【アビスパ福岡を分析するブログ 】アビスパ福岡の「町田ゼルビア戦まさかの敗戦」から「V・ファーレン長崎戦の勝利」を振りかえってみる。(V・ファーレン長崎編)

スポンサーリンク

勝利出来たことが何よりだったV・ファーレン長崎戦

前節、町田ゼルビア戦で終了間際に3失点という非常にショッキングな形で負けてしまったアビスパ福岡。

このV・ファーレン長崎戦はなんとしても勝っておかなくては、非常に厳しい展開になっていく状況…。

九州ダービーということもあり、勝つしかない状況のアビスパ福岡。

プレッシャーのかかる状況ではありましたが、なんとか 1 – 0 で勝利。久しぶりの「ウノ・ゼロ」でした。

個人的には、前回の町田ゼルビア戦に敗戦したとは言え、試合内容は「悪くなかった」と見ていました。

チームとしてのコンセプトは間違っていないはず。

ただ、アビスパ福岡としては様々な状況(特に自分たちがバランスを崩したときに修正する)対応力に不安を残すのかなと感じています。

攻撃も守備も手数が少ないだけに、一度バランスを崩される(自分たちが思わぬ方向で試合が進む)とガタついてしまう。

そして、隙が生まれてしまう。

この形がモロに表面化してしまった試合だったと思います。

今思えば、開幕戦の大分トリニータ戦でもあった傾向な気もします。もっと言えば、J1で顕著なことだったのかなと。

この課題の解決のためには攻守に渡って「引き出しを多くもつ」ことなのかなと思います。

こちらは前回の記事に書かせていただきました。

【アビスパ福岡を分析するブログ 】アビスパ福岡の「町田ゼルビア戦まさかの敗戦」から「V・ファーレン長崎戦の勝利」を振りかえって見る。(町田ゼルビア編)
町田ゼルビア戦の敗戦は「リスクヘッジの甘さ」? 前回も山形戦のレビューをスキップしてしまいましたが、町田ゼルビア戦を今回もスキップして...

町田ゼルビア戦で見えた課題を踏まえた上で、長崎戦を見てみたいと思います。

ちなみにですが、この2試合はなんだかJリーグにも歴史ができ始めているんだなと感じる2戦でした。

町田ゼルビアの相馬監督に、長崎の高木監督、そして井原監督と歴代の日本代表選手が監督として戦っているというのは歴史を感じてしまいます。

カズはまだ現役。という事実をもちだすと急に時間軸がおかしくなるのですが、Jリーグが徐々に歴史を刻んでるなと感じました。

攻撃意識は高いものの

前回の試合駒野は欠場でしたが、今節は復帰。ローテーションだったようです。

岩下が戻ってきていないところを見ると怪我の状態が思ったほど良くないのでしょうか。

フォーメーションは町田戦とは違い3バックを採用。

井原監督が、3バックを採用した理由はおそらく相手の戦い方を分析した結果での判断だと思います。

ただ、駒野に限っていくと。駒野は4バックのサイドバックより、3バックのウィングバックの方が適性が高い気がしています。

前回の町田戦では、ビルドアップのタイミングで左サイドバックの下坂を最終ラインに吸収するやや変則的な形でビルドアップをしていたアビスパ。

狙いとしては右サイドで人数かけて、数的優位をつくること。それができればサイドから攻める糸口を見つけられる。

というのが狙いだと思われます。

このことは、横浜FC戦でも実践済み。

ウィングバックないし、サイドバックが高い位置を取れれば、サイドで数的優位が作れます。ただ、4バックではやや苦労している感もあります。

町田ゼルビア戦では、やや変則的な形を採用していますし。

前線のプレスの効率も上がるので、現状は3バックの方が得点の匂いがするのですが…。

サイドでタメができるから

町田ゼルビア戦では、「引き出しのなさが、不安定な試合につながっているのでは?」と感じていました。

ならば、守備にしても、攻撃にしてもV・ファーレン長崎戦ではアビスパの「引き出し」がどれくらい増えてきそうなのかを期待していたのですが。

いきなり増えるものでもないので、顕著な違いはすぐにはないかなと思っていたんですが…。

アビスパの攻撃の変化は三門の攻撃参加に見て取れました。

これまで、なかなか相手のペナルティエリア付近でボールを受ける機会がなかった三門。

今回、山瀬がビルドアップの際に最終ライン近くまで下がるので、比較的三門が前に出ることも攻撃参加の回数が増えた理由だと思います。

また、これまでのアビスパの攻めではサイドハーフの山瀬と、石津が内側に入ってくることが多く、ボランチが上がるスペースが空きづらい。

特に石津はペナルティエリアの前で受けたがる傾向もあって、ボランチが構えるのは更にその後ろ。

また、カウンター気味な攻めが多かった事もボランチの上がる時間を作れなかったというのもあると思います。

しかし、この日は3バック。

サイドで近い距離感でパスを回すことがチームとして優先されていたこと、ペナルティ前に侵入するのが石津一人だったこともあって、三門は攻撃参加するスペースができました。

左サイドであれば、ポッピ、石津、亀川が近い距離でパスを回して、打開を狙います。

そこで三門がゴール前に上がる時間が出来た。そして、これまでみられなかった三門のミドルシュートが増えた形かと。

ビルドアップで変わってきていること

以前もサイドでボールを入れて数的有利を作る。という発想は持っていたんですが、なかなかうまく行かず。

この数試合上手く行っているのは、チームとしての意志の統一ができているのではないかという点です。

試合の序盤ですが、V・ファーレン長崎はワンボランチの6番の前田を中心に、ビルドアップの奪いどころを「山瀬」に合わせていました。

この時、最終ラインと逆サイドの石津や亀川は相手の動きをみて、パススペースを作っていました。

以前はこの動きが今ほど連動せず、苦し紛れにサイドにいれて手詰まる。

といった流れが多かったように思います。

しかし、この試合では最終ラインでのパス回しから、山瀬に人が集まるように仕向けてサイドをチェンジ。サイドではパススペースを開ける動きをする。

という流れができていたように思います。この辺の精度は高まっているように思います。

長崎のプレスは対3バックとしては王道?

ここはちょっと余談にはなりますが。

この日、長崎はワンボランチとインサイドハーフ?でアビスパのボランチである山瀬にプレスを仕掛けていました。

世界中のサッカーの試合を見ているわけじゃないので、もっと似ているシーンはいくらでもあるのかもしれませんが。

個人的には、昨年12月にのセビージャ vs セルタ戦で3バックのセビージャに対してセルタが採用していた戦術に似ていると感じました。

長崎側はある程度アビスパが3バックで来ることを予想していたフシがあるので、試合序盤のプレスは案外対3バックのプレスとして効果の見込める方法論だったのかもしれません。

この時、セルタは長崎のような形でセビージャの最終ラインからのビルドアップを分断。

ボランチのところで引っ掛けて、何度もショートカウンターを繰り出していました。実際、山瀬も囲まれてボールを奪われ、ショートカウンターを喰らいそうになったシーンが前半ありました。

ただ、アビスパは長崎の動きをよく見て、一度山瀬に出すようなフリから、サイドボールを預けるなど長崎のプレスを上手くかわしていた感もあります。

最終ラインの対応はあまり目立ちませんが、相手の出方を見て連動できるくらいの組織化がなされているように感じます。これが攻撃にも出てくると良いのですが…。

更に余談ですが、アビスパ福岡のスタイルってセビージャに似てない?

セビージャは今季、名将ホルヘ・サンパオリを招聘しスペインリーグにちょっとした旋風を吹かせていたチーム。

清武が在籍していたので、日本のスポーツニュースでもよく名前が出ていたチームなので知っている方も多いかと。

就任当初井原監督は「理想のチームはアトレティコ・マドリードのようなチーム」。と話していたので、アトレティコの試合にその理想を探していたのですが…。

似ているところも確かにあるのですが、見れば見るほど、違う気がしてきます。

最近、どちらかというと「セビージャ」の方がチームの形としては近いんじゃないの?

というのが個人的な印象としてありまして。

セビージャの監督であるホルヘ・サンパオリは2015年にチリ代表をコパ・アメリカで優勝に導き、ルイス・エンリケやグアルディオラと並び最優秀監督に選ばれた実績があります。

今季、スペインリーグのセビージャの監督に就任するといきなりチームを上位争いするチームへ変貌させた名将です。

その戦い方は孤高の戦術家ビエルサ監督に似ています。海外サッカーをよく見る方はご存知かもしれませんが、ビエルサといえば「変人」と呼ばれるサッカー界でも有名な変わり者。

ジェフと日本代表監督にも就任したオシム監督もこのビエルサに似ている監督でした。

リスクを厭わないハイプレスと徹底したワンツーマンディフェンス。格上だろうがなんだろうが、真っ向勝負を挑むスタイル。

井原監督とは真逆の方向性の監督かもしれません。

そんなサンパリオ率いるセビージャとアビスパのどこが似ているんだよ。ということなんですが…。

個人的には最終ラインからのビルドアップの方法が似ている気がしています。3バック、4バックを使い分けるあたりも似ています。

あと、案外セットプレーで得点している事も似ています(セビージャはFWではなく、ボランチに190cmのエンゾンジという長身な選手がいます。前線でパワープレイに徹することも)。

セビージャの10番ナリスと、石津の役割も案外似ている気もしています(DFからのボールの引き出し役→サイドの基点→ゴール前フィニッシュ)。

あとは、ワンツーマンディフェンスで高いハイプレスを徹底し始めたらまるっきりセビージャじゃないの?

というのが最近の印象だったりします。

DAZNではスペインリーグも見れるみたいなので、セビージャ戦があったときはぜひ見ていただけると共感していただけるかもしれません…。

結果的にはセルタはビルドアップを封じたのですが、フィニッシュの精度を欠いて敗戦。セビージャにビルドアップさせなかったのは印象的でした(セビージャはセットプレーで活路を見出したですが、この辺がアビスパぽかった)。

とはいえ、ゴールにつながらない

アビスパの試合に話を戻したいのですが。

攻撃に関しては、ミドルシュートの意識は高いのですが、得点には繋がっていません。

精度が悪いとしか現状は評価できない状況です。

とはいえ、いきなり明日から元リパブールのジェラードや、元マンチェスター・Uのスコールズのようなミドルシューターになれるわけでもありません。

なんとか工夫をしていくしかないのかもしれませんが…。

ドルトムントってどうやってるんだっけ?

サッカーの事例で海外の例を出すと「海外かぶれ」とご批判をいただくことが多いのですが。

とはいえ、参考になりそうなので紹介したいと思います。

先日のドルトムントvsモナコ戦。香川が1A1Gと活躍したものの、敗戦してしまった試合。こちらご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

この試合はアビスパとしても参考になりそうだと思ってみていました。

サイドで基点は作ったけれども

長崎戦でもありましたが。

サイドで基点をつくる場面。

しかし、ここから崩しがなかなか出てこない。

石津はペナルティエリアの角付近でボールを足元にもらえるよう待っていることが多いのですが。

ドルトムントもこういうパターンでどうしているかというと。もちろん、様々なパターンがあるわけですが…。この試合の場合。

香川がこのような動きをしていたんですが、ペナルティエリアの手前ぐらいから相手DFを背負って、やや流れながら動いたところへサイドからパス。

ワンタッチで折り返して、サイドの選手とスイッチ。香川が相手DFを連れてスペースを開けていたので、サイドの選手がゴールへ向かってプレー出来ました。

同様のケースで、相手を背負わずボール止まった状態でパスを受けた香川は、パスの出し先が無くてもたついているような感じで相手をおびき寄せ、相手が飛び出した瞬間さっとかわしてエリアへ侵入することも。

ゴール前に密集する相手を上手く引き剥がしていました。

また、これはモナコ戦だけでなく、オーバメヤンの周りでよく見かける気がするプレー。

アビスパに置き換えるとこんな感じ。

サイドでボールをキープしたものの、ゴール前にDFがいる場合。

オーバメヤンがこの形になると、ドルトムントの選手はオーバメヤンの後ろではなく「前」を駆け抜けたります。

オーバメヤンも相手と距離を取りながら、その走りこんできた相手にボールを渡すような感じになるのですが、実際は渡さず。

この時ポイントだなと思うのは、走りこんできた選手がボールに一瞬触れること。

そのため、DFは走りこんできた相手に意識が向かうんですが、触るのは一瞬ですぐさまオーバメヤンがボールを持ってドリブル。

小さくオーバメヤンとスイッチするような感じで、相手ゴール前でスペースを作ります。

ここからグラウンダーのクロスが入ってきたりするのが、ドルトムントのパターンな気がします。

つまり、ゴール前でもっと動きがほしい

上のドルトムントの話などはあくまで例えなのですが。

アビスパの場合、石津や、山瀬などはボールを持ってから動くことが多い気がします。

また、ウェリントンもクロスに備えて、ゴール中央からファーで構える傾向があります。

そうなると、ゴール前で相手を動かすプレーヤーがいなくなります。

京都サンガ戦での山瀬のゴールシーンはスローインからでしたが…。

この時は、ウェリントンがゴール中央からニアサイドに移動した結果、CBがウェリントンについて移動。

その結果、走りこんだ山瀬の前にスペースが空きました。

こういった形を、流れの中でも作るイメージですね。

これが、今のアビスパ福岡には足らない気がしています。

ゴールへの意識も重要なのですが、そこから冷静に相手を崩すことが重要になってくる気がしています。

もちろん、個がその必要性を感じることもあるのですが、この「相手を剥がしたスペース」をどう活用するのかを共通認識として持てるか。

そこも重要な点になってくるのかなと思います。

ただ、町田戦、長崎戦とそのイメージが広がったとはまだ言えないように思われます。

どちらかというと、まだそれ以前のビルドアップから基点を作るまでをようやく形にしつつあるといった感じに見えます。

セットプレーで得点はしたものの…

坂田をねらっていたかどうかは判りませんが…。

これまで、坂田ないし松田はアビスパのセットプレーの役割はGKの飛び出しを阻止するためのスクリーンのような役割。

ゴール前に張り付いて、GKの進路を塞ぐ役割です。

ターゲットになることは殆ど無いわけですが…。

ゴールの瞬間を改めて見てみると、坂田が相手を押す感じでゴール前からニア側に移動。

この時、相手のDFが「ファールじゃないの?」とアピールをし多分、対応が遅れました。

もしかしたら、V・ファーレン長崎側も「坂田がターゲットになることはない」という意識だったかもしれません。

これがウェリントンだったら、アピールは置いておいて、なんとしてでもついって行ったのではないでしょうか?

これまでコーナーキックのターゲットの殆どはウェリントン。もしくは上背のある冨安。この2人がアビスパのコーナーキックのターゲットだったわけですが。

このタイミングでその2人はファーサイドへ。

實藤、濱田は中央でがっちりマンツーマンに抑えられていましたが…。

その中、駒野のキックはニアの坂田へ飛んでいるので「狙い通り」だったのかもしれません。

個人的には實藤がターゲットだったんじゃないか(相手の密集をかなり強引にニアへ行こうとしてましたから)という気もしていますが…。

ニアに坂田、ファーにウェリントン、冨安、中央で濱田が構えて坂田との間に實藤が入り込むという感じだったんじゃないかなと。

それを含めて、ニア側へのボールだったのかなと。

とはいえ、やはりセットプレーでしか得点できないのが現状ですね…。セットプレーくらい流れの中でも「相手の裏」をかけるような準備ができていると良いのですが…。

次節はアウェーで水戸ホーリーホック戦。

その翌週がホームで東京ヴェルディとの対戦です。

上位との対戦前。攻撃の形に改善があると、頼もしいのですが…。

やはり、いくらセットプレーが得意といっても、毎度1試合でセットプレーから2点も3点も取れるものではないですからね…。

現状、水戸ホーリーホックは13位。チーム状況としてはそれほど良いわけではなさそうです。

新しい形を見せて欲しいですが、とはいえアウェー戦。

油断なく、確実に勝点3を取りに行きたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク