんないい選手が…。と、思わずにはいられません。

その後、石津を経由して(できれば潰されずにパスを回してほしかったけど)岩下、駒野、松田と渡ってドゥドゥのゴール。

2点目はオウンゴールですが、直前のプレーはドゥドゥのプレスからGKのクリアが中途半端になったところのこぼれ球を拾ってから。

前からの圧力があったから、オウンゴールまで繋がったと思います。

2点奪ったあとも、京都の中盤のビルドアップ(相手のボールコントロールのまずさもあったとしても)をことごとく、FWと中盤で挟んで潰すの繰り返し。

正直、修正点がなかった。というのが、このゲームを難しくしてしまった気がしています。

もっとサイドから京都の攻撃を受けていれば、井原監督もサイドのテコ入れをもっと早い段階で動けたのではないかなと。

レンゾ・ロペスへの対応

結果、2得点したレンゾ・ロペスですが、正直岩下のレンゾ・ロペスへの対応はやや疑問なところも多い。

試合の動画を見ていて思ったのはレンゾ・ロペスのプレースタイルを把握しきれていなかったことが原因なのかなと感じたりもします。

最初の失点の直前のプレーです。

京都サンガがコーナーキックから、こぼれ球を更にクロスで放り込むシーンがあります。

コーナキックでは「ゾーン」で守備をしていたアビスパ福岡としては、そのコーナーキックからの連続プレーとなるのでその延長線上で守っているところもあるのかもですが。

堤は、きっちり闘莉王を捕まえているようなのですが、岩下はレンゾ・ロペスをきっちり見ているという感じがしません。

背後に入られ…。クロスが上がると同時に、前に出てきたレンゾ・ロペスと競り合うも微妙に競りきれず、体を当てることも出来ず。

体を寄せきれません。

レンゾ・ロペスも身長がクローズアップされますが、クロスのタイミングでは動いてきっちりDFの裏を取ってくるタイプです。

岩下の対応が甘いとは感じていたんですが(とはいえ2-0だったので危機感は感じていなかったんですが)。

レンゾ・ロペスへのクロスでまず1失点。

厳しい言い方をすると、石津が簡単に転んでファールを貰いに行かなければ、このシーンは訪れなかったかもしれません。

この日、石津の「すっ転び」に対して笛を吹かなかった廣瀬主審。もちろん、ファールを貰いに行くのも技術ですが…。この日の廣瀬さんは石津が「すっ転ぶ」シーンは完全にスルーしてましたね…。

もちろんちゃんとしたファールは取ってましたが…。石津はファールを貰いに来る選手と審判もみてますよね…。普通に見ていてもそう思いますし…。

DFに話は移りますが、クロスが上がるタイミングで岩下はレンゾ・ロペスを捕まえていたようなのですが…。

クロスが上がる瞬間にサッと距離を取られて、背後に回られます。うーん。そこまでスピードあったとも思わないので、アビスパ福岡DF陣はレンゾ・ロペスを捕まえに行かないです。

とはいえ岩下はこの動きをある程度把握はしていたみたいで、「オフサイド」を取りに行ったのかもです。

実際、クロスが出た時点で岩下は手を上げてアピールをしています。おそらく、レンゾ・ロペスはオフサイドポジションだとアピールしたんだと思います。

しかし、レンゾ・ロペスの奥に駒野が戻っているので、残念がらオフサイドではない…。

まあ、岩下の狙いはわからなくもないのですが、残念なのは鈴木惇。岩下から距離を取った結果、レンゾ・ロペスと鈴木惇が重なることになるのですが…。

動画を見ていただけるとわかるんですが…。

なんだよ、そのオママゴトみたいな競り合いは…。申し訳ないですけど、ほんとにそう思いました。

攻撃面で良さが出てきたと思ったらのですが、守備面での脆さがどうしても随時出てきます…。

2失点目はやや不運なところもありましたが…

2失点目は、岩下がブロックしたクロスのボールが相手の良いところに転がってしまったという不運が大きいかなと。

とはいえ、スローインから岩下がクロスをブロックしてボールが転がるまで。

レンゾ・ロペスはフリーで放置。

誰かもっと捕まえてあげて。

と、思ったらさすがに2失点もすると考えが変わるようで…。

ちゃんと堤が捕まえるようになってました。うーん。最初からこれしてれば、失点してないとは言わないですが追いつかれなかったんじゃないかな…。

たしかに初対戦ですし、ここまでほとんどプレー時間のないレンゾ・ロペス。どういったプレーヤーなのか、いまいち把握しきれず対応していたのか…。と、思ってしまう瞬間でした。

動きが遅かった井原監督?

この試合、アビスパ福岡は一貫して「攻めきる」というスタイルで勝負していました。

昨年は後半の65分くらいになると、2枚替えをすることもあった井原監督ですが72分にドゥドゥが足を痛めるまで、選手交代のカードを切りませんでした。

とはいえ、60分頃から70分頃はアビスパ福岡が攻撃のリズムを作っていた時間帯でした。

点を取りきるというのであれば、交代カードを切るのをためらうのは個人的にはわかる気がします。あの時間で下手に城後を投入していたら確実にリズムが狂う。

DAZN実況でも「まだ選手交代のカードを切らない井原監督」といわれていましたが、あれは迷ったと思います。

まあ、城後が入らなくとも、ドゥドゥが去ったタイミングでアビスパの攻撃リズムが崩れたと個人的には思いますが…。

正直投入するのは城後じゃないと思います。だって、途中出場でも普通に消えますからね。城後。それが良さでもあったりするんですけどね…。

トゥーリオ・デ・メロを投入しても攻撃面で活かせる感じしませんでしたからね…。

よってやっぱり、ユ・インスの負傷が痛いと思うわけです。ユ・インスが先発していたとすれば、松田が下がっていたのか開幕のように森本が下がっていたかはわかりませんが。

スピードのあるユ・インスをこのタイミングで投入したほうが、仕事をしてくれる気がしています。

そう考えると、今のアビスパ福岡は「けが人トラブル」を抱えているチームと見ることもできるかもしれません。

このへんがベンチワークを難しくしている気もします。

空中戦に弱い?アビスパ福岡

この記事を書くに当たって完全通しではないものの試合を3回くらい見返しているのですが、最初は「冨安不在の影響か」とも思っていました。

レンゾ・ロペスのようなタイプは冨安が担当するのが去年の常でした。

そのため、やはりフィジカルのあるDFが抜けるとこうなるか…。と思っていましたが。

失点シーンを見ている限り、フィジカル的にやられたというより、ポジションを上手く取るFWを捕まえきれなかった。というのがこの日の失点理由だと思います。

ウェリントンと冨安がチームを去り、身長が武器となるプレーヤーはトゥーリオ・デ・メロだけですが、フィジカルで言うと田村もいます。

FWのフィジカルに任せて攻め込んでくるチームは他にもあるわけですが、その対応を考えたとき、別の選手を出すべきなのか。

とはいえ、「相手に寄せる、捕まえる」という意味では田村はどうかなーと。年明けの公開練習を見ていたましたが、田村はそのへんあんまり得意じゃないというか…。あと、判断もちょっと遅いかな…。

と、考えているとやっぱり篠原の負傷離脱が痛い。

空中戦というより、「相手にきっちりついて守備ができるCBがいない」というのが問題かもしれません。

タイプとしては、J1昇格時にチームにアビスパ福岡に加入した「キム・ヒョヌン」とかのようなタイプ。

案外堤は寄せるの上手かったりするんですけどね…。ちょいとポカがあるんですよね…。今日のようにボールウォッチャーになっちゃったり。

次節、アウェーで金沢戦です

次節金沢戦ですが、個人的には金沢も4-4-2ですので、今回同様4-4-2で来るのじゃないかなと思っています。

メンバーも動かしてくるかわかりませんが…。

個人的には鈴木惇のプレーがかなり不満ではあるのですが、けが人が復帰しない限りこのメンバーでしばらく行くことになりそうですね。

鈴木惇、守備面でもう少ししっかりしてくれるといいんだけどなー…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. どないせい より:

    岩下のロングフィードが悪くなったなのは、怪我の影響があるのでしょうか?
    それとも、スペースに入れるのが苦手でターゲットにピンポイントに入れる方が得意なのでしょうか?

    • ざかしんく より:

      どないせいさん。
      コメントありがとうございます。ケガの影響とロングフィードの関係は私もわからないのですが、キック制度も含め全体的にちょっと調子が良くないのかな?と感じています。

      もともとケガの影響で満足にプレーできずG大阪を去っている経緯もあるので、心配ではあるのですが…。とはいえ試合に出ている以上、問題ないということなんだと思いますので、復調に期待したいですね。

      岩下のキックに関してはスペースに蹴るのは比較的アバウトだと思います。DFということもあるとは思いますが、FWやMFの走り出しに合わせて絶妙のパスをスペースに通す。というタイプではないと個人的には思っています。