【アビスパ福岡を分析するブログ】愛媛戦の後半は稀代の凡展開?それとも新しアビスパ福岡の形?第14節アビスパ福岡vs愛媛FC戦を振り返る

スポンサーリンク

アビスパ福岡としては「得意な展開」となった愛媛戦

前回の記事といっても土曜の午前中に公開しているので、岡山戦の振り返りからすぐさま愛媛戦へ突入となったわけですが。

気になっていたのは、讃岐、岡山といったポゼッションを重視しないチームがシンプルに前線にボールを放り込んできたとき、アビスパは処理に手間取って相手に主導権を握られてしまう傾向がありました。

今シーズン愛媛戦はまったく見れていなかったので、どういったサッカーをしてくるか読めなかったのですが…。

これまでの数字を見る限りはそこまでポゼッション高くなかったのでシンプルにボールを放り込んで来るんじゃないなかなと思っていました。

愛媛がどういった攻めを見せてくるのか。そしてその攻めをアビスパ福岡がどう対応していくのかというところを見たかったのですが…。

この日のゲームはどちらかというと、愛媛は「つなぐサッカー」をしてきてくれました。

現状降格圏にある愛媛としては自分たちの攻撃の形をしっかりやってチームの調子を上げていこうという狙いはあったのだと思いますが、アビスパ福岡としては逆に自分たちの狙いが出しやすい展開だったと思います。

そんなこともあってか、ユ・インスの移籍後初ゴールと松田が得たPKをエウレーが沈めて2-0で勝利。

圍が先発するようになって始めてのゼロということで、無失点で試合を終わらせた&複数得点で試合を終えることが出来たのは良かったと思います。

とはいえ、前節岡山戦からの課題にはまだケリがついていないかなと考えると…。次節松本戦も要注意かも知れません。

そんな第14節アビスパ福岡 vs 愛媛FC戦を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡のフォーメーション

前節の岡山戦は3-4-3の形を取ってきた井原監督ですが、今回愛媛戦は直近のベースフォーメーションと言える4-4-2。

ドゥドゥが累積警告で出場できないので、前線をどうするのかなと思っていました…。

3トップはないかなと思っていました。

最近の数試合の内容を見る感じだと積極的に地上戦に挑んでいますし、それがある程度形になっているのでトゥーリオはベンチ入りはあっても先発はないかなと。

かといって、木戸はまだ先発で使ってこないだろうし。

個人的には2トップの森本と松田かな。と思っていました。石津は岡山戦でちょっとどうかなという感じだったので外れるかなとも。

そんな予想もあったので、石津、松田のコンビはまったく予想していませんでした。

サイドの配置も予想外でした。

右にイ・ユンス、左にエウレーなら十分に考えられたのですが、井原監督がチョイスしたのは、左にユ・インス。右にエウレー。

おそらく、前線の攻撃力不足をユ・インス、エウレーのカットインで補いたいという狙いだったのではないかと。

前回の岡山戦でも試合開始時は左に駒野、右に平尾を配置しながら後半になると左右の位置を入れ替えて攻撃に変化を付けてきた井原監督。

この試合でも途中でユ・インスと、エウレーの左右を入れ替えてきました。

この采配を見る限り、サイドの攻撃には井原監督のなかで手応えというか、自信のようなものを持っているのかもしれません。

そうでなければ、簡単に左右をコロコロ入れ替えてこないでしょう。

愛媛戦では松田と石津で点を取ると言うよりは、松田と石津が上手くサイドのユ・インス、エウレーと連携しなが点を取るというイメージだったのかもしれません。

存在感を増している實藤?

またサイド攻撃ということでは實藤の存在感が増しているようにも思えます。

前節は3バックということもあって、先発していた實藤。確かに3バック時の右としてはファーストチョイスの存在です。

しかし、この日は4バック。これまでの起用方法であれば右サイドバックは駒野ですが、この日は實藤が先発。駒野は前節もプレーしていますし、この日も負傷退場した輪湖に代わってプレー。コンディション的に不具合を抱えているわけでもないようです。

そう考えると、實藤の優先順位があがっているとみるべきかと。

個人的に實藤のストロングポイントはユーティリティにあると思っています。

後方から攻撃参加し人数的に押し上げ、中央でもサイドでもパスの基点になれます。駒野は主にオーバラップ(外)のタイプですが、實藤はインナーラップ(内)を得意としています。

また、實藤の場合はクロスのタイミングで高さを活かせます。

キックの質やサイドへの仕掛けのタイミングは圧倒的に駒野ですが、地上戦を中心に攻めるスタイルにおいては万能性の高い實藤の存在感が大きくなっているようにも見えます。

岡山戦の後半でも實藤がしっかり上がって攻撃参加することで、サイドから攻撃にリズムが出ていましたし。

この日のユ・インスの先制点も岩下のサイドチェンジから實藤が頭で落として石津→ユ・インスとつながりました。

このシーン駒野だったら岩下からのサイドチェンジに対して、もっとタッチライン側で足でトラップしてからの展開になったかも知れません。もちろん、駒野のキックから生まれるゴールもあると思いますが…。

バリエーションの多いプレースタイルは、今の地上戦の多いアビスパ福岡のスタイルにあっているのかもしれません。

今後も4バックでも實藤が右サイドを張ることは増えてくるかも。

木戸に関して

アビスパ福岡の話をしていると大体「木戸をどう思いますか?」と聞かれることがあるので、木戸についてコメントすると。練習を含め多くのプレーを見たわけじゃないとお断りした上ですが…。

先発として出場するには井原監督の求める水準まで守備での動きを改善する必要があるかなと思っています。

練習で見た限り攻撃から守備への切り替えでの守備のポジション取りやら、相手の追い方は松田、森本の方が数段レベルが高いように思います。

攻撃面ではこの日は松田とポジションが被るなどちょっとチーム内の動きに合わせきれていない感もあります。

もちろん、素質の高さはあるとおもうので期待はしたい選手でありますが、もうちょっと気長に見るべき選手かなと思っています。

ロングボールに気をつけよう

井原監督のハーフタイムコメントにて「ロングボールに気をつけよう」「セカンドボールを拾おう」というのがありました。

ほとんどロングボールを入れてこなかった愛媛ですが…。あえて発言した背景は、個人的には井原監督がロングボールの処理に課題を感じているのじゃないかなと。

前半10分過ぎ。まだ0−0の場面ですが、鈴木惇が相手GKまでプレスに行くシーンがありました。

単独のプレスで後ろが連動していたわけじゃないのですが…。

GKがクリアしたボールはアビスパ福岡の最終ラインまで届き、岩下がヘディングでクリアするのですが…。最終ラインと枝村以外が戻りきれておらず。

つまり、鈴木惇の動きに連動しきれなかったものの、全体的に前に上げていたようです。

アビスパの中盤がぽっかり空いています。

結果、守備の戻りが間に合わず簡単に愛媛にセカンドボールを拾われてしまうシーンがありました。この試合でほとんど愛媛の攻撃をシャットアウトしいましたが、ちょっと危ういシーンを作ったのがこのシーンでした。

愛媛のキーマン神谷を完全フリーにして、ゴール前に精度の高いボールを入れられてしまいます。

愛媛の西田が触っていればどうなったかわからないプレーです。

岡山戦でもセカンドボールの処理でバタついて主導権を握れなかっただけに…。今回は「ゴラッソ」になることもなく、致命的なことにはなりませんでした。

試合もこのあとすぐユ・インスのゴールが決まり、アビスパペースで試合は展開することになったのですが…。

結果によってはアビスパ福岡にとって良くないターニングポイントにもなり得たシーンかなと。

愛媛がどんどんロングボールを入れてきていたら?もしかしたら、岡山戦のような展開になっていたかもしれません。

しかし、愛媛が調子が悪いためなのかわかりませんが、繋いでゴールを狙うことに拘ってくれた?ので、アビスパ福岡としてはやりやすかったかなと。

ただ、こうしたロングボールの処理、特にセカンドボールの対応がなかなか改善できていと感じたからこそ井原監督のハーフタイムコメントに繋がったのかなと見ています。

岡山戦からの改善点

岡山戦からの改善点を上げるとすると、前線と中盤の距離感は非常に良くなったと思います。

というより、4-4-2ではもともとそう悪くなかったので、改善と言うか改めてしっかりと距離感をとれるようになったという感じでしょうか。

この日は、山瀬ではなく枝村が中盤で鈴木惇とコンビを組みましたが、枝村のポジショニングも良かったように思います。

山瀬はやや攻撃、守備に突っ込みすぎて時折ポジションを放棄するような形になるので、それと比較すると枝村のほうがバランサーなタイプだけに安心して見れるかもしれません。

まだ0-0で比較的高い位置からプレスに行くタイミングですが、前回の3トップだと前が出たあと後ろがポカっと空いたんですが。

前線だけがガツガツ出ていくこともなく、無理なく前線がプレスに出て、それに後ろがある程度コンパクトについてくるという形ができていました。

こういった点から4−4−2が現状のアビスパでは成熟度が高いシステムと思われます。得点したあともきっちりブロックを作って相手の攻撃を寄せ付けませんでした。

後半ちょっと押し込まれましたが、失点することはなかったですしね。

山瀬、枝村の共演

SNSなど見ていると、愛媛戦は後半の展開に不満を持たれる方が多かったようですが。確かに、3点目取って然るべき試合だったといってもいいですからね。不満は多いかと。

ただ、個人的には細かいところで興味深いシーンはありました。

後半面白かったのは、山瀬と枝村が同時に出場したこと。

このタイミングからアビスパのフォーメーションは4-3-3のような形になります。これは今後のアビスパの新しい形になるかも?しれません。

中盤に山瀬、鈴木惇、枝村という並び。

山瀬と枝村は状況に寄ってポジションを変えることもありましたが、近くでプレーすることも。

二人共非常に落ち着いていて、相手をいなしながらポジショニングしつつボールキープというのはベテランの味と言うか、いぶし銀と言うか。

上手くボールをキープするシーンはアビスパ福岡の新しい試合の終わらせ方を感じられた?と思います。

これは、ほんのワンシーンでしたが枝村と山瀬のポジションチェンジとパス交換は非常にアビスパ福岡らしくない光景でした。

後半愛媛にリズムを握られたのは…?

前半終了間際に輪湖が負傷退場。どこで怪我したかはちょっとわからないのですが…。

前半の40分過ぎくらいに西田との競り合いで篠原が倒れたときに、その横で輪湖も尻もちを付くように倒れ込んだのでアレ?とは思ったんですが、負傷交代。

自分で歩いて戻っていたので、重症ではないと信じたいところですが、輪湖の状態は心配です。

そして代わって駒野が入ったのですが。

後半で右のエウレーと、左のイ・ユンスが入れ替わった理由はこの輪湖と駒野の交代が影響しているでしょうか?正直、よく判りません(笑)。

色々考えてみたのですが、謎です。

あとは愛媛の攻撃が愛媛側から見て右サイドに偏っていたので、その対応もあるのかなと思っていたんですが…。

しかし、アビスパ側から見て左、つまり愛媛の右サイド側に入ったエウレーは守備の動きがイマイチ。

後半50分頃。愛媛のビルドアップ。右サイドにボールが入るのですが、ボールを追って横を向いた松田。一瞬、「え?」という感じ慌ててボールサイドへ走り出します。

さらに枝村も「おいおい」という感じで後ろを見ながら手で「前いけよ!」なジェスチャー。

その視線の先にはなぜか後ろに下がりきったエウレー。

なんで前からいかないの!?

というシーンでした。うーん。あんまり守備は得意そうでないエウレーですが、なんで愛媛の攻撃の大半を占めていた右サイド(アビスパ側からみたら左サイド)にエウレーを持ってきたのか…。

確かにユ・インスに守備を頑張ってもらうのも次の追加点を狙う上では得策ではないので、もしかしたらそうした意図でいつもの右サイドに持ってきたのかも知れません。

しかし、エウレーがこれでは…。暑い中での試合でしたが、スタミナ切れだとすれば夏場の先発起用はちょっと井原監督も考えちゃうかもしれませんね…。

57分のシーンですが、相手がボールをもってゴール前に押し込んでいるシーンですが…。トボトボ歩いて戻るフリすら見せないエウレー。

愛媛はこの直前に小池を投入していました。

この時小池は画面外、アビスパ福岡の最終ラインぐらいまで上がってポジションを取っています。そして、フリーな小池にパス。

駒野が慌てて対応に走りますが、完全に後手ですね。エウレーがもうちょっと守備に戻ってくれていたら良かったんですが…。

せっかく出場機会を得ているエウレーですが、後半始まってからの一連のプレーはちょっとマイナス大きくないかなーと心配です。

後半愛媛の攻撃に対して受け身になっていったのはこの時間帯から顕著だったように思うので…。

また、愛媛は小池の動きが良かった。愛媛の右サイドの活性化に対してアビスパ福岡は良い対応策が出なかったですね。

流石にこんなプレーを見せられては、井原監督としても動かざる得ない。このあとすぐ山瀬をエウレーに変えて投入しますが…。

アビスパ福岡の新しいオプション4-3-3?

先程も山瀬、枝村の関係性で触れましたが、アビスパ福岡のシステムのオプションといて4-3-3というのはあるのかも知れません。

そのシステムがメインストリームになるかは謎ですが…。

左サイドに山瀬?と、思ったんですがよくよく見ているとどうも山瀬の投入タイミングあたりから、フォーメーションが4-3-3?になっていたような。

守備時はイ・ユンスのポジションがだいぶ下がっていたので4-4-2なのですが、攻撃時は前線へあがってくるので4-3-3ぽくなります。

そして、ここから徐々にマイボールでのボール回しに改善が出てきたアビスパ福岡。

見ている側としては3点目を期待したい試合展開だったので無得点で終了かつ相手に攻め込まれて終わるというのは消化不良な面もありましたが…。

攻撃でも強引な展開は避けるような感じはチーム全体でありましたね。攻め込めそうでも時間かけていた感もありましたし。

この辺は山瀬、枝村がリズムを作り出していたように思います。確かに見ている方としては「もっといけよ!」と言った感もありましたが、これまで試合の終え方が下手だったアビスパとしては慎重に慎重を重ねた終わらせ方をしたようにも見えました。

そこをベテランの山瀬と、枝村がコントロールしていたというのであれば、個人的にはそう悪くない話なのかなと思っています。

試合運びのマズさが本当に解決するのかは、今後の試合を見なくては判りませんが、課題に対して新しい形が見えてきたことは良かったのかもしれません。

本来というか、当初の予定?であれば、こういった展開でトゥーリオが前線で収めて、状況によってはファールをもらって時間を作る。なんて、かつて中原貴之がやっていた泥臭い役回りでボールをキープしてくれたら良かったのかもしれませんが、それは最近のトゥーリオの起用を見ているとあまり期待されてないかもしれないですしね…。

また相手に押し込まれてからのポジティブチェンジで上手くいかなかったと考えると、カウンターでは石津、松田の推進力では足らないという見方もできそうです。

そこはやはりドゥドゥの存在が大きいか。

とはいえ、ロングボールの処理は次節松本戦まで宿題に

結果的に愛媛にはシュート3本しか打たせず、危なげない勝利と言っても良いかもですが…。

ロングボールを放り込まれたときの処理は未だ疑問符が拭えないままな気もしています。

前節岡山戦で、ポゼッションをしてこない相手の対応が問題と指摘しましたが、愛媛はボールを繋いで来てくれました。

しかし、次節は松本山雅FC戦。愛媛より確実にポゼッションしてこないチームです。


【参照:Football LAB チームサーマリー ポゼッション

選手としても前線には身長188cmを誇る高崎がいます。

そして、5-0で勝利したツエーゲン金沢戦でも2得点しているセルジーニョ。身長166cmと小柄ですがスピードがあります。

今シーズンのこれまでの得点シーンを見ても、斜めにカットインしながら低いクロスに合わせたり、ゴールエリア外から巻いたシュートで仕留めたり。

様々な形でゴールへアプローチできます。

シンプルに高崎に合わせたロングボールのこぼれ球、セカンドボールを拾われてゴニョゴニョしちゃうと怖い存在です。

高崎との競り合い負けないことも大切ですが、その後きっちりボールを拾ってマイボールにすることが重要になってきそうです。

松本山雅戦の試合展開は、場合によっては「岡山戦の復習回」となりそうな予感もありますが…。

ただ、岡山よりもタテへの展開が早いのも特徴です。ロングボールと言うよりは距離はあるもののグラウンダーのパスを通す地上戦が主でもあります。

松本山雅と金沢戦の試合を見てみましたが、縦パス一本で高崎、セルジーニョ、前田と前線が抜けてくるケースも。そこからワンタッチでフリックして選手が抜けようとしてくるので、振り切られないようにするのがポイントかなと。

攻撃においては、3バックのサイドのスペースの攻略でしょうか。ユ・インス、ドゥドゥが上手く絡めば崩せそうです。金沢も序盤は3バックの脇から良い形が作れていました。

正直5-0になるような試合展開ではなかったです。ただ、前半だけでもクロスボールがそのままゴールに入ったり、ジルシーニョのココしかないミドルに、混戦のこぼれ球が相手にこぼれたりと。

不運だけで片付けられない面もありますが、ツエーゲンはまあまま不運の色が濃い失点だったかなと。その後も金沢は集中力高く試合を継続していました。

ただ、そこからさらにPKまで…。体を投げ出した結果でしたし、5失点目も崩されてというわけではない。

松本山雅の攻撃陣が爆発したというわけではないかなと。

一方、反町監督もアビスパ福岡の岡山戦、讃岐戦はチェックしているでしょう。松本山雅もチームとしても調子上げてきてますしホームは無敗。

そんな松本山雅FCのホームに乗り込む次節は、アビスパ福岡としては難しい試合となりそうです。

一応、こんなブログを書いてますが、「反町さん見てる」に参加する気はないです…。

ツエーゲン金沢を5-0で制し7位浮上。ここからさらに上位進出において、松本山雅もアビスパ福岡戦は勝っておきたい試合のはず。

次節は今後のアビスパ福岡を占う上で思っている以上に大事な試合になのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク