【アビスパ福岡を分析するブログ】アビスパ福岡の課題は危うい守備と攻撃のリズム?とりあえず負けなかったことは良かった第11節カマタマーレ讃岐 vs アビスパ福岡レビュー

スポンサーリンク

とりあえず負けなくてよかった試合ですかね…

ジェフ戦はちょっと怪しかったんですが、レノファ山口戦から2連勝ということで、現状下位に沈むカマタマーレ讃岐戦。

3連勝として、首位の大分、岡山にしっかりついていきたいところでしたが…。

結果は1-1のドロー。

早い時間に先制点を取られてしまったことで試合を難しくしてしまったでしょうか。

アビスパ福岡の苦手な「ポゼッション」を取らなくてはならない試合展開です。

ボールをゴール前に運べて、シュートまで持っていってはいるんですが、相手の守備が完全に戻りきった状況で勝負ではなかなかゴールまではたどり着かないよなと。

逆にあれだけ守備に戻られてフィニッシュに持っていけるのはある意味評価できるかも。なんて思ってしまったり。

そんな第11節カマタマーレ讃岐 vs アビスパ福岡を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡フォーメーション

こちら前節から変わらずの4-4-2。今の縦に早い展開を狙うなら、4-4-2がベストでしょう。

3-4-2-1 はワントップに適任者がいませんし、「2」のところもユ・インスがハマるとも思えず。

しばらくは4-4-2がメインとなりそうな予感です。

GKは圍が出てきましたね。井原監督としても今後も継続して起用していくということでしょうか。

前節も失点はしましたが、杉山と比較しても遜色はなかったと思います。あとは圍の伸びしろの部分に期待したいところです。

直近の試合の展開ではある程度ブロックを形成しつつ、前から行くときは行って奪ったところからカウンターというのが特に直前の2戦アビスパ福岡の形として見えていたように思います。

しかし、後ほど触れますが讃岐はその形に対して巧い対応策を取ってきたと思います。

スタメンはサイドバックが入れ替わりました。駒野が復帰して、輪湖が下がってエウレーが先発

エウレーは見たい選手ではあったんですが、サイドバックじゃない気がする。と、いうのが個人的な意見です。

左サイドは誰が適任?

松田が左サイドとして先発するケースが多くなっていますが、左サイドは松田で良いか?と言われると、やや疑問だったりします。

チーム内で他にと言われたら、まずはエウレーが上がるでしょうか。

枝村という選択肢もある気もしますが、枝村はまたフィジカル的に問題を抱えてしまったでしょうか。この試合もベンチに入りませんでした。

エウレーじゃないにしても、左サイドは誰かもっと気の利いた人を連れてくるべきじゃないかなと思っています。

松田が頑張っているのはわかるんですが、サイドとして松田が適任かと言うと、それも疑問というのが正直なところです。

じゃあ、どんな人がいいの?と言われると…。

一言で言うならば「リズムが変えられる人」がいいのですが…。

ワンテンポずらした?讃岐の攻撃

讃岐側ですが、アビスパ対策はしっかりしてきたように見えました。

前回記事でも書きましたが、今アビスパ福岡の攻撃で怖いのはボールを奪われてからのタテに早い展開。

【第10節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦】

【アビスパ福岡を分析するブログ】井原アビスパの生命線は今も昔も「カウンター」。海外トレンドから見ても意外と面白んだぞ!と強がってみる【第10節】アビスパ福岡vsジェフユナイテッド市原・千葉戦
良い形で連勝したように思えるけどジェフ戦は意外と危うい? レノファ山口戦で良い形が出来たアビスパ福岡。 個人的に残念なのは石津を...

レノファ山口戦、ジェフ戦を振り返ると、攻撃で下手な奪われ方をすると致命的になりかねない。

その点を警戒されたのかどうか推測でしかないですが…。

讃岐のビルドアップですが、アビスパとしては赤い円の選手に出してくれると、ボール奪取のタイミングです。

しかし、讃岐はここから手数をかけずに前線に放り込んできます。

もともとカマタマーレ讃岐のプレースタイルとしてもそうなのかもしれませんが、アビスパにボールを奪われるのならなるべく深い位置までもっていって奪われる。

というコンセプトに見えました。

アビスパ福岡も前からガツガツいかず、ブロックを作りつつ相手にボールをもたせて様子を見ているという感じもあったんですが…。

ちょっと簡単に前にボールを入れさせすぎた感もあったかもしれません。

アビスパ福岡としては讃岐が思ったより早く前線にボールを放り込んでくるので、ちょっと戸惑った。という感じの試合の入りだったででしょうか。

失点シーンはポジションを入れ替えているので…

アビスパもある程度狙い通りに試合に入ったといえば入りましたが、讃岐の方が「仕掛け」の部分で試合の入りには分があったように思います。

この試合を難しくしてしまったのは、どう見ても早い時間帯での失点。

エウレーがオフサイドを狙いに行ってオフサイドにならず。

まあ、結果的に「えー」となるシーンですが。もう少し詳しく見ると、もうちょっと「えー」が深くなるかもしれません。

エウレーの「一人オフサイドトラップ」が不発するプレーの直前。

讃岐のゴールキック。篠原が最終ラインから飛び出して中盤の位置まで出て相手の競り合いに参加します。

篠原がココまで前に出る必要があったのかも疑問といえばそうなのですが…。

その後ボールがこぼれて岩下も前へ。このタイミングでセンターバック2人が釣り出されているのはいかがなものか。

センターバックが空けたたスペースに讃岐の選手が入り込むところ。そこをエウレーはきっちり抑えていました。そこまでは良かったんですが…。

しかし、エウレーのプレーはセンターバックとしてはちょっとクレイジーだったんじゃないかなーと。

一時的にではあるものの、センターバックとポジションを入れ替えているわけですから。普通は相手を捕まえて競り合う場面だったよなと。

センターバックのポジションに入ったのなら、「センターバックの役割」を演じて欲しかったです。一人オフサイドトラップはリスキーなプレーでした。

と言う感じで失点シーンはエウレーのプレーが目立つのですが、一連の流れで考えるとセンターバックが簡単に釣り出されてスペースを空けているというのも問題だと思われます。

中盤でしっかりウォン・ドゥジェが競っていればこんな形にはならなかったんじゃないかなと思うと、「ドゥジェ・ロス」を痛感せざる得ない。

前節も山瀬の軽い守備を嘆いたばかりですが…。

ドゥジェ、カンバック…。

どうもアビスパの守備は安定感にかけます。DAZNで「岩下と篠原の2人は強い」とのコメントの直後のプレーでしたが…。言うほどですかね…。

相手に引かれると弱い

先制点をとられるとカウンターベースのチームは厳しくなります。

古い話をしてしまいますが、日韓ワールドカップの頃のイングランド代表がその典型でした。

前線にオーウェン、へスキーを配置し、中盤にはジェラード、ベッカム、スコールズとレジェンド級の選手が揃っていましたが、ボールを持たされちゃうと何もできなくなる。

イングランド代表を選ばず、ウェールズ代表を選んだ黒豹こと、ライアン・ギグスが左サイドに入れば…なんて話はこの頃のイングランド代表には常に言われる話でした。

ボールを持ってリズムを作れる選手がいないことが痛かった。

今のアビスパ福岡も同じことが言えるかもしれません。

先制点を奪われることで、点を取りに来たアビスパ福岡。

しかし、「ポゼッション」を取ることはアビスパ福岡にとって「良い傾向」にならないことも前回の記事で書きました。

徐々にボールを持つ時間は増えていきますが…。

逆にカウンターから危ういシーンを招いたりと自分たちが持ち込みたい形を完全に讃岐にやられた感満載。

圍がかろうじて触って事無きを得ましたが…。

後半石津を投入してきましたが…

この日ユ・インスは完全に封じられていました。なんだかんだ攻撃のリズムを作っていたのはユ・インスだったので、ここを封じられるのは痛い。

ただ、石津が途中から出てくると確実にリズムは変わります。それは良くも悪くもだったりしますが…。

最終的にはドゥドゥのシュートがゴール直前でクリアされるシーンへつながるプレー。

このときも石津は後ろの方から攻撃に絡んでいきます。

個人的には石津にはもうちょっと前でプレーしてほしいと思っているんですが、相手を押し込むという意味では石津がこの高さから攻撃のリズムを作ることは効果的なのかもしれません。

しかし、この形をつくってもなかなかゴールに繋がらないのがアビスパ福岡。また相手にきっちり守備をされてしまうとなかなかゴールを奪うのは厳しい。

手数をかけて相手を完全に崩せればよいですが、細かいパスを繋いでも崩すには至らない。

リズムを変える選手が必要

またマンチェスター・ユナイテッドを引き合いに出しますが。

カウンターをベースにしているマンチェスター・ユナイテッドが相手に引かれる場合はどうするかというと。

小柄でテクニシャンタイプのマタがリズムを変えてきます。

【マタのプレースタイル】

マンチェスターユナイテッド所属のMFマタのプロフィールやプレースタイル・ポジションなどについてまとめてみました。モウリーニョとの関係が良くないとも言われていたけど、2016-17シーズン開幕からはスタメンでプレーしています。
タテに早い展開でも相手が守備を整えているとみるなり、ドリブルで上手く時間を作って遅効の形を作ったり、遅効かと思わせていきなりフィジカルモンスターことルカクへのピンポイントクロスを上げてきたりと引いた相手を揺さぶる攻撃を仕掛けてきます。

【ルカクのプレースタイル】

チェルシー移籍も噂されるベルギー代表FWルカク(エバートン)。プレースタイル・ポジションや得点成績などについてまとめてみました。

アビスパにもそんな選手がいたら…。なんて思ってしまいますが…。ルカク(フィジカルのみ)っぽいプレーヤーは昨年までウェリントンがいましたけどね…。

マタと石津を比較するのも酷ではあるのですが、石津と比べると視野の広さが全然違うんでしょうか(もちろん様々な点でマタの方がワールドクラスな選手なんですが)。

石津はプレーの視野が狭いのかパスレンジが狭く、足元の勝負が多い。ボールを持つという意味ではユ・インスとは違うリズムが出来ますが、良い展開につながるかと言うとそうでもなく。

どちらかと言うと交通渋滞を引き起こしたり、どん詰まり(味方とポジションかぶる)の展開になりやすい。

選手のタイプが変われば、リズムが変わるのは当たり前だと思います。ただ、それで攻撃のリズムを変えたと考えるとしたら…。

本当の意味で「攻撃のリズム」を構築するという意味ではちょっと大雑把過ぎやしないかと。

なので、こうした石津の使い方はあんまり賛成できないんですよね…。

ほんとに良くも悪くもリズムを変えただけ。という感を受けてしまうので…。

じゃあ、誰がいいのと言われると案外エウレーじゃないかと。

エウレー出てたやん。という話なんですが、サイドバックじゃなくてサイドで起用したい。

マタのようなパサータイプでないエウレーですが、サイドから攻撃のアプローチのスタイルはアビスパ福岡には他にあまりいないタイプだと思っています。

途中出場でもサイドに入ったときは後方からのビルドアップで顔を出して基点を作ってパスをさばいたりもできます

この辺は松田より全然巧いと思います。

また、ドリブルでサイドから中央へアプローチできる選手も意外といないアビスパ福岡。ドリブルといえばドゥドゥですが、役割としてドゥドゥがサイドからドリブルでプレーする形を作るのはアビスパ福岡にとって現実的ではないかと。

ゴール前でフリーキックを取った直前のシーンですが、ゴール前までボールを運んだのはエウレーのドリブル。前が空いていたところを後ろからスルスルとあがってきましたが、ゴールに向かってこの形でアプローチできる選手ってアビスパにあんまりいない。

これまでリズム、リズムといってきましたが、言い換えるとアビスパ福岡がゴールを押し込めないのは「バリエーション」が少ないからだと思っています。

本来ならここにトゥーリオがいると高さという選択肢も増えたのかもしれません。森本も良いんですけど、本当ならトゥーリオがスタメン張ってくれていたら全然違ったと思うんですけどね…。

まあ、フィットしなかったのでどうしようもないのですが。

松田も動き回るのは悪いことではないのですが、攻撃のアプローチでいうとタテの動きで勝負するスタイルはややユ・インスと似ているとも言えます。

また、ボールに触るなら中盤でと言うよりは、最後のところで触りたいタイプ。

そういった意味でも中盤にエウレーのようなパスもさばけるタイプが入るとそれはそれで面白いと思うんですが…。

後半65分で實藤と交代しましたが…。次節を考えてのことなのか、ただ単純にスタミナに不安があるのか…。

次節の選手起用次第でこのエウレーの交代の意味がわかるかもです。トラブルなく先発で出てこなかったとなると、井原監督の評価は低いのかも…。

セットプレーの変化はバリエーション不足に対する工夫?

そういった意味ではセットプレーで変化を付けるシーンが目立ったアビスパ福岡ですが、押し込んでいてもなかなか得点できない状況を打開するための工夫だったのかもしれません。

エルゴラッソの記事にアビスパ福岡のセットプレーが即興だったという話が出ていましたが。

個人的には即興だろうが、入念に準備したセットプレーだろうが点を取ってくれたらどっちでも良いんですが。

とはいえ、セットプレーで工夫するのは悪いことではないと思います。ただ奇をてらうのもいいですが、それならコーナーキックでの人数のかけ方や、各選手のボールへのアプローチを整理したりやるべきこと、やれることはあるんじゃないかと思ったりしちゃいますが…。まあ、それは追々期待したいと思います。

ジェフ戦も相手が自滅しただけで危ういと思っていましたが

前回記事でも感じていましたが、ジェフ戦は相手が自滅しただけであって決してアビスパ福岡の調子が良いとも言い切れない。

と、思っていましたが…。

できれば裏切って欲しかった予感ではありましたが、やっぱり。という展開になってしまいました。

最後ドゥドゥのゴラッソで負けはしませんでしたが…。この先もディフェンスの不安定さには頭を抱えることになりそうです。

センターバックはシーズン途中の補強があってもいいとは思うんですが、外国人枠パンパンですし(誰かの契約をリリースして良いかも…。誰とは言いませんが…)、シーズン途中の補強で日本人の良いDFを補強なんて虫が良すぎるだろうし。

自前の選手が出てきてくれることに越したことはないのですが…。

シーズン前の田村の動きを見る限り、4バックのセンターじゃ使う見込みはなかなか立ちそうにない気がしています…。

むしろ、シーズン前に井原監督がやろうとしていた「3バック」を期待したほうがいいのか…。

それともトゥーリオの逆襲があるのか…。

とりあえずなんだかんだで開幕10節を過ぎて首位と5ポイント差の4位はまあ、そう悪い成績ではないと思います。

悪い成績ではないんですが…。

ただ、もうちょっと「しっかりした展開」を見たいなというのが希望です。もうちょっと言えば、「優勝するチームに値する試合」ですかね…。

試合とは全然関係ないですが…


【参照】アビスパ福岡公式サイト

ファン感謝デーに関しては特に思うところはないのですが…。

誰だこのバナーのクリエイティブ考えたのは…。

これで…いいのか…?

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
  • デイヴィッド・ケリー, トム・ケリー
  • 価格   ¥ 2,052
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク