【アビスパ福岡を分析するブログ】水戸戦の枝村は「ステルス」じゃない。喰らいすぎたカウンターと枝村の関係。第16節水戸ホーリーホック戦を振り返る

スポンサーリンク

今季最低の出来と言われた前半の出来。アビスパ福岡が考えていたことは…?

連敗を避けたい水戸ホーリーホック戦。結果は0-2とアウェーながら、しっかり勝点をゲット。

優勝を意識する以上、連敗だけは避けたいですので、結果としては一安心。

ただ、前半の出来はいはら監督からしても今季最低の出来だと。

確かにことごとく水戸のカウンターをもろに受け続ける展開はヒヤヒヤ。

實藤がペナルティエリア内でボールロストするなど致命的なミスもありました…。

どれか1つでも決まっていたら、全く違う展開、結果になっていたのは…。想像に難くないです。

水戸が精度を欠いたとも言えますが、圍が安定したセービングみせていました。

圍を始め、守備陣が粘りきったおかげで後半の2点があったと思いますが…。

とはいえ、前半の展開は何だったのかと。

今回は、点を詳しく振り返ってみたいと思います。

愛媛戦の再来?アビスパ福岡のフォーメーション

左にユ・インス。右にエウレー。となれば、先日の愛媛戦の布陣が思い起こされるわけですが。

前回の愛媛戦はドゥドゥを累積警告で欠く状況だったのでそれを補う意味での布陣だと見ていました。

しかし、今回はドゥドゥもいる状況でこの布陣を取ってきたということは…。

井原監督としてはかなり「攻撃面」を意識しているのかな?という印象です。

実際、試合はだいぶ前がかりな形で進行するわけですが。

前半のアビスパ福岡のプレーを読み解く

開始直前のプレー。

ロングボールでの対応ですが、松田が競っています。松田が適任なのかは疑問ですが、この日は松田がポストプレー役でした。

グラウンダーでボールを受けることは…。さして多くはなかったですが。

おそらく、ポストプレーだけ考えるなら森本でも良かったのかのかもしれません。

ただ、この布陣でロングボールを収めてボールを運ぼうとは思っていないはず。

前線で競ってこぼれたところ拾えれば良い。くらいの判断だっと思われます。おそらくですが、松田を選択したのは積極に動き裏の抜け出しも、こうしたセットプレーもずば抜けて優れているわけではありませんが、なんとか対応します。

それをドゥドゥとユ・インスが拾おうと距離を縮めていましたが…。

それ以上に水戸の守備陣がコンパクトに詰めてきました。上記画面でも中盤の4人がきっちり距離を詰めています。

アビスパがなかなかこぼれ球を拾えなかったのは、これも一因かなと。

ちゃんとボールへ詰めていた枝村

後半枝村がゴール前でプレーに絡んだことでドゥドゥの先制点が生まれました。

DAZNの実況の方が「枝村の名前が出てこない」的な事を言った直後だったので、印象的な感じではありましたが…。

多分この実況の方、アビスパ福岡の選手を認識してないだけなのかもですが…。この日の枝村は非常に攻撃的に試合に入っていたように思うんですが…。

口の悪言い方をしますと、どこ見てんだこの実況…。

枝村はこれまで攻守において「バランス」を取るポジショニングが多かったように思います。

しかし、この日は非常にボールに近いところでプレーしようとするしていましたし、鈴木惇よりも高い位置でプレーすることが多かったです。

相手のパスが流れたシーンですが、真っ先にボールに行っているのは枝村。サイドのユ・インス、エウレーの方が後方にポジションしています。むしろ松田より前。

こういう感じで枝村の前への意識というのはこの日は、非常に高かったように思います。

枝村がボールを奪おうとして、奪いに行ったところ手にボールが当たってしまってハンドの反則を受けるシーンがあったのですが。

ハンドを取られましたが、枝村が奪った位置はほぼドゥドゥ、松田のすぐ後ろ。かなり積極的に前(ボールの近いところ)にポジショニングしていました。

攻撃のときにもその意識は同じだったようです。

ちょっと人とボールが重なって見えにくいですが…。ユ・インスがボールを持ち込もうとしたシーンですが、枝村がフォローについています。

このタイミングでエウレーも高い位置を取っていますが攻めに5人が参加しています。結構人数かけています。

枝村が上がったあとにはサイドバックの輪湖が上がって来ます。攻撃時はアビスパ福岡の最終ラインは3バックの様になります。その前に2枚のボランチ(サイドバックが絞る)ような形になります。

お。なんか、バイエルン・ミュンヘン時代のグアルディオラ監督みたいな戦術じゃん!輪湖、ラームぽいねー!なんてミーハーな感じで見てたんですが。

この形が今回の「カウンターを喰らいまくる」事態を引き起こしたと見ています。

さらに飛び出すボランチ

サイドが詰めてボランチを2枚形成することでバランスを取る。

という形式であれば、もうちょっと安定したかもしれません。

しかし、アビスパ福岡はここから更にボランチに入った選手が飛び出していきます。その結果、ボールを奪われるとボランチの枚数が足らなくなり、最終ラインの前にスペースが空きまくり。

そのスペースへ慌てて實藤が上がってくるなんてことになりますが、そのときには既に遅し。相手はすでにフリーでボールを回し始めているといった次第です。

上記の画像でも輪湖が高い位置を取り、枝村も攻撃をフォローするためにサイドへ。

中盤は鈴木惇だけ。

これが、ウォン・ドゥジェなら一発カラダをぶつけて相手を潰すなり出来たのかもしれませんが、枝村と鈴木惇だとちょっとむずかしいかなと。

また、結構押し込む割に相手のゴール前でパスミスしてしまうケースも多かった。そのため、良くない体制からカウンターになるケースも。

さらにこの日のアビスパは相手ゴール前に人数をかけます。

サイドにボールが出たときでもFWもサイドもみんなゴール前へ突入。

この形で石津、山瀬がいると、赤丸のあたりにポジショニングしてセカンドボールを狙っていたりするのですが…。

全員がゴール前に飛び込んでいくのでセカンドボールを拾えないどころか、そのままカウンターに。

とにかく、攻撃から守備への切り替えなんて知らんわ!と言わんばかりの猪突猛進。

とにかく前。

既に故人ではあられますが、かつて明治大学ラグビー部を率いた北島忠治さんが部を率いていくにあたって常に「前へ」という言葉を使っていらっしゃいました。当時、明治大学ラグビー部のプレースタイルを象徴するような言葉だったのですが。

それをサッカーで体現したかのように、この日のアビスパ福岡はとにかく前。今にも転びそうなくらい前のめっていましたが…。転ばなかったですね。

エウレーに、ユ・インスもガンガン前に出ていくので、サイドを實藤があがり、更に枝村がフォロー。

ボランチのところには、輪湖が詰めていますが…。

チャンスと見るや、鈴木惇も攻撃へ…。この時点で6人が攻撃参加。しかし。あっさりパスミス。

そして、鈴木惇が空けたスペースからカウンター。慌てて篠原がスペースを埋めに前へ。輪湖もフォローへ走りますが…。もう最終ラインは堤一人だけ。

まあ、これは本当によく点を奪われなかったよと。

ただ、これが悪いとも思わない

結果的に勝ててるのでそんなことが言えるんですけど。

この日カウンターを受け続けたことがそんなに悪いことなのかといえば、そうでもないのかなと。

もちろん、非常に危うかったんですけど、攻撃という目的をしっかりもって試合に臨めていたのは良かったんじゃないのかなと。

想定以上にカウンターを受けたと思いますが、ある程度はそれも折り込み済みでこの試合に挑んでいたように個人的には見えました。

もしこれが、チームの方向性が定まらない状況で引き起こされていたのなら大問題ですが…。

一方で、後半試合を進める上でハーフタイムにチームとして修正はあったとは思いますが、前に出て人数をかけていくというコンセプトを止めなかったのは正解でした。

攻め続けたからこそ、枝村が絡んでのドゥドゥのゴールが生まれたと思います。

ドゥドゥのゴールが生まれる直前のシーンですが、枝村がゴール前に走り込んだシーンは前線に5人が入り込んでいます。

4枚の最終ラインに対して、枝村が完全に余ってます。周囲に気を取られ、後ろから走り込んだ選手を捕まえきれなかったという感じでしょうか。

4-4でコンパクトに陣形をつくって引いて守る水戸の守備をこじ開けた瞬間だったんじゃないかなと。

水戸としては「ちゃんと守っていた」つもりだったと思います。陣形もしっかり作れてますし。

でも、そこを打ち破って点を取れたのは大きいと思います。だからこそ水戸へのダメージも大きかったと思います。

以前は引いて守る相手になかなか点を取れませんでしたが、そこを押し切って点を取れたのはチームとして進歩だと思います。

逆に前半でカウンターにビビっていたら、この結果は生まれなかったかなと。

前半のやり方を曲げずに貫いたという意味で結果が出たのは良かったと思います。

枝村もまたもや「ステルス」なんて言われたりもしていましたが…。

確かにステルスなプレーが売りの選手かもしれませんが、この日は何度も攻撃に守備にと積極的に絡んで作ったこのシーンですから。

私は敢えて「存在感あったよ。ステルスじゃないぞ」と言いたいと思います。

徳島戦はどうなるか

こうなってくると、次節の徳島戦も注目です。

徳島はなんと言っても今J2で最もボールを持ちたがるポゼッション型のチームです。

直近の試合でアビスパ福岡はボール保持率の低いスタイルのチームとの対戦が多かったわけですが、ポゼッションしてくるチームです。

岐阜や山口に千葉といった「ポゼッションをしっかりしてボール運んでくれるチームには比較的相性が良い」のがアビスパ福岡の特徴だと思っています。

また、これはあくまでイメージでしかないのですが…。徳島は水戸より試合巧者なイメージがあります。

その徳島相手に水戸戦のような前のめりなスタイルでガチンコで攻め込むのは得策とは考え難いですが…。流石にころっと転ばされてしまう気が。

昨年2敗している相手というのも良いイメージが浮かばない原因かもしれません。

現在10位と徳島としてもまだチームとして調子に乗り切れていないのかもしれませんが…。徳島相手に押すにしても、引くにしてもきっちり自分たちのやりたい形で勝てるようであれば…。

いよいよチームして本格化してくるのではと言えそうな気がします。

そう言い切れるような試合を期待したいしております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク